戦国 策 現代 語 訳。 戦国策

「戦国策」の劉向の「楚王逐張儀於魏。~是城下之事也。」の訳を教えて下さい。お...

知伯身死し、国亡び地分かたれて、天下の笑ひと為る。 今から変更することは不可能だ。 版本は『漢文大系 第19巻 戦国策正解』、1976年、、ISBN 4572000816 、増補版 普及版、1984年、横田惟孝注解・(小太郎)補正校訂、ISBN 4572000816。 土地(の獲得)によって秦に仕えるのです,譬えるなら、ちょうど薪木を抱えて消火に赴くようなものです。 」 其妻曰、「君美甚。 『 戦国策』(せんごくさく)は、の(りゅうきょう)の編纂になり、の遊説の士の言説、国策、献策、その他の逸話を国別に分類し、まとめ上げた書物。 近藤光男 訳『戦国策』 、2005年、。

>

戦勝於朝廷・戦国策 現代語訳・書き下し文

祠者 名詞。 謂 ヒテ 動詞。 群臣進諫、門庭若市。 」 <書き下し> 夫れ姦臣、固より皆、地を以て秦に事へんと欲す。 」 君曰、「何如。 。 東周策• 読みは「がえ(んぜ)ず」。

>

「戦国策,現代語訳」に関するQ&A

夫不聴知過、亦所以亡也。 始作謝玄參軍,頗被禮遇。 あなたはこのことを捨て置きなさい。 襄子再拜之。 寡人所親之。

>

『戦国策』の「夫姦巨固皆〜不可以革也。」までの書き下し文&現代...

彼がじっと見つめたのは、私を疑う心が有るからです。 読みは「くちばし」。 中山策• 知過曰はく、「殺さずんば、則ち遂に之と親しめ。 燕・趙・韓・魏、聞之皆朝於斉。 今知伯二国の君を帥ゐて趙を伐ち、趙将に亡びんとす。

>

『戦国策』「漁夫の利」の書き下しと現代語訳と重要表現の解説

乃ち他心有るは不可なり。 燕・趙・韓・魏、之を聞きて皆斉に朝す。 なぜなら、武力による侵略では勝敗にかかわらず国力の疲労をもたらし、他国に乗ずる隙を与えるからで、、、などの小国はもとより、、、などの大国も、極力、平和的外交手段により打開しようとした。 」 於是入朝見威王曰、「臣誠知不如徐公美。 で、〈いま、王さまには、いつの場合にも、驕色がおありでいらっしゃる〉と、とどめのひと言。

>

『戦国策』の「夫姦巨固皆〜不可以革也。」までの書き下し文&現代...

『戦国策』中で活躍しているのは、概ねこの縦横家(説客)である。 これに尋ねて言うには、「私と徐公とでは、どちらが美しいだろうか。 読みは「しか(して)・しこう(して)」。 是れ薪火(しんか)の說なり。 為 リ 動詞。 そうはいっても、私は既に(土地の割譲を)秦に約束してしまった。 その一方で様々な思想が生まれ、のやのなどの学者、思想家や、また諸国を遊説し外交を論じる(または遊説家)などに活躍の場を与えた。

>

週刊東洋文庫1000:『戦国策 1』(劉向編 常石茂訳)

意味は「そして」。 堤を守るの吏を殺して、水を決して知伯の軍に灌ぐ。 下限を秦の天下統一の年 BC・222 とすることに異見はないが、上限を趙・魏・韓の三国が晋を三分した年 BC・453 とする説と、趙・魏・韓の三国が周の威列王に依って諸侯と認定された年 BC・403 とする説とがこれである。 君曰はく、「何如。 のち各ワイド版、2003年• 澤田正熙『戦国策 上』明徳出版社(原著1968年11月30日)、23-24頁。

>

◆夫市之無虎明矣、然而三人言而成虎。…「三人市虎を成す」、戦国策・魏策・龐葱與太子質於邯鄲◆: IKAEBITAKOSUIKA

」 <口語訳> 「また、そもそも奸まな家臣は、もともと皆、領土によって(領土を手土産に)秦に仕えようと考えています。 墓主の葬は前168年とされるので、劉向の『戦国策』編纂以前の姿が一部見られるようになった。 これは貪欲であって満足することがなかったからだ。 人之を知る莫きなり。 張孟談が言うには、「計略はお二方の口から出て、私の耳に入りました。 其 ノ 指示語。 」 殺守堤之吏、而決水灌知伯軍。

>