ランボルギーニ ディアブロ。 ランボルギーニ「ディアブロ」の名前は闘牛ではなかった!! 開発者に聞いた命名理由とは!?

ランボルギーニ ディアブロ (1990

(『レーシングカー : その設計の秘密』 p. リヤサスペンションの開発に難航し、がテストドライバーとして協力した [ ]。 後席モニター• して記事の信頼性向上にご協力ください。 テスタロッサの名は消えたものの、その略称「TR」として残り、排気量5リッターのV12気筒エンジン搭載車という意味で512TRと名付けられました。 盗難防止装置• ディアブロ SV RWDモデル。 ランボルギーニシリーズのトップに君臨するカウンタックのかわりとなることを目的として、コードネームはプロジェクト132だった。 ロゴデザインにはクライスラー側のデザイナー、主にクルマの内装の担当だったビル・デイトン氏と、ランボルギーニ社と外部契約をしていたパガーニ氏が参加。 SDナビ TV• ETC• 最大出力は510hpで、調整可能なリアウィングを備えた2輪駆動バージョンとして生産された。

>

ランボルギーニ ディアブロ (1990

パワーシート• 15万円以下• ETC2. 1960年代にはミウラ、1970年代にはカウンタックと、「スーパーカーと言えば・・・」というような誰もが知る名車を世に送り出しています。 DVD再生• と(1970年) 創業者であるは、後、イタリアにが不足していることに目を付け 、軍が放出するトラックをに改造し販売することで富を得た。 ランボルギーニ・ディアブロのデザインはマルチェロ・ガンディーニ ディアブロのデザインはミウラやカウンタックも手掛けたマルチェロ・ガンディーニ。 「Diablo 6. スーパーカーのDNAをもつスポーツカー 名車カウンタックの後継モデルとして1990(H2)年に誕生したディアブロ。 HDDナビ• スイスのローランド・アフォルターがランボルギーニに発注した10台のみの限定生産。

>

ディアブロ(ランボルギーニ)の中古車

その後もGT-1やJGT1が全日本GT選手権向けに製作されました。 フレームはカウンタック同様の であるが、断面形状が、カウンタックの丸断面に対し、角断面に変更された。 伝説のの名前から取られた。 1980年代、停滞していたランボルギーニに新風を吹き込み、クライスラーの傘下に入りつつも、ランボルギーニ魂をしっかり受け継いだディアブロ。 25万円以下• 始めはサイドラジエター方式を採用していたが、後にフロントに移された。 大学卒業後、一旦は部品メーカーに勤めたが、憧れのフェラーリからお呼びがかかり、フェラーリのレース部門へ移った。

>

ディアブロがレースに出ることになった意外なきっかけとは?ランボルギーニ・ディアブロのコンペティツィオーネ(競技用モデル)に迫る!

ただし当初ガンディーニが考案したデザインは「あまりに角ばっている」として、当時の親会社であるクライスラーのデザイナーによって「丸く」手直しが施されることに。 のちにエキゾチックカーの生産に乗り出したフェルッチオは、「助手席に座るレディのが(汗で)落ちないような快適な車を作りたい」と語ったという。 (1998. 1993年にはエンジンを再設計し大幅にパワーアップ 親会社の名義 、翌年のエンジン供給を考慮して、の非力さに苦しみ、エンジンに匹敵するパワーのあるエンジンを求めていたがテストを実施したものの 、マクラーレンはとの提携を選び、この結果ランボルギーニはF1を去ることとなった。 同年の12月には、ディアブロVTロードスターが市場に登場した。 スイスのローランド・アフォルターがランボルギーニに発注した10台のみの限定生産。 アウディ傘下にてディアブロは「本来」に近い姿に その後ランボルギーニは1990年にアウディへと買収され、そこでもともとのガンディーニ案を取り入れてリフレッシュされたのが2000年発表の「ディアブロ6. 1998年にフロント・ホイールサイズも(「VT」と共通の)18インチに拡大。 車名はひとり3つまで選ぶことができ、希望があれば自分でつけた名前を書き込んでもよい、ということになった。

>

ランボルギーニ ディアブロ (1990

エンジンやミッションなどは「GT1」に使用していた物を流用しているが、シャシーや足回りなどは新しく開発された。 衝突被害軽減システム• CHATO、DUENDE、BOLERO、FULGOR、CORREAL、MACHO、VENDAVAL、PLAZA、HONDO、TRADO、PICADOR、ESTRIBO、ROCIO、CANTO、MIRO、DIABLO、VENTAS、TAURUS、RAZA、RABO、RUEDO、FULMEN、LAMBO、MUCHO、RADA、TODO、STAR、ELREY マルミローリ氏は、用意したこのリストを当時のランボルギーニの幹部約20名に配った。 4月 - から委託されていたの生産の遅れから契約を破棄され倒産。 この時製作されたマシンに付いた名前はディアブロ・イオタ(公道仕様も含め3台製作)。 概要 [ ] ディアブロは世界中で大ヒットを博した1970年~1980年代の名車「」の後継車種でもある。 ランボルギーニ ディアブロの特徴・特色 Photo by ilikewaffles11 カウンタックでは後期型から4バルブ化されV型12気筒48バルブDOHCエンジンに多数のキャブレター 気化器 という組み合わせで、北米仕様を除けばインジェクション 燃料噴射装置 を採用しませんでしたが、ディアブロのエンジンは大きく変わりました。 4月 - 農業機械(トラクター)製造で成功を収めていたが設立。

>

ランボルギーニ ディアブロ

またには ランボルギーニ・ブルチアトーリ SpAを設立し、との製造販売を手掛け、これも成功を収めた。 アダプティブクルーズコントロール• - 傘下となる。 F1 セーフティカー(1995年) 1995年、カナダ・グランプリにおいてとして採用された 。 イオタ(1994年) 別名:SE-J に参戦するために寺井エンジニアリング向けに3台が製作された初代レース用車両。その内の1台(P02)は公道用 。 SV-R(1996年) 「SV」ベースのレース用車両。 ミッション/駆動系/乗車人数• 既存のエキゾチックカーに少なからず不満を抱いていた彼は、これがきっかけで自動車ビジネスに乗り出す決意をしたといわれる。 ヴェーラ• またこの名前については的な関係者から反発の声が上がったという。 この偶然は、幸運というか必然というか、奇跡としかいいようがなかった。

>

ランボルギーニ「ディアブロ」の名前は闘牛ではなかった!! 開発者に聞いた命名理由とは!?

ディアブロは、5. 0L 4WD 4・5 ドアは横開き ワンオフ [ ]• なおがで日本人としてはじめて3位入賞を飾ったもランボルギーニ製ユニットを搭載していた。 クリアランスソナー• ハッキネンのテスト走行中、ルノーエンジンに対抗するため余りにも無理矢理パワーを上げ過ぎたエンジンは、ハッキネン曰く「大爆発」と言われるほどの激しいエンジンブローを起こし大破した。 1999(H11)年には80台限定の575psの6L搭載のGTをリリースし、2000(H12)年には6Lをシリーズ化した550ps+4WDの最終モデル6. サイドエアバッグ ボディタイプ• ディーゼル オプション• ソニア• 1869年、マドリッドの闘牛場で当時一番人気があった闘牛士、Jose De Laraと戦った記録が残されていた。 ピックアップトラック• ランボルギーニ社の誕生時は「350GT」、「400GT」と数字が車名となった。 大戦中、にてのに当たっていた彼の経験が活かされるかたちとなった。 紆余曲折を経て、前述のミウラやカウンタックを手掛けたマルチェロ・ガンディーニがエクステリアデザインを担当しました。 また、ランボルギーニのスーパーカーでは初の4WD車も登場し、多くは2WD車しか無いライバルに対して大パワーに対する強い安定性を得ました。

>