オスマン 帝国 外伝 シーズン 3 あらすじ エピソード 66。 あらすじ

オスマン帝国外伝シーズン3あらすじ 6話 7話(エピソード66)

ムスタファに味方する者たちは、このことに憤るが…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ85話~87話の感想&ネタバレ ついにムスタファを追い出すことに成功したヒュッレム。 一方、ムスタファは自暴自棄になっていて…。 それは皇帝がモハーチで奇襲を受けた際に身に着けていた甲冑だった。 メレクはあなたの元に残すから、ジェンギズにもうこれ以上かわまないで」と言う。

>

オスマン帝国外伝 シーズン3とは何?Weblio辞書

ハティジェの屋敷では皆が集まり、イブラヒムを追悼する祈りがささげられていた。 ヒュッレムはリュステムを御前会議に送り込もうと新大宰相のアヤスに念押しするも、シャーも夫のルトフィーを選ぶようスレイマン皇帝に働きかけていた。 第17話:トルコ石 皇帝の寵愛を奪った側女フィルーゼが許せない皇帝妃ヒュッレムは、ある計略を巡らせていた。 マヒデブランとムスタファはマニサの騒動をイブラヒムに相談すべくタシュルジャルを帝都に派遣する。 トプカプ宮殿では新任の後宮出納官アフィフェの主導でスレイマン皇帝のための宴が準備されていた。

>

【オスマン帝国外伝シーズン3】あらすじ61話~63話と感想

スンビュルはヒュッレムに命じられて宴に参加する側女を確認しようとするが、アフィフェに阻止される。 それでメレクはジェンギズと家へ帰った。 第29話:フィルーゼの秘密 皇帝妃ヒュッレムは主馬頭リュステムを呼び出し、側女フィルーゼがいまだ健在でいる理由を問いただす。 なので、シーズン1から一気に観るにはHuluで観るのが1番よいかと思います。 第61話:内廷宦官長 皇女ミフリマーフが受け取った近侍マルコチョールの手紙の返事には、謎の代筆者がいた。 ヒュッレムが言葉巧みに誘導しているのだった。 業を煮やしたスレイマンはエディルネに赴いて理由を問いただす。

>

オスマン帝国外伝 シーズン3とは何?Weblio辞書

を参照。 第37話:狙われた皇子 フランス大使ラ・フォレはオスマン帝国との協議の進捗状況を報告すべく本国宛ての書簡を従者に書かせていた。 後宮に秩序を取り戻すために呼ばれた皇帝の乳母アフィフェは、早速厳しい取り締まりを開始。 第41話:正義の判決 夫リュステムの地方赴任に同行するニギャールは、愛娘エスマヌルとの別れを惜しみ、いつか必ず戻ってくると娘に誓う。 ハティジェを結婚させる決断をしたスレイマン皇帝は、その相手を選ぶ。

>

オスマン帝国外伝の影響でトルコの文化が気になる ※シーズン3ネタバレちょっとあり

シャーはニギャールを呼び出しハティジェの行動について訪ねるがニギャールは自分がハティジェとヒュッレムを引き合わせたにも関わらず知らぬ振りをする。 シャーの屋敷にルトフィーが戻る。 皇子を玉座に座らせる計略だったと説明しても同じことがムスタファにも言えるだけで説明の意味をなさないのだった。 マニサでは皇子スレイマンが天然痘に罹患する。 最後に 今回はロクム、茶器、ベリーダンスのトルコの文化を調べてみたけど、中東の文化って日本のとも欧米のともかなり違ってなんだか興味深い。 40 大宰相の未来 ハティジェの招聘により皇女シャー・フーバンが到着する。

>

オスマン帝国外伝シーズン3あらすじ 6話 7話(エピソード66)

一刻を争う事態のため、ムスタファはスレイマン皇帝からの返事を待たずに問題を解決しようとする。 リュステムはニギャールが娘に会ったことを知り、母親と別れた日を回想する。 ハフサに会いたいダイェを連れて宮殿へ行くが、規則で入れてもらえない。 ジハンギルはフィルーゼを恋しがる。 を参照。 第45話:大いなる喪失 皇女ハティジェは、棺に納められたイブラヒムの変わり果てた姿を見て、激しく取り乱す。 ニギャールが後宮に上がりヒュッレムへリュステムへの疑いを植え付ける。

>

【オスマン帝国外伝シーズン3】あらすじ85話~87話と感想

ヒュッレムは女の家族が生涯食い扶持に困らぬよう手配する。 皇子メフメトは子供を身ごもった側女に関して、ミフリマーフが命の決断に関わる大きなウソをついていたと知る。 顔をほころばせるヒュッレムだったが、読み進めるうちに顔色が変わり…。 詳細は前述の登場人物まとめに書いています。 アフィフェは息子でスレイマンとは乳兄弟でもあるヤフヤを呼び寄せるよう提案する。 宮殿では、新任の後宮出納官アフィフェの主導で、近く遠征へ向かう皇帝のために宴を催す計画が秘密裏に進められていた。 後宮に戻るなりハティジェとヒュッレムの小競り合いや諍いに疲れたスレイマンはフィルーゼを召す。

>