内 水 ハザード マップ。 さいたま市/ハザードマップをご確認ください

世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップ(多摩川洪水版、内水氾濫・中小河川洪水版)

さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 また2020年7月には、線状降水帯による集中豪雨により、熊本県の球磨川(くまがわ)において60kmの範囲で氾濫し、家が流されたり床上浸水が起きたり、多くの被害がでました。 それでは、洪水ハザードマップと内水ハザードマップについてザッ クリと説明します。 自身や家族を守るために、改めて風水害に備えましょう。 仙台市浸水想定区域図(内水ハザードマップ)は以下のリンクより参照ください。 近年、集中豪雨等による水害が頻発しており、短時間で河川が増水したり、堤防が決壊して甚大な被害が発生する事例も増えてきています。

>

さいたま市/ハザードマップをご確認ください

防災マップ 避難施設の役割、場所を示した船橋市全域のマップです。 地域振興課、街づくり課• 無理・危険のない行動ができるようにハザードマップを活用しよう ハザードマップは、お住まいの地域がどのような災害に弱いのかを知ることができるマップです。 内水氾濫は、市街地の下水管(雨水管)の排水能力が小さくて溢れ るもの、排水先の河川の水位が高いことによる内水の排除不良によ るものなどがあります。 まず、外水と内水について知ることから始めます。 地域振興課、街づくり課• まちづくりセンター• 見沼区内では下記の地域が指定されています。 土地の状況や雨の降り方によっては、想定を超える浸水となったり、想定と異なる場所で浸水が発生したりすることがありますので、ひとつの目安として参考にしてください。

>

ハザードマップポータルサイト

また、各種防災マップ(津波・地震ハザードマップ、防災マップ)は、市役所本庁舎9階危機管理課、船橋駅前総合窓口センター、各出張所にて、無料で配布しております。 」とされています。 土砂災害ハザードマップは、市内の土砂災害警戒区域等を5つの地図に分けて作成しています。 もしリスクのある土地に住む場合、何に気をつけて暮らすべき? 日本は地震国であり、台風の影響も受けやすい島国です。 みなさんも1度は聞いたことがあるかもしれませんが、 この「浸水想定区域」は、千年に1度の大雨を前提に指定している場合もあります。

>

仙台市浸水想定区域図(内水ハザードマップ)|仙台市

世田谷区洪水・内水氾濫ハザードマップと水防法との関係は以下のとおりです。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日. その件については別記事にでもまとめたいと思います。 空き巣の被害に遭うケースがあるので、貴重品は身に付けて避難するか、家の分かりづらいところに金庫を設置しておくことも考えましょう。 PDF 4. また、天竜川流域、馬込川・芳川流域、安間川流域の一部(東区、浜北区に関する部分)の洪水ハザードマップの再作成を行いました。 また、スマートフォンの場合は、現在地から探すことも可能です。

>

【ホームズ】ハザードマップとは? 台風や大雨の水害リスクから考える住まいの探し方

・内水ハザードマップは、 「下水道(雨水管)」が氾濫した場合に浸 水が想定される区域(浸水想定区域)と避難方法等に係る情報を住 民にわかりやすく示したもの。 これから知らない土地へ引越しをする場合、土地や住宅の購入を検討している場合は水害リスクについて不動産会社から重要事項説明がされます。 またマップに示した浸水の予想される範囲以外でも、状況によっては浸水する可能性があります。 詳しくは、市町村から配布またはホームページ等で公表されているや、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている洪水浸水想定区域図にてご確認をお願いします。 国土交通省及び都道府県では、に指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水害による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定し、指定の区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を洪水浸水想定区域図として公表しています。 (注意) 洪水ハザードマップは、想定した降雨量に基づいたシミュレーションの結果であり、あくまで避難の際の目安としてご利用いただくものです。 下記窓口で貸出しを行っておりますので、ご利用ください。

>

ハザードマップポータルサイト

下水道関連リンク• 【分割版】 洪水・内水ハザードマップ(令和2年8月作成) 国土交通省や千葉県が水防法に基づき公表した対象河川の洪水浸水想定区域と、船橋市が作成した内水浸水想定区域を重ね合わせて作成したマップになります。 避難所までの経路とおおよその所要時間が分かれば、津波到着予想時刻から何分前には避難が必要なのか分かるようになります。 配布窓口 洪水・内水氾濫ハザードマップは、下記窓口で配布しています。 洪水氾濫等によりどのような浸水被害が想定されるのかについて事前に認識を深めていただき、出水時の水防活動や避難行動等に活用していただきたいと考えております。 「浜松市防災マップ」にて公開されている情報の中から、市内の主要河川流域ごとの洪水ハザードマップと市内全域の土砂災害ハザードマップを作成しました。 地域振興課、街づくり課• なお、区内の河川(石神井川・白子川・江古田川)が氾濫した場合の区域については、河川沿いを赤枠で表示しています。

>