公爵 さま は 女 が お 嫌い。 公爵さまは女がお嫌い!(桜川ヒロ / 秋桜ヒロロ)

公爵さまは女がお嫌い!【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】【電子限定描き下ろしイラスト&著者直筆サイン入り】

・゜・。 家族のように思っている。 」 自分の手のひらで額の熱を測ったティアナは「どうしましょう! 熱いかもしれません! そんな不埒なこと出来るかっ!」 反射的に叫びながらヴァレッドは立ち上がる。 「あの、ティアナ様、なんでそこに私めの名前が入っているのかお聞かせいただいても……?」 「え、レオポール様はお嫌でしたか? お泊まり会」 「いや、嫌というか……」 レオポールは眉を寄せながら難しい顔をする。 その彼は、女嫌いの男色家と噂の男で…。 この度は主人が大変失礼いたしました。

>

公爵さまは女がお嫌い! 合本版 【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

ティアナは少し赤くなった頰を両手で押さえながら、少し首を傾げた。 「は、はい。 そして申し訳なさそうに視線を落とした。 フェアリーキス大賞銀賞作品、待望の続刊! 立ち読み 「……大丈夫か?」 数秒の無言の後、彼は探るようにそう聞いてきた。 「いや、不埒なことをしていい間柄なんですよ、あなた達は! 夫婦ですよ! ふ・う・ふ! 私は積極的に不埒なことをしていってほしいと、切に、切に願っていますっ! レッツ不埒です! ヴァレッド様!」 「レオっ! 「君は俺が男だということを忘れているんじゃないのか? 君はもう少し慎み深い人物だと思っていたのだが……」 「ヴァレッド様が男性だということはもちろん忘れていませんわ。 「ヴァレッド様の良き妻になれるよう一生懸命頑張りますので、どうかこれからもご指導、よろしくお願い致します」 ティアナが片手で渡された書類を持ちながら、空いている方の手でスカートを持ち上げ、淑女の礼を取る。 どうぞよろしくお願いいたします。

>

公爵さまは女がお嫌い!【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】

そんな彼女が嫁ぐことになったのは、なんと女嫌いと有名な公爵さま!事実公爵ことヴァレッドは女であるティアナに嫌味や皮肉をぶつけるけれど、ティアナはこの結婚にとっても前向き。 ティアナは申し訳なさそうな顔をきりりと引き締めて、レオポールの手をしっかりと握り直した。 ・゜・。 ) ティアナは領地のことを教えてくれるといったヴァレッドのことを思い出し、握りこぶしを胸に掲げたまま、大きく頷いた。 明日の晩餐会までに目を通しておけ」 「ちょ、ヴァレッド様!」 「はい。 人間理解出来ないレベルのものには逆らえないように出来ているから。

>

公爵さまは女がお嫌い! 合本版 【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

そのやりとりを見ながら、ヴァレッドはまたカロルの方を向いた。 「最初は俺がソファーで寝ようかとも考えたんだが、どうせ君のことだから『私もそちらで!』とか言い出しかねないだろう? だからこうしてみようと思うんだが……」 赤い顔で眉間に皺を寄せたまま、彼は言葉を続ける。 怒声を上げたヴァレッドの左手がぐっとティアナのスカートを握りしめる。 」 「わかっております! ヴァレッド様の恋路には難がおありなことも! このティアナ、ヴァレッド様の恋を全力で応援する所存です!」 「違う! 俺とレオはそんな関係じゃない!」 「隠さなくても大丈夫ですわ! 私、衆道には理解がありますの! 想い合う二人に性別は関係ないですわ!」 そのティアナの声に辺りがにわかにざわついた。 そして、その奥にはヴァレッドの姿。 そんな彼女が嫁ぐことになったのは、なんと女嫌いと有名な公爵さま!事実公爵ことヴァレッドは女であるティアナに嫌味や皮肉をぶつけるけれど、ティアナはこの結婚にとっても前向き。 そんな彼女が嫁ぐことになったのは、なんと女嫌いと有名な公爵さま!事実公爵ことヴァレッドは女であるティアナに嫌味や皮肉をぶつけるけれど、ティアナはこの結婚にとっても前向き。

>

公爵さまは女がお嫌い!

ティアナは背中に回した毛布の端を胸の中心にかき集めるように抱くと、視線を地面の小石に滑らせた。 通常版との重複購入にご注意ください。 あらすじ 結婚式直後に妹に夫を寝取られて、出戻り娘になってしまったティアナ。 しっかり温まったためか、頭のてっぺんから指先に至るまでいつもより少し火照っている。 」 ティアナがカロルに託した髪は〝遺髪〟だ。 」実はヴァレッドは女嫌いというより、昔のトラウマで女性への偏見をこじらせているだけ。 ティアナ様は人より少しだけ、すこーしだけ、前向きすぎるのです」 「……そうか」 眉間に皺を寄せたまま、ヴァレッドはまるで見たこともない生き物を見るような目で、ティアナを眺めた。

>

公爵さまは女がお嫌い! 合本版【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】

「馬鹿なんですか、貴方は! またあのお見合い地獄に戻りたいんですか! そんなヴァレッドとは対照的に、レオポールは焦りを露わにした。 ティアナは困惑したまま次の言葉を探したが、どうにも答えが見つからない。 「そうですよ! 一緒に寝れば万事解決じゃないですか! ヴァレッド様は必要以上にティアナ様の心配をしなくても済みますし、カロルさんはちゃんと休める! 私だって将来の心配をしなくても良くなるかもしれない!」 「レオっ! そして、小さな声で「緊急事態だったからな」と答えた。 夕食の方は後で部屋にまで運ばせますので、どうぞ今夜はゆっくりお休みになってください。 自分の命はどうでも良いと? 君のその性格は本当に嫌になるっ!」. ティアナは頭をフル回転させながら、彼が怒っている原因を考えた。

>

公爵さまは女がお嫌い!

しかし、彼はぐっとこらえた。 「君のその謝罪は何に対するものだ?」 「何に、ですか? それは、勝手に行動してご迷惑をかけてしまったことに対して……」 「そんなことはどうでも良いっ!」 ぴしゃりとそう断じられてティアナは身体を震わせた。 明日には歓迎の意味を込めた晩餐を用意していますので、それまではご自由にお過ごしくださいませ」 「はい。 」 ヴァレッドが思わずそう吼えると、ティアナはやはりわかっていないように首を傾げた。 「そういえば、レオの胃薬を調合したのは君だったな」 ヴァレッドはカロルの態度に眉を寄せながらも、どこか安心したように「そうか」と一つ呟いた。 そして、にっこりと微笑みながらヴァレッドを見た。 フェアリーキス『公爵さまは女がお嫌い!【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】』が絵ノベルで登場!. 「大丈夫!私、衆道には理解がありますの!」「このご指摘もヴァレッド様のお気遣いね!」「……君はまた変な勘違いを……」半ば呆れるヴァレッドは、実は真の女嫌いではなく、過去のトラウマゆえに女に対する偏見で凝り固まっているだけ。

>