リーディング サイアー 2020。 騎手リーディング|競馬データベース

2歳リーディングサイアー・勝ち上がり率データ【2020/9/7更新】

ドレフォン 300万円 186頭• 統計のある1924年(13年)から2007年(平成19年)までの84年間 で内国産馬がランキング1位となったのは と の2頭、8年間だけで、頭数では22頭中2頭だけである(統計の計算の仕方によってはアローエクスプレスは1位ではなくなる。 ドゥラメンテは自身の血統にトニービン・サンデーサイレンス・キングカメハメハと日本の主流血統がズラリと並んでいます。 アグネスタキオン。 ただダート馬を輩出する可能性も高いので日本の競馬にマッチするかは走ってみないとわかりませんね。 中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、首位 モーリス(新種牡馬)、2位 ドゥラメンテ(新種牡馬)、3位 エピファネイア、4位 キズナまで変動なく、5位に サウスヴィグラスが食い込んだ。

>

種牡馬リーディング|競馬データベース

既に28勝を挙げており、率も32.3%と優秀で、少ない大物で獲得賞金を伸ばしているわけではないのが見て取れます。 45億)が再度入れ替わり、フレッシュマンサイアー争いはデッドヒートの様相。 例えばフランスでは2005年から2014年まで、国内最高額賞金レースである勝ち馬の父がリーディングサイアーとなっている。 京都2歳Sは ルーラーシップ産駒ワンダフルタウンが優勝。 ドゥラメンテ・モーリス! 2020年に産駒がデビューしたのでまだまだ産駒が走ったのは少ないので判断が難しいですね。 25 2303万円 リュウノシンゲン 16 カレンブラックヒル 17 8 55 10 0 1. リーチザクラウン 50万円 32頭 パッと見るだけでめちゃくちゃ豪華な種牡馬がズラッと並んでますね。

>

2020年2歳リーディングサイアーランキング -11月までー

更に10位に、11位に、12位にが続いており、誰の目にも明らかに若いの活躍が目立つ状況となっています。 サンデーサイレンスの血を持たないので、母父ディープインパクトをはじめとした多くのサンデー系牝馬に種付けしやすいのが理由になりそうですね。 ディープインパクト。 例えば中央競馬では2000年に産駒のが1頭で10億円以上を稼ぎ出す大活躍を見せたが、オペラハウスのリーディング順位は4位(獲得額約15億円)に留まり、実際にランキング1位になったのは、産駒が下級戦から上級戦まで幅広く賞金を獲得し、延べ59億円を稼いだであった。 まぐれでこれだけ多くの活躍馬が出るワケもなく、今後も十分に活躍が期待出来ると言って良いでしょう。

>

騎手リーディング|競馬データベース

Albans - 1885 Hermit Virgil - Chamant St. 関連項目 [ ]• 中距離~クラシック向きのロードカナロアといったイメージなのかもしれません。 25 2422万円 パカラッチ 13 カジノドライヴ 12 9 41 12 0 2. 2020年12月7日• よりはムラがある印象ですが、中長距離に適性を持っている産駒も少なくないだけに初年度産駒も含めて今後更に成績を伸ばしてくる可能性も十分にあります。 馬山が大好きな馬でG1・7勝の歴史的名馬です。 新種牡馬は12位 ミッキーアイル、13位 マクフィ、14位 リオンディーズ、16位 ホッコータルマエが続いている。 余談ですが、ランキング13位の。

>

2歳リーディングサイアーランキング・種牡馬データ【2020/11/9更新】

ドゥラメンテ 700万円 178頭• 16 4398万円 ツエンダー 3 シニスターミニスター 25 12 69 16 1 1. 馬山的に1番期待しているのはブリックスアンドモルタル。 それを加味してもとモーリスの好結果はかなりのものと言っていいでしょう。 リアルシャダイ。 トニービン。 中央・地方合計の総合2歳サイアーランキングは、首位は変わらず ディープインパクト(獲得賞金3. 2020年9月7日• たとえば2010年の統計では上位10頭の勝馬の平均距離(芝コース)は概ね1650メートルから1850メートルに集中するが、8位のだけは1258メートルとなっている。 戦時中の1944年~1945年は公式な統計がない。

>

2歳リーディングサイアー・勝ち上がり率データ【2020/9/7更新】

今日はこの社台スタリオンステーションの2020年度シーズン種付頭数から次期リーディングサイアーはどの馬なのかを考えてみたいと思います。 05 2377万円 ギルランディーナ 14 パイロ 12 6 31 7 0 1. ただブラックタイド産駒で母父もサクラバクシンオーと王道の血統ではないですね。 レイデオロ 600万円 196頭• 新種牡馬は7位に マクフィ、10位 リオンディーズ、12位 アジアエクスプレス、16位 ホッコータルマエ、19位 ミッキーアイルが続いている。 こちらも2年目の産駒達の成績。 2020年の9月時点で種牡馬の収得賞金ランキングで8位と産駒がまだ少ない中でもかなり検討しています。 種牡馬別では、 キズナ・ディープインパクト・モーリス(新種牡馬)が3勝、 ドゥラメンテ(新種牡馬) ・ノヴェリストが2勝を上げている。

>