アメリカン スナイパー あらすじ。 アメリカンスナイパーのあらすじとネタバレ!感想や実話との違い

映画「アメリカンスナイパー 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

やがてクリスはタヤという女性と出会い、交際を始めますが、 9. お前は狼には決してならず、羊を守る牧羊犬となれ!」 という父の教えでした。 イーストウッド監督自身がアフガンやイラクにおける戦争を批判していることや、『』で英雄とされた兵士たちがPTSDで苦しむ姿を描き、また『』ではの体験から心を閉ざした老人を描いている例を挙げ、本作も戦争経験で壊れていく人間の姿を描いた作品であるとしている。 クリスカイルはなぜ殺されたのか 退役軍人でPTSDに苦しんでいるというルースという青年を同じ退役軍人とチャドと共に射撃訓練所に行った時、ルースの発砲により殺害されました。 軍の仕事と家族への想いの狭間に揺れ動いている。 Sponsored Link アメリカンスナイパーとは• この映画は戦争映画ではありますが、 本質はクリスという人間を深く描いたヒューマンドラマだと思います。 果たしてクリスは思い描く番犬になり得たのか、いや、他人の土地に乗り込んで女子供まで殺すと言うのは、それこそ狼の仕業ではないのか、と。 評価 [ ] 本作は批評家から高い評価を得ている。

>

心に残る至極の戦争映画!アメリカンスナイパーのあらすじ・見所

なお、イラク戦争の初陣でクリスが射殺した母子をはじめ、過激派の虐殺者や、宿敵ムスタファなど、 登場する誰もが名演であることももちろん見過ごせません。 監督:クリント・イーストウッド• ルースが進学した高校は後に自らが殺害するクリス・カイルが10年前に卒業した高校だった。 最前線で戦っている瞬間は、• それからというもの、タヤの思いをよそに何度も戦地へ向かう事になります。 タヤはとうとう「心を家族に戻して欲しい」と訴えたのですが、間もなくクリスはイラクに出兵しました。 が選ぶのベスト映画トップ10• その後もクリスは敵を射殺しまくり、海兵隊内では伝説の存在となりました。 タヤはクリスを心配し続けてくれていました。 次に、 作中のクリスは30歳でシールズの訓練を受けていますが、実際は20代のころの話です。

>

アメリカン・スナイパー

クリスはブッチャーを追い詰めていました。 同僚や弟が戦場で傷付き、倒れゆく様を目の当たりにし、徐々にカイルの心はに蝕ばまれていった。 派手なドンパチだけが戦争映画としてのレッテルとして定義されることを安易に求めるべきではないことを戒めているような発言にも聞こえますが、愛する家族という観点からも守るべき絶対的な存在を抱えていたカイルの苦悩を測るべきとの発言だと感じます。 542人を殺害している。 しかし、あくまで主題は兵士の葛藤と厳しい現実です。 そのうち2冊は、タイトルこそ違いますがクリス・カイルが書いた同じ自伝です(訳者が違うだけ)。

>

心に残る至極の戦争映画!アメリカンスナイパーのあらすじ・見所

伝説と呼ばれる程のスナイパーになるも、少しずつ精神が蝕まれていく。 しかし、そんな幸せな日々も2001年9月11日に勃発したアメリカ同時多発テロ事件の余波によって急変しました。 ここからは本作品に登場する「クリス・カイル」という1人のキャラクターとして扱います。 『アメリカン・スナイパー』結末 続く2度目の派兵では、クリスは 18万ドルの賞金首となってしまいますが、無事戦果を挙げ続け、いつしか仲間からは「 伝説」と讃えられ始めます。 クリスは兵曹長まで昇進していましたがイラクでも最重要人物とされ懸賞金がかけられていました。 彼は幼い頃の狩猟もあってか狙撃に天才的な才能を発揮しました。

>

アメリカン・スナイパー : 作品情報

戦場という特殊な環境では、そのような感情を抱いてしまうとおそらく帰還できないということなんでしょう。 そんな時形成手術をしている最中に急変して亡くなったと連絡が入り、いよいよクリスも精神的にしんどくなってきました。 また、カイルは、敵を殺害したことに一切罪悪感は無かったようで もっと敵を倒せればもっと味方の命が救えた と著書に書いています。 敵戦地に現地住民を発見し、敵の情報を聞き出すことに成功するも、敵リーダーに現地住民が殺され悔しさにあふれるクリス。 コルトン役…マックス・チャールズ• 本作が、に公開されてヒットした映画『』と同じような戦争ドラマであること。 結果、 普段のブラッドリー・クーパーとは別人のような風貌になって登場します。

>

映画『アメリカン・スナイパー』狙撃手クリス・カイルの半生を描いた実話の物語【レビュー】

PTSDに苦しむ帰還者が多いことから考えても、想像以上の精神状態がつづくということだけは間違いないといえそうです。 PTSDです。 自らも幼い子供を持つ親となっている身上であっても作戦の命令に背く行為は何としても避けなければならないことです。 30歳という年齢ながら厳しい訓練を突破して特殊部隊シールズに配属され、私生活でも恋人タヤと共に幸せな生活を送るカイルであったが、間もなくを契機に戦争が始まり、カイルもタヤとの結婚式の場で戦地への派遣命令が下るのだった。 軍隊では仲間だった1人がケガして(のちに手術中に死亡)、1人が射殺され、弟は精神的にやられて除隊といった景色を見てきたので、無理はありません。 しかし、この正義はあくまでも主観です。

>