足湯 列車。 近鉄『足湯列車』の【 運転日・時刻表・料金・乗車方法 】まとめ

列車の中で足湯体験!…近鉄名古屋~湯の山温泉直通「足湯列車」が今年も運行 源泉使用した本格派/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

移動手段であるはずの列車が、旅のメインイベントになりそうですね。 伊豆高原駅やまもプラザ内「ぷらとー」などで販売されていますので、 伊豆急行の旅のお供にいかがでしょうか? 3. 2号車で多くの方々も問題に悪戦苦闘・・・ 因みに湯の山温泉からの復路に乗車しましたが、2番線からで15時55分ごろ乗車出来ました。 2018年7月にリニューアルし、イベントも実施するように。 足湯に使われているお湯は、「菰野温泉けやきの湯」の源泉から汲み取った温泉で、神経痛や筋肉痛、冷え性、疲労回復などにも効果が期待できるアルカリ性単純温泉。 電車に乗っているあいだ、大人だけではなく家族全員が楽しめるんです。 おぉー!本当に列車の中に足湯がある! この列車だけのために、菰野町がヒノキの『足湯キット』を作ったのだとか。 (注)2020年3月4日、近畿日本鉄道より 足湯列車『つどい』の今季再開は なくなりました。

>

近畿日本鉄道の「足湯列車」|観光列車つどいが足湯列車に変身!

足湯の利用時間は、購入順に指定されます。 車内の座席です。 列車は「貸切」の案内、 右)ロゴマーク 左 3号車。 3)】 近畿日本鉄道の観光列車「つどい」が、2020年3月までの土日祝日を中心に、近鉄名古屋駅~湯の山温泉駅の間を走ります(近鉄四日市駅からでも乗降可能)。 運賃・料金 観光列車「つどい」号は全区間、全車指定席です。

>

近鉄名古屋駅から「足湯列車」に乗って湯の山温泉へ行こう!|ライフデザインズ

この記事の目次• ただし大阪上本町スタートのツアーとなっているので、東海地方の私たちからすれば、ちょっと残念。 湯の山温泉行きの場合は、名古屋~四日市間で先頭になります。 2018年10月6日(土)〜2019年2月24日(日)までの土・日・祝日、 近鉄名古屋駅~湯の山温泉駅間を「足湯列車」が運行します! これは三重県・菰野町の〈湯の山温泉〉の開湯1300年に合わせ 観光列車〈つどい〉をリニューアルした〈近畿日本鉄道〉が開催するイベント。 今日は「湯の山温泉駅」から乗車。 座席の表布やカーペットなども張り替えます。 3)】 近畿日本鉄道の観光列車「つどい」が、2020年3月までの土日祝日を中心に、近鉄名古屋駅~湯の山温泉駅の間を走ります(近鉄四日市駅からでも乗降可能)。 列車に乗りながら足湯が楽しめる!?近鉄名古屋駅と湯の山温泉駅の間を走る「足湯列車」に乗って、流れる景色と足湯の両方を楽しんできました!• このほか軽食にもってこいのフードコート、ラーメン屋にパン屋とバラエティー豊かなお店が揃っています。

>

足湯列車をご存知ですか?!♡

足湯の温泉は、もちろん本物。 料金等の情報が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。 炎を巻き上げるたいまつを立て、男たちが重さ600キロもの神輿を担ぎ、 湯の山温泉街を練り歩きます。 」 古谷「わかってますって!今回はたっぷり伊豆急行の魅力を伝えますよ。 来年3月22日までの土日祝を中心に1日1往復する(近鉄四日市駅でも乗降可)。 その店名は、庄内の方言の「ちょっと、おもしろい」という言葉が由来だそう。 その中のイベントとして菰野町が作った移動式『足湯キット』を列車の中に載せれば面白いのではないかということで企画が始まりました」 -防水や湯の温度、清潔さを保つための工夫は 「列車の中に『足湯キット』を載せるため、何度か列車に載せてテストを行いました。

>

足湯付き新幹線「とれいゆ」はココがスゴい

今回ご紹介するのは、2018年10月から【名古屋駅~湯の山温泉駅間】で運行する「足湯列車」である 足湯列車イメージ 足湯列車 この「足湯列車」は近鉄が運営する観光列車「つどい」のイベント第2弾として展開されるイベント。 まさに伊豆急行にぴったりのコンビですね! 「伊豆急行オモシロ駅長」は、伊豆急行のPR大使。 足湯利用には、当日車内にて「足湯利用券」(100円)の購入が必要。 自然に囲まれた景色の中に佇む、なんともオシャレな外観! 日帰りでも楽しめる源泉かけ流しの天然温泉、落ち着いて宿泊できる施設、一流料理人が手掛けるレストランなどがあり、ゆったりと休日を過ごせるくつろぎの場所です。 近鉄のおもな駅と近畿日本ツーリストグループの主要支店・営業所で乗車日1カ月前から販売。 近鉄主要駅のほか近畿日本ツーリーストの各店舗でも販売中です」 -最後にどんなふうに「足湯列車」を楽しんでもらいたいですか 「つどい『足湯列車』の中では菰野町の特産品の販売も行っております。

>

観光列車「つどい」で行く癒しとくつろぎの旅 足湯でほんわか気分!冬の到来を告げる湯の山温泉へ

」 古谷「まだまだ、伊豆高原駅と城ヶ崎海岸駅にも足湯はあるんですよ~。 「つどい」は深みのあるブラウンにあたたかみのあるオフホワイトのツートンカラーに金のラインを巻いたスマートシックな外観。 10月からはこの車両に足湯が設置されます。 団扇は今の時期だけかもしれませんね。 」 古谷「何でですか?広く見えて良いじゃないですか!」 土屋「窓は、下辺が肘あたりまでくるとすごく大きく感じるんだ。

>

伊豆急行から眺める美しい海の風景と駅前足湯コンプリートの旅!/古谷あつみの鉄道旅Vol.27│観光・旅行ガイド

「つどい」の記念乗車証と足湯列車のチケット。 外側はしっかりした歯ごたえが感じられるのに、中はしっとりとした食感をしています。 菰野町のお土産、特産品、飲み物も販売 2号車にあるカウンターでは、湯の山温泉がある三重県菰野町の特産品や土産品、飲み物を販売しています。 目的地まで車窓に流れる風景をのんびり眺めつつ、足湯を楽しむ…忘れられない旅になりそうです。 まずは値段から。 足湯は運行当日に温泉が立地する菰野町の職員が源泉からくんできたお湯を使うという本格派。

>

観光列車「つどい」の車内へご案内。予約方法・運賃・料金・運転日・時刻表・停車駅・座席表・車内の様子・車内のお楽しみなどをご紹介

。 座席はすべて窓側を向いているので、ずっとずーっと景色が楽しめます。 あつみ温泉駅構内には地元に根差した在来作物についての表示がたくさんあるので、列車を待つ時間もフムフムと楽しめます。 「足湯利用券」(100円)を購入して順番を待ちます。 大評判の足湯列車に体験乗車してきました。 その際に、この地が負傷兵の臨時療養所として利用されたことから、療養を終えた兵士が湯の山の景勝と温泉の効用を全国に伝えたとされています。 近鉄名古屋駅から車内で足湯が体験できる「足湯列車」が運行されているのをご存知でしょうか。

>