ジョルダン 標準 形。 ジョルダン標準形

うさぎでもわかる線形代数 第23羽 ジョルダン標準形を用いた行列のn乗の求め方

細かい話は置いておいて、分解は対角化と全く同じものを指しているということだ。 ジョルダン標準形を記号で表現する際には、どんな 例えば、図の一番左の行列は、 と のジョルダンブロックで構成されていますね。 行列の固有値を求める• その仲間の中で最もシンプルな行列を求めたいというモチベーションがあります。 また最小多項式を求め、その重複度が対応するジョルダン細胞のサイズの最大値になる• 1つは、対角化することで を単純なベクトルの組み合わせに変換できるということ。 と書く。 今日はそんな行列の対角化について、できるだけ直感的に(数学をあんまり知らない人にも伝わるように)説明できる範囲で、私の知っていることをまとめてみようと思う。

>

ジョルダン標準形/細胞の意味と作り方の手順を解説!

(前回の第22羽の例題3と同じ行列です。 ここで、以下のような を定義する。 しかも、これは の倍でもない。 1 行列 のの固有値を求めなさい。 対角化可能な行列に使うと対角化と等しくなる( が対角行列になる)。

>

ジョルダン標準形

が固有空間であるという条件を緩和して、 不変性と直和分解されるという性質だけを担保することで、 を先ほどと全く同じような直和分解の形に持ち込むことができる。 3次正方行列なので掃き出し法で解く。 なので、この直交行列ではさみ揚げする操作、 を、行列 と同じ行列だと見てしまおうという学問がある。 対角化、分解、 分解は、対角化の性質のうち、前者に焦点を当てたものである。 1 行列 の固有値を求めなさい。 。 回転した先の世界では対角行列なので(つまり、各方向だけが関与していて方向同士が相関を持っていないので)、とても扱いやすい形になっている。

>

対角化、固有値分解、特異値分解、そしてジョルダン標準形

零行列、 、 零行列などがあるということだ。 詳細はここでは述べないが、[2]などが参考になるだろう。 (実はここは任意定数とおかなくても を満たすような解を1つ見つければOK、例題2からは任意定数とおかずに解を1つ見つける書き方に変えます。 求め方 が重解を持ち、独立な固有ベクトルが1本しかない場合の解法は次のようになる。 固有値を とする。 。 まず言わなければならないのは、積(掛け算)が常に計算できるとは限らないことだ。

>

ジョルダン標準形の意味と求め方

を作用させて零ベクトルになったので、 が言える。 行列 に対して、 となるような のことだ。 定義 [ ] 行列 [ ] 次のような n 次を ジョルダン細胞という。 転置の代わりに似たような別の操作をするだけなので、今は気にしないことにする。 しかも、 は一次独立になる。 本記事でも追記予定です。

>

行列のn乗の求め方と例題

これより、というのは を作用させると零ベクトルになるようなベクトルであると言える。 実は直交行列は皆さんが思っている以上に振る舞いが良く、行列の様々な性質を全く変えることなく変換することができる。 という言葉にはもしかすると聞き覚えがないかもしれないが、対角化したときに出てくる対角成分のことである(実際の定義は全然違って、もっと一般的だし、もっと面白い。 は の標準形と言って、対角行列の右上に毛が生えたような行列である。 4 行列 のべき乗 を求めなさい。 ではこちらも1問練習してみましょう。 [検算: を代入して となることを確認] ちなみに二項定理ではなく、 , , …… と求めて行き形を推測し、数学的帰納法で証明する方法もあります。

>