ウェイ ヴェル アベニュー。 Sunday Thoroughbred Club サンデーサラブレッドクラブ

シルク2020年度募集馬考察~ディープ産駒の評価、期待~

募集馬• また、今回入厩予定である高野先生はショウナンパンドラを預かっていた厩舎ということもあり本気度が伝わってきます。 サトノシャークとイスパニダの19は母こそ違いますが、ともにNorthern Dancer 5 x 5、Mr. 他の兄弟も勝ち上がっているように 優秀な母親です。 馬体や歩様を見て要検討したいです。 ディープインパクト産駒 衝撃を受けたディープインパクトの急去もあり憧れのディープ産駒を持ち馬としたいと思う一口馬主民も少なくはないと思います。 1 アケダクト 一般戦 ダート1マイル70ヤード 1 121lb 54. 母はG1勝ち馬で、半兄は4勝を挙げているキラーコンテンツです。

>

Sunday Thoroughbred Club サンデーサラブレッドクラブ

可能なら出資を積極的に検討したい。 青鹿毛ということもあり、 非常に見栄えのする馬です。 基本スルーです。 父がディープインパクトに変わって期待して見たのですが、個人的にはあまり良く見えませんでした。 その父はフランケルで母ウェイヴェルアベニューの2018となる グレナディアガーズを紹介したいと思います。

>

Wavell Avenue(ウェイヴェルアヴェニュー)の血統表と関連情報

5 サラトガ シャインアゲインS ダート7ハロン LR 4 119lb 53. また、丈夫でたくさんのレースに出走できそうな血統背景。 週4回はロンギ場でフラットワークを15~20分ほど行い、その他の日はウォーキングマシンの運動、また週1回は成長を促すため放牧も行っています。 2020. 短評 見送り ウェイヴェルアベニューの19 牝 父 ディープインパクト 母 ウェイヴェルアベニュー(Harlington) 3月21日生 栗東 中内田 充正 厩舎 募集総額7000万円 一口価格14万円 評価 血統A 馬体C 総合評価C 母親が8歳時の産駒になります。 2020. 今後のブログ展開について さていよいよ今週から2歳戦が始まりますが、今年は 2歳戦の前日予想は行わず、レース後の月曜などに注目勝ち馬(いれば)のプロフィールをご紹介する形に変更します。 01 所有馬情報 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来 Yearling担当者「9月1日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動しました。 今後は、ロンギ場での運動を継続し、今月中には周回コースで軽めのキャンターを開始する予定です。 そして次のクラブ馬特集ですが、予定を変更し、 社台RHさんの1歳馬を紹介していくことにします。

>

Wavell Avenue(ウェイヴェルアヴェニュー)の血統表と関連情報

馬体が出たらそのあたりは良く観察したいところです。 なので、何も判断できないが、ディープ産駒ということもあり、Bクラスとしておく。 よって全部がBADではない (3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある) (4)17年度産駒については、リストもれがあってもご容赦を。 動きも柔らかく背中の感触も良かったので、これからコースでの運動に移行した時にどのような動きをしてくれるか楽しみです。 判定は机上の計算であることをご了解いただきたい (6)この判定に沿って指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。

>

ウェイヴェルアベニューの19

Wavell Avenue (ウェイヴェルアヴェニュー) 馬主:M・ダブ氏ら チャド・ブラウン厩舎 Wavell Avenueの主な競走結果 国 施行日 競馬場 競走名 距離 格 着順 斤量 騎手 2016. 直近のディープ産駒であるセントオブゴールドとボニーゴールドは4月生まれでしたが、キューティゴールドの19は1月生まれということもあり馬体を見るのが楽しみです。 馴致面でも悪さ等は見せず、スムーズに行えていましたよ。 母父であるはモルニー賞(G1 で1着、ミドルパークS(G1)で3着と8戦1勝(1-0-1-6)米国産の種牡馬で芝で活躍をしていた種牡馬です。 現在、週3回は馴致に週1回は放牧、そして週2回ロンギ場で乗り運動を行っています。 2020年度の募集馬予定リストがUPされ、シルク会員または新規入会を検討されている方は募集馬についていろいろ考察をされていることと思います。

>

▼サンデーサラブレッドC2019 1歳馬最速解説 関西編(No.176〜184完)

なので、最上級の評価といえる。 Peterkin(米の芝馬)になる。 見送り。 そこだけ。 従いまして超良血馬で重賞も勝てそうな血統診断が下されたとしても、募集総額が高額の場合、総合評価としては低くなりますし、勝ち上がりはできそうで、募集総額が1000万円を切ってくるような安価な馬の場合総合評価はかなり高くなります。 まだ馬体もトモ高ですし、馬格に対して馬体に余裕があり成長を促す段階ですから、まずはしっかりと調教を行えるだけの馬体に成長を促していくつもりです。 この世代も頭数は少ないがG1馬が出てくる事を願いたいところですね。

>