広開土王 碑。 好太王碑

高句麗の建国神話

学問とは、事実のみの上に立脚するものである。 日本は諸国の歴史書を集め、それらを参考文献にして、「天皇紀」「国記」「帝紀」「旧辞」などを編みましたが、それらは失われ、更に「古事記」「日本書紀」を著し、参考文献を焚書し、倭国の歴史を抹殺しました。 倭寇潰敗、斬殺無數。 好太王 広開土王 在位 - 出生 死去 王太子 (巨連) 配偶者 徐琦荷 秀芝妮 桃榮 躍延 雪芝 子女 長寿王 父親 好太王 各種表記 : 광개토대왕 : 廣開土大王 : クァンゲト デワン 読み: こうかいどだいおう : : Gwanggaeto-daewang Gwanggaeto the Great 好太王(こうたいおう、 - )は、の第19代の王(在位: - )。 王は御輿に乗って王城から南下した。 <私見> 六年丙申( 396 年)に、王みずから水軍を率いて、百済を討伐する。

>

好太王碑

というのもは12世紀に高麗が残した本だから)。 <原文. それまでこの第3面第1 行は欠落字が多いため拓本にはとられていなかった。 このように広開土王は、南方の百済、倭、北西方の燕と厳しく対立しながら、朝鮮中央部から遼河に至る地域を確保した。 碑は、高さは6. 碑文を解釈するに当たって、これらの異なっている字についてはどちらを採るかという問題があるが、私は王健群氏のものを採る。 私は「まがい物」と表現しましたが、中塚論文ですでに指摘されたことなのですが、史料とされた拓本といわれているのは拓本ではではないのだと、教えていただいたのでした。 33歳の密偵になぜ先行獲得されたのか。 そしてさらに第3面第1行の欠落部を次のように補ったという。

>

好太王

(漢和辞典) 屬民; 「聚集民衆。 多くの研究者が歴史研究の基本中の基本のことをしていなかったのである。 。 広開土は満州だ。 「夫君子所過者化<それ君子の過る所の者は化す>」〔孟子・尽上〕(漢和辞典)。

>

広開土王碑

「城」の文字を目安に 1 から 58 までの番号を<私見>で付けた。 倭寇は潰敗(カイハイ)し、(王の軍が倭寇を)斬り殺すこと無數なり。 それにしても、この中国にある碑は、観光名所としては一級品だと思うのだが… モッタイナイ気がする。 1880年に発見され、84年に日本陸軍の砲兵大尉酒匂景信 さかわかげあき がその拓本を入手し、 参謀本部で解読した。 採集経済の縄文時代の後、水稲農耕を主とした生産経済の時代である。 八年 夏五月丁卯朔 日有食之 秋七月 王 帥兵四萬 來攻北鄙 陷等十餘城 王聞能用兵 不得出拒 北諸部落 多沒焉 冬十月 攻拔 王田於 經旬不返 十一月 薨於行宮 — 『三国史記』「百済本紀」391年 八年、夏五月一日に日食あり。 出自北 夫餘。

>

高句麗の建国神話

「倭背」は決して任那加羅のさらに南を意味していない。 どんな話って、、 どちらかというとファンタジーな感じ。 を引用し、《「欠落した部分は第1 面と第2面が最も甚しい」といったが、『大日本時代史』(1915 )一巻(上)の前に載せられている拓本(冩真縮刷)には、第3面の欠落部分が最も甚しいことである。 これら 23字は、石碑の形状によって実は字を彫ることができず、もともと碑文にはあるはずのない字なのである。 是月二十三日薨。

>

広開土王碑とは

下文の「臣民」との違いがある。 "中国社会科学院の氏は、「」(東京堂出版、2006年、335ページ)において「酒匂拓本と全く同じであり、改竄は全く無かった」ことを証明した"• 好太王が登場する作品 [ ]• 栄禧が徴実を生んだといえるかもしれない。 過去におけるいくつかの論争は決して無駄にはならない。 ヤマトの継体王は倭国の磐井王を磐井戦争で敗り、倭国から七支刀を奪って、物部将軍の石上神宮に納めました。 広開土王碑の教訓 李進熙氏の日本陸軍参謀本部による「石灰塗布作戦」説は完全に否定されたが、このことにより研究は大いに進展した。 410年には北方の東扶余 ふよ を服属させた。 また李氏は、第3面第1 行の41 字について、今西龍の『大日本時代史』の原稿に「三面第一行ニ下ノ四十一字アリ」という註があったにもかかわらず、『大日本時代史』(増補版1915 )にはその41 字は載っていなかったことから、今西龍が調査したときには41 字はあったが、その後日本の参謀本部の手によって削り取られた、とみる。

>

広開土王碑

そのシンボルが5世紀初に建てられた「広開土王碑」で、高さ6・4メートル、重さ45トンの巨大な石碑に、高句麗の歴史が約1800字の漢字で刻まれている。 但し原碑の文字はやや異なり「 羸」の 異体字と思える。 390年9月、百済が高句麗の都押城を占拠した。 <原文. このことから、朝鮮に無文土器文化をもたらした人々はO1b2系統に属していたことが考えられる。 その主張は、「而るに」以降の「倭」や「来渡海」の文字が、5世紀の倭の朝鮮半島進出の根拠とするために日本軍によって改竄されたものであり、本来は 百残新羅舊是属民由来朝貢而後以辛卯年不貢因破百残倭寇新羅以為臣民。 其有違令賣者、刑之、買人制令守墓之。 王巡下平穰。

>