ポーカー ハンド 勝率。 オッズとアウツを覚えて確率的に正しいポーカーをしよう

ポーカーのよくある状況別の確率一覧

has-purple-crush-gradient-background,:root. 72oのようなハンドを1時間の間に何度も何度もディールされたあとで、ようやくのような一見魅力的なハンドが来たとします。 ちょっとずつ広くなってきたね。 PokerListings日本ポーカー確率計算 - オッズ- Odds Calculator へ ようこそ! has-very-light-gray-background-color,:root. 初手の選択とプリフロップでの基本的な打ち回しについて、よくまとまっている を見つけたので何回かに分けて紹介します。 下の表のアクション• ポジションごとの戦略とハンドレンジ アーリーポジション〜ミドルポジション アーリーポジション〜ミドルポジションの場合は、 かなり強いハンドに絞ってプレイします。 つまり、比較的有利であるということです。

>

ポーカーのプリフロップ攻略(勝率・ハンドレンジ・プロの戦略)

テンズはプリフロップでフォールドするには惜しすぎるハンドですが、あなたのアクションの前に激しい打ち合いがある場合には大人しくしておいたほうが無難です。 Group 1: QQ JJ 次に強いハンドは、QQとJJとです。 例えば、A62で自分が66を持っているときに相手がAAを持っている場合などです。 オープンエンドストレートドローが8枚• 例えば、ラスベガスのカジノのでWorld Poker Tour All-In Hold'emというゲームがあるのですが、テキサスのルールでディーラーと1対1の勝負をするでカンスタッドの版です。 ブラフは簡単なようで非常に奥が深くて難しい技術です。

>

【ポーカー戦略】ハンドの確率表

の勝率しかありません。 しかし、このハンドに限っては、仮に9が1枚落ちれば、A29Kがスクープする確率は50%を優に超えそうです。 記事の目次• スターティングハンド別勝率一覧表 ハンドは52枚の内から2枚を選ぶ52C2=1326通りあります。 勝つために必要なアウツを計算して、プレイすることがテキサスホールデムでは最も重要と言っても良いことなので、アウツの概念だけはしっかり理解しましょう。 フロップをミスした場合には素直に撤退する勇気が必要です。 ここまで来ると本当に危険な勝負をしていることを認識しなければなりません。

>

ポーカー確率計算オッズ

自分のベットの前にポットレイズがされた場合には、ポットよりほんの少しだけ多くリレイズするようにします。 2倍と4倍の法則 それが2倍と4倍の法則です。 で、アウツを考えるときは基本的にデッキの52枚から見えているカードを引いて見えていないカードが何枚あるかで計算します。 スターティングハンドの種類 sはスーテッド 手札の2枚が同じマーク 、oはオフスート 違うマーク を意味します。 プリフロップにおいて、後述するブラインドを除けば、一番最初にベットアクションを行います。 ヘッズアップで勝負できるハンドは、普通に勝負できるハンドと異なります。 勝率・オッズとは? ポーカー用語の「 勝率」とは文字通り「 あるハンドがショーダウンで勝つ確率」のことです。

>

ヘッズアップと基本的なハンドの勝率

自分が相手のオールインにコールしたとき、場にあるすべてのチップ(ポット)は、 (もともとあった7bb+相手のオールインの15bb+自分のコールした15bb)=37bb となります。 例えばあと1枚でフラッシュが完成する状況があったとして、どのくらいの確率で強力なフラッシュの役を完成させることが出来るのでしょうか? まず重要なのは、 アウツという概念です。 他のハンドは、ミドルやレイトポジションでのみプレイできます。 ボタンの場合は、すべてのハンドでミニマムレイズにコールドコールできます。 例えば、QTs、A9s、sでは、ストレートやフラッシュを引きに行くでしょう。 (残っていれば)アンダー・ザ・ガンがベット• キングクイーン - KQs KQs(スーテッド・キング・クイーン)はA一枚にも負けてしまう可能性がある反面、ストレートとフラッシュをメイドする可能性もある万能戦士です。 has-luminous-vivid-orange-background-color,:root. 勝っているかの判断がつきやすい(ハイカード、ハイポケット)• AやKがあればほぼ間違いなく勝負に行きますし、正直T4くらいから勝負にいけるんじゃないかと思っています。

>

ポーカーのエクイティとは?計算方法の解説や便利なアプリを紹介

5をブラインドとして強制的にベットします。 そこでディーラーは、自分のハンドが足して13以上ならレイズ(アンティの5倍ベット)、17以上ならオールイン(アンティの10倍ベット)をする(多分ポケットペアもオールイン)ということになっているので、足して13以上なら勝負することが長期的に見てもヘッズアップでなら勝てるということなんじゃないかなと推測されます。 オッズとアウツから確率的に正しい判断を下せるようになるには、ある程度練習して慣れる必要があるでしょう。 一般的に、レイズにコールするのは、1)レイズが自分のチップの総量の10%以下のとき(5%以下なら自動的にコール)、2)相手が十分なチップ量を持っているとき(ショートスタックでないとき)にだけ考えましょう。 OK、簡単だね。 SB・・・・・・・BUと比べてスーテッドコネクタが減ってKハイが増える UTGから考えて、ハンドレンジが一つずつ広がっていくイメージだね。 一方で、ビッグブラインドが実力者であれば、スモールブラインドでコールしても、レイズを返されるなど不利な戦いを強いられることが多いでしょう。

>