アタゴール 木場。 【木場・フレンチ】アタゴール 〜ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2018で訪問しました(通算2回目)

ハマちどり写真帖: 【元“夢空間”】木場「アタゴール」

フィンガーボールも用意されているので、 手で部位をつかんで、骨周りにお肉までしっかり楽しみました。 The hotel has also been the training grounds for the aspiring cuisiniers who become chefs at Japanese embassies across the world. さっそくお友達を誘ってランチに繰り出してみましたよ。 少人数で利用できる個室があるほか、貸切りもOK。 157• それは、ホームページ(というかブログ)の料理の写真が、いまだかつて見た事が無いくらい下手くそな点です。 128• メイン KAZUと私、それぞれ別の物を選択。 21:30) 感染防止対策としまして、しばらくの間、時間短縮営業いたします。 あとは、ディナーコースです。

>

「夢空間」のアタゴールで野趣に溢れたフレンチ

TEL:要問い合わせ• こんな貴重な体験を、本格的なフレンチとともに提供してくださっているアタゴール。 道路を走っているのが不思議な感じです。 小ぶりな料理が何皿も出てくる「おまかせ」と呼ばれるコースだけを提供するレストランが増えている東京で、曽村シェフは自らのスタイルを「時代に逆行している…」と言って謙遜するが、アタゴールは「出て来る料理ではなく、食べたい料理を選んで食べる」というスタイルの楽しさを再発見できる貴重な存在。 いや、もう二度と接しられないので、悲しい気持ちにもなりました。 Approximately 30 red wines on the list hail from Burgundy and Bordeaux, and are priced from around 8,000 yen. 29名• 帰りには外観をくまなく観察(笑)。 次なるステップを模索していた曽村はオリエント急行の長い歴史の中で料理に携わる初の日本人となる。

>

【木場】平日ランチコースがおトク過ぎ!優雅な列車旅を「アタゴール」で

21:30• 過去に北斗星がらみで乗ったり食べたりした時の体験談になります。 28名• 定休日 火曜日 感染症対策 店舗入り口や店内に消毒液を設置しています 従業員の手洗い、うがいを徹底しています 従業員にマスクの着用を義務付けています 従業員に出勤前の検温を義務付けています 店内の清掃、消毒を徹底しています 調理器具や食器の消毒を徹底しています 定期的な換気を実施しています 咳エチケットに関する情報を店内に掲示しています 感染拡大防止のため、少人数での個室貸し切りに対応しています 加湿器を設置しています 空気清浄機を設置しています お客様同士の席間隔を1席以上空けています 新型コロナウィルスへのお店の取り組み状況を店内に掲示しています 席数に対する来客上限を設けています 非接触体温計で37. ただし、肉は相当に硬いです。 And it was after this stint as a culinary diplomat, while looking for new challenges, that Chef Somura came across the opportunity to cook on the Orient Express. というよりも、 「ダイナースクラブ フランスレストランウィーク」ですので、 このカードの所有が前提であり、このカードでの支払いが必要です。 グラスではワインが赤白それぞれ3種類づつ900円からと、シャンパンが1,600円。 なお、保存された車両のナンバーは、「オロネ25-901」です。

>

ハマちどり写真帖: 【元“夢空間”】木場「アタゴール」

16名• この時はお昼時で、ディナー用のテーブルの用意がなされていない状態ですが、雰囲気は伝わると思います。 15名• 旬のお野菜のグリルがふんだんに添えられて、メインとしてのボリュームもある一品です。 こちらもガラスのお皿で統一。 駅舎をイメージしたレストラン まずは電車のホームの高さまで階段をのぼり、車体の脇を通って店内へ。 「ロ」の部分がグリーン車両(1等車両)だという事を誇らしげに語っていますよね。 11:30• たしか夢空間トマムスキー号にて、 も、ご夫婦でこのいずれかの車両に宿泊されたはずなので、どの個室なのかなあと思いを巡らせながら、コーヒーをいただきました。 もくじ• その他、A寝台車の雰囲気。

>

【木場・フレンチ】アタゴール 〜ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2018で訪問しました(通算2回目)

まわりの鮮やかなソースは、ビーツとハーブのソース。 こちらのお店のシェフ曽村譲司氏は、 日本人で唯一オリエント急行のシェフを務めた方で、 日本版オリエント急行と歌われた特別車両が置かれております。 スタッフの料理提供のタイミングや、説明も素晴らしかったです。 本日頂いたランチコースは、下記の赤枠になります。 この通路はたしかに電車の、寝台車のもの。

>

アタゴール (A ta gueule)

妻が食べたのは、「 北海道短角牛ランイチ 2種マスタード添え アタゴールスタイル」です。 キラキラに見惚れていたら、素材を聞き逃してしまいましたが……見た目もお味も楽しませる冷製アミューズです。 2品目はクスクスのカクテル。 A Ta Gueule has aperitifs and digestifs as well. 6 TEL• 熊本 2種の馬肉のカルパッチョと炙り松茸 馬肉らしい濃厚な赤いお肉と、タテガミ部分の白い部位。 赤白ともにフランス以外のヨーロッパのものや、ニューワールドや日本のワインなどもリストに載っている。 ワインの味覚と巨峰の甘みが絶妙にマッチしていて、妻と二人で目をまん丸くしながら食べました。

>