窓 拭き の 仕方。 窓のカビ掃除方法4つと予防対策3つ!カビキラーや重曹が有効?【プロ監修】

窓掃除にはスクイージー1本!プロは洗剤を使わない!?

今回、二度拭き不要のアルカリ電解水を中心に使った、効率的な掃除方法を伝授してくれました。 6月から7月は大掃除から半年経過しているので汚れもたまっており、黄砂もちょうどこの位の時期で落ちつくことが多いので、窓の掃除にはぴったりな時期です。 【洗剤拭き】窓に直接スプレーしない! 水で濡らして絞った タオルにクリーナーをまんべんなくスプレー。 手が荒れやすい方はゴム手袋などを用意して直接触らないように注意してくださいね。 でもお掃除の時の拭き跡が残って思うほどキレイにならないことがあります。 窓のカビ取りは、前述した通り、比較的手軽にできるものもあります。 大掃除を楽に行うためにも、日頃から掃除を心がけましょう。

>

手が届かない窓の外側はどうやって拭く? 大掃除の役立ち情報

新聞紙をクシャクシャと丸める• 1階の窓ガラスが庭に面している場合、土や砂汚れが多く、幹線道路沿いなど車の交通量が多い道路に面している場合は、排気ガスによって黒く汚れています。 窓がぬれているとスクイージーをラクに、なめらかに動かせます。 窓掃除の前に、網戸の掃除をするのがオススメとのこと。 3)アルコールで窓掃除の際に気を付けること3つ• 日の光が弱いと光の反射が少なくなり、窓に付いた汚れが見えやすくなります。 汚れを含んだ洗剤が乾き、窓ガラスに付着してしまうんですね。 窓掃除に洗剤不要!? ところで、ここまで一切洗剤を使っていないのにお気づきでしょうか? 大津先生は「 窓掃除に専用の洗剤は必要ありません。 それを避けるために、まずは大まかで構わないので「乾いた布」で窓を拭くようにしましょう。

>

窓やサッシの掃除のコツ!驚くほどピッカピカに仕上がる窓の拭き方

新聞紙に印刷されたインクに含まれる界面活性剤が、油分を分解吸着し、汚れ落としの役割を果たします。 この時、 あまり長時間放置しているとゴムが痛んでしまうため、長くても10分以内にしておきましょう。 バケツなどに水を入れ「水1リットルに対して4滴」程度の洗剤を入れて薄めて使います。 汚れた手でガラスに触れたり、手の皮脂がガラスにくっついて室内のホコリやゴミが付着しやすくなります。 タオルを水で濡らして固く絞り、拭きやすいサイズに折ります。

>

窓ガラスの掃除のコツ 拭きあとを残さない簡単な方法とは?

窓にカビが発生した時、多くの方は、 「カビキラー」を使用することを思いつくかもしれません。 メラミンスポンジは汚れを削り落とすため、柔らかい素材のものや傷つきやすい素材のものには使用できませんが、ガラスは硬い素材なので使用可能です。 しかしカラーの部分は使わず、 白黒の面のみを使用します。 乾いた新聞紙を丸めて円を描くように乾拭きする 落ちづらい汚れがある場合は、ごく少量の中性洗剤をつけて水拭きしてから、乾拭きをしてください。 まず、 カビキラーをカビが生えてしまった部分になぞるように塗っていきます。

>

【掃除のプロに聞く】ムラなし!きれいに仕上げる窓ガラス掃除のコツ

乾拭きする ただし、網戸の掃除を行なってから拭き掃除しましょう。 また、窓の結露は黒カビが発生する原因となるため、年末の大掃除のときに窓掃除をすることでカビを予防をすることができます。 フロアワイパー 網戸掃除には、フロアワイパーがあると便利です• 気になるのはスクイージーの選び方。 刷毛または歯ブラシ• 無水エタノールのボトルにはスプレーがついていないため、掃除に使う場合は、スプレーボトルに詰め替えると便利です。 片栗粉に塩素系漂白剤を混ぜてペースト状にしたものを、黒カビが生えている窓サッシに塗布して5分ほど放置してください。

>

簡単!窓掃除の仕方と写真で見るプロの窓・サッシの掃除

窓ガラスの掃除方法 まず、窓の掃除の大部分を占める窓ガラスの掃除です。 お風呂場で お風呂場に残った水分もカビの原因です。 そうすることで、洗剤液や汚水を水拭きの水分で洗い流すことができます。 泥がついたまま、水をかけたり直接洗剤をつけてブラシで洗うと、余計に時間がかかってしまうのと同じ原理です。 生活の汚れは、すべて油汚れがあるため落ちにくいんですね。

>

窓ガラスをピカピカにするコツ!拭きムラなしで簡単綺麗に掃除する方法

天井や壁等、高い場所の水滴を拭いたり落としたりしてしっかり乾燥させましょう。 雑巾で残った汚れを拭き取る• 本日の編集部recommends! 気になる敏感肌の乾燥トラブル。 3:定規に古タオルを巻き、こする 水でぬらし固く絞った古タオルを定規に巻きつけ、サッシに差し込んで拭く。 大津「窓につく汚れって、どんな汚れでしょう?外側は雨跡や泥はね、ホコリなど。 掃除機(すきまノズルが便利)• また、室内の窓ガラスの掃除なら、朝の結露している時間帯を選んで行うと手間が減り楽になります。

>