新幹線 e チケット 使い方。 「新幹線eチケット」の使い方、チケットの買い方|新幹線旅行研究所

【初心者向け】はじめて新幹線に乗る人必読!新幹線の乗り方をイチから徹底解説

ですので、から予約する必要があります。 「新幹線eチケットサービス」は、東北・上越・北陸新幹線系統の全域で、指定席も含めて利用できるのが大きな違いです。 きっぷの受け取り後の払い戻しは、乗車日の2日前までなら、受け取り前と同じです。 自由席は同一価格です。 そこで今回はそんな新幹線切符をチケットショップで購入する方法から、利用するにはどうしたらいいのかといった初心者向けの解説してみたいと思います。 この際、窓口の席がいいとか、2人席じゃなくて3人席がいいとか、新幹線車両の前のほうや後ろの方がいいなどの要望がある場合には、窓口の方に相談をしてみてください。

>

Suicaで乗れる!新幹線eチケットの要点

Suicaの残額を気にしていませんでしたので、残額不足だったら無駄な時間を取られていたことになります。 そのため、 通常の紙のきっぷより値段が高くなることもあります。 また、トラブルを回避するために、切符購入後は日付や時間をきちんと確認するようにしましょう。 4 手持ちのICカードの情報を紐付ける 新幹線eチケットを利用するICカードの情報を入力します。 なんと、新幹線はえきねっとアプリから予約できないんです。 いつも在来線で購入している切符と同じものです。

>

「新幹線eチケットサービス」を実際に使ってみた──予約から乗車までの手順、変更・キャンセル方法などを解説

併用する「乗車券」はどのようなものを使っても構いません。 また、当日購入だと希望の時間帯が満席だったということもあるため、繁忙期は事前予約をしておくとよいでしょう。 JR他社(東日本・東海等)の窓口および旅行会社での受け取りはできません。 モバイルSuicaのID番号の確認方法は(JR東日本のサイトに移動します) 事前準備は以上です。 例:東京23区内から仙台に行く場合(やまびこの指定席を利用) 特急券とeチケット割を合わせて 正規料金より1,766円お得になります。 eチケット早特1とeチケット早特14があり、えきねっとトクだ値やお先にトクだ値と価格や仕組みは同じです。 えきねっとトクだ値 「えきねっとトクだ値」は、新幹線eチケット専用の格安チケットです。

>

初めてでも大丈夫!eチケットの使い方と当日の流れ

今回の「新幹線eチケットサービス」のサービス内容は、「スマートEX」に準じているように見受けられます。 年会費が不要な点も大きなメリットです。 下記ページの「きっぷ予約」をからログインします。 ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• 不安で仕方ない方はこちらもどうぞ。 また家族旅行などで、子どもが乗車する場合も、子ども用のICカードを用意する必要があります。 現金を払う(領収書が必要ならこの時に) たったこれだけ。

>

JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

ほかの交通系ICカードを利用する際は、一度、新幹線改札口や在来線改札口を出てから再入場をします。 事前に調べなかった私が悪いのですが。 指定席切符:みどりの窓口や指定席券売機で座席指定 こちらであれば窓口の人に指定席券を渡し、自分が乗りたい新幹線を伝えるだけであとはパッパッと座席指定をしてくれるので、みなさんがやるべき作業はほとんどありません。 JR東日本の「」もしくはJR西日本の「 」での会員登録 「新幹線eチケットサービス」利用にかかる費用は?• 北陸新幹線に関してはJR西日本のインターネット予約サービス「 e5489」でも利用できます。 駅の窓口の行列に並ぶ必要は一切ありません。 5%還元) SuicaFREX定期券 新幹線定期券「FREX」に、Suica機能がついた定期券。 山陽・東海道新幹線エリアではチケットレスサービス「 スマートEX 」を活用しましょう。

>

JR東日本の新幹線をSuicaなどで予約&タッチでラクラク乗車!「新幹線eチケットサービス」でできることと登録方法まとめ|すっきり、さっぱり。

ここで、Suica ID番号を間違えて登録したらどうなるか・・・です。 スマホやPCから乗車予約でき、手持ちの交通系ICカードやスマホをタッチするだけで新幹線にラクラク乗車できる。 eチケットの使い方は? eチケットは、メールで送付されたeチケットお客様控えに記載されているURLから印刷することができ、空港にある自動チェックイン機で使用します。 必ず席に座れるため、電車での移動に慣れていない方や荷物が多い方、小さなお子様を連れている方は指定席特急券を選択するのがおすすめ。 新幹線eチケットサービスは山陽・東海道新幹線では利用できない• 新幹線eチケット予約サービスのデメリット 新幹線eチケットサービスのデメリットは大きく3つあります。 自分の好きな時間の新幹線に乗れること、最も安価というのがメリットですが、席が決まっていないため、混雑時には移動区間中ずっと立ちっぱなしということもありますのでご注意を。

>

交通系ICカードで新幹線に乗れる「新幹線eチケット」の使い方、モバイルSuica特急券やスマートEXとの違い

乗車券と特急券を切り離せない 普通のきっぷは乗車券と特急券を別々に買うことができますが、新幹線eチケットは、これを切り離すことができません。 予約は最大6人まで可能だ。 わざわざ切符を買わなくても新幹線に乗れるというメリットがあるのですが、こちらは利用範囲が限られるうえ、自由席しか利用できません。 モバイルSuica特急券があったのですが、モバイルSuicaでないと利用できませんでして。 新幹線eチケットとは?会費無料の「えきねっと」に追加されたサービス。 今回は、21時07分発のやまびこ64号の自由席にしました。

>