サイバー フォーミュラ ゲーム。 『サイバーフォーミュラ』新作ゲーム配信開始。VR対応の超音速3Dレーシング!

新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI Plus

ガーランド SF-03(GARLAND SF-03 カーナンバー9〈2020 風見〉、10〈2020 クレイトー〉、2〈2021〉) 2020年にスゴウが投入した新型ガーランド。 チームメイトのアンドレアとは、つかず離れずの関係を保っている。 スゴウにおいて追加パーツが製造され、それらと換装することで通常仕様であるサーキットモードのほか、荒れ地での走行用であるラリー仕様、高速モードのエアロ仕様へと変更が可能な設計になっており、あらゆる環境に適合できる汎用性を持つ。 姓はNASCARを代表するドライバーである(シニア)から取られている。 長らく続編が出ていないものの、今なお根強い人気を持つ車アニメシリーズです。 車体性能にしても2020年開幕当時は群を抜いており、レアメタル変形という新機軸の可変機構、6輪以上に安定した高速走行を可能とした8輪機構、人では制御し切れぬほどのエンジンパワーと、圧倒的なスペックを誇っていた。 今回、本家を越えそうなレベルの本気なサイバーフォーミュラゲームを造り上げてきた同人プロジェクト「PROJECT YNP」が新作を発表。

>

PROJECT YNPのVR対応超音速3Dレーシングゲーム『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER』がDMM GAMES PC ゲームフロアに登場!|合同会社EXNOAのプレスリリース

第12回大会では引退したシューマッハに変わりアオイZIPから参戦し、第9戦フィンランドGPで2位に入っている。 アルザード、凰呀を除く各車両のブースト(ブーストモード)には「〜ウィング」との名称がついている。 福田監督 いつも応援してもらってありがとうございます。 世界中のドライバー達とまさしく「ワールドチャンピオン」を競うことができます。 5リットルのもしくはエンジンを基本とし、葵自動車といった自動車会社から、エンジンコンストラクターのXi(サイ)、車体コンストラクターのユニオンセイバーやSTAG(スタッグ)、部品メーカーのスゴウにいたるまで、比較的多くのメーカーがレース用水素エンジンの製造技術を有している。 総合優勝1回、通算71戦3勝、141ポイント(2022年まで)。

>

新世紀GPXサイバーフォーミュラ SIN VIER -第1回-開発者と一緒にプレイしてみた|AAANetwork -トライエーネットワーク-|note

菅生修は恋人だが、修にクレア以外にも恋人がいることは黙認している模様。 翌年から2021年の第16回(『SIN』冒頭)で引退するまでの5年間は再びドライバーとして参戦した。 総合優勝1回、通算82戦11勝、328ポイント(2022年まで)。 また、チームにプロとしての厳しさを持ち込んだ。 ・車のモデリングが細かくなり綺麗に。

>

DMM GAMES、VR対応の『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER』を配信開始

荒っぽいドライビングながら技術は高く、『11』ではスーパーアスラーダ01で走りながらハヤトのスーパーアスラーダAKF-11を上回るタイムを出し、『ZERO』では新条の解雇がかかった1戦で新条のサポートに徹し、マシンをあの手この手で操り、上位マシンを軒並みリタイヤさせた。 その後は助っ人キャラクター的な扱いであったが、2015年の第10回選手権・第7戦アフリカGPからCFに参戦。 クレア・フォートランによる設計で、アスラーダと異なり変形機構を有さないなど、クレアの独自色が強いマシンである。 総合最高位3位、通算101戦3勝、167ポイント(2021年まで、第10回以前の優勝数、ポイントは不明のため含まず)。 変形機構はAKF-11と同じくサーキットモード、エアロモードのふたつだが、偶発的にリフティングターンのための変形が発見されたため、リフティングターンを用いる時は、その形状となる。 『ZERO』の最終戦の前日にハヤトから再び婚約を申し込まれこれを受諾。

>

040030648565【PROJECT YNP】新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN VIER

放送のTVシリーズは、続編の『11(ダブルワン)』から『SAGA』までは - を舞台に、風見ハヤトを主人公として第10回 - 第15回サイバーフォーミュラ(以下、CF)ワールドグランプリ参戦チームの1つ、スゴウアスラーダ(スゴウグランプリ・スゴウウィナーズ)の視点から主に描く。 総合優勝1回、通算111戦11勝、328ポイント(2022年まで、第10回以前の優勝数、ポイントは不明のため含まず)。 日本の選抜レースにおいて初めて招待選手制度が導入された2011年にゲストレーサーとして参戦し優勝している。 【サイバーシステムによるブレーキアシスト機能】 前シリーズ「DREI(ドライ)」より搭載されたサイバーシステムによるアシスト機能も健在。 タイヤは6輪となっているがこれもアオイ式の前2輪・後4輪の方式ではなくスゴウと同じ前4輪・後2輪となっており、アスラーダとの共通性を多分に感じさせるものとなっている。

>

PSP「新世紀GPXサイバーフォーミュラ VS」の詳細

2020年のスゴウテストドライバー。 ・アニメの原曲がレースBGMに。 2022年に投入され、2023年にはアンリ・クレイトーに代わって加入したエデリー・ブーツホルツによって操られることとなる。 復帰したハヤトと共にシーズンを闘い抜いた後、2019年(『ZERO』エンディング)シーズンからはアオイフォーミュラに移籍して新条と共に闘うことになった。 これからもサイバーをよろしくお願いします。 2020年(『SAGA』)には「アルザード事件」を乗り越え、4年ぶり3度目の総合優勝。

>