比較 対象 労働 者 の 待遇 等 に関する 情報 提供 記入 例。 派遣先均等・均衡方式とは 労使協定方式とは 分かりやすくご説明いたします|ドムコラム

派遣の同一労働同一賃金 よくある質問(公的機関) 厚労省が公開

派遣労働者が従事する業務に伴う責任の程度• 新法対応の帳票書類にも対応いたします。 派遣労働者が従事する業務に伴う 責任の程度 まとめ 今回は、2020年4月1日に施行される改正労働者派遣法の• 【比較対象労働者とは】 派遣先均等・均衡方式の場合に情報を提供する「比較対象となる労働者」は派遣先が以下の優先順位に基づき選定します。 派遣先均等・均衡方式 通常の労働者(上図のA)と派遣労働者(上図のB)の待遇を均等・均衡にする方式になります。 どちらの方式を採用するのかについて 【派遣先均等・均衡方式】【労使協定方式】のどちらの方式を 採用するのかについては 派遣元企業が選択することになります。 この「均等・均衡待遇の確保」は、非正規雇用労働者のすべてについて統一的に規定されたものです。 <指針で定められる施設> 派遣先は、その指揮命令の下に労働させている派遣労働者について、派遣就業が適正かつ円滑に行われるようにするため、派遣先が設置及び運営し、その雇用する労働者が通常利用している 物品販売所、病院、診療所、浴場、理髪室、保育所、図書館、講堂、娯楽室、運動場、体育館、保養施設等の施設の利用に関する便宜を図るように配慮しなければならないこと。 派遣元の義務とは? 厚生労働省は、派遣社員の不合理な待遇差をなくすための整備として、 派遣元は、「 派遣先均等・均衡方式」、「労使協定方式」のどちらかの待遇決定方式を選択しなければならないと定めました。

>

派遣事業で整備すべき書類をまとめてみました

Q6:比較対象労働者の待遇に関する情報提供のひな形をみましたが、もう少し詳細に教えてください。 2-2. 詳細は以下の通りです。 施行日前に準備が必要で、派遣先会社の協力が必須となります。 労働者派遣法の改正で何が変わるのか 労働者派遣法は「派遣労働者」と「派遣先の労働者」との不合理な待遇差を解消する 派遣労働者の同一労働同一賃金を目指すために改正されました。 派遣先企業が何をしなければならないのか について解説しました。

>

事業運営に係る各種様式等

比較対象労働者が複数人である場合に、これらの者に対する個別具体的な待遇の内容。 Q10:Q7において、人事院勧告等により比較対象労働者の待遇に変更があった場合に、変更の内容を派遣先に伝える必要があります。 また、派遣社員の成果や能力などが向上したら賃金もアップします。 情報の変更があった場合の注意点 情報提供の形式(方法)は、 ファックス・電子メールでも構いません。 労働者派遣法の改正で派遣先企業は何をしなければならない? 2020年4月1日に改正労働者派遣法が 施行されます。 このような中、12月19日に厚生労働省から「改正労働者派遣法のよくあるご質問(公的機関に関するもの)」が公開されました。

>

労働者派遣法の改正で派遣先企業は何をしなければならない?

人材活用の仕組み:職務の内容および配置の変更の範囲• これは派遣契約日が2020年4月1日前であっても必要になります。 「」 PDF• 派遣先均等・均衡方式の場合の比較対象労働者の待遇等の情報提供の内容 比較対象労働者の情報• また、「仮想の有期契約労働者」は比較対象労働者に選定することはNGです。 不合理な待遇差をなくすための規定の整備• 「比較対象労働者の選定」、「待遇等に関する情報の提供」につきましては、以下の画像をご参考ください。 【労使協定方式】 Q11:労使協定方式を採用する派遣元事業主に対して、職種や能力・経験調整指数、地域指数を示す必要はありますか。 (情報提供の書面の雛形がにあるので参考にして下さい。

>

派遣事業で整備すべき書類をまとめてみました

つまり、改正派遣法の施行日前である2020年3月31日までに派遣先から様式第25号の提出を受け、それに基づき派遣契約の変更を行う必要が出てきます。 とりわけ就業場所となる派遣先企業においては、労働派遣契約の締結に際し、派遣元事業主に対して、事前に派遣労働者が従事する業務ごとに、「比較対象労働者」の賃金等の待遇に関する情報を提供しなければなりません。 【派遣料金の配慮義務】 Q9:一般競争入札(最低価格落札方式)の場合、その性格上、価格が最も有利なものと契約することになりますが、労働者派遣法第26条第11項の派遣料金の配慮義務との関係はどうなりますか。 派遣元は、 労使協定を締結しているか、また、締結している場合は 対象となる派遣労働者の範囲及び労使協定の終期についての情報を ホームページ等で常時提供しなければなりません。 教育訓練の実施 派遣先の労働者に対して 業務の遂行に必要な能力を付与するための教育訓練を実施する場合に、派遣元から求められたときは、派遣元が実施可能な場合を除き、 派遣労働者に対しても教育訓練を実施する等必要な措置を講じなければなりません。 福利厚生 派遣先の労働者が利用する「 給食施設」「 休憩室」「 更衣室」は 派遣労働者に対しても利用させなければなりません。

>

人材派遣会社に特化した社会保険労務士法人

均等待遇 次の2つが 同じ場合には 差別的扱いを禁止する。 派遣労働者と同一の職務の内容で業務に従事させるために新たに通常の労働者を雇い入れたと仮定した場合における当該通常の労働者とされています。 Q8:派遣先均等・均衡方式の場合を想定した比較対象労働者の情報提供をすれば、労使協定方式の場合の情報提供すべき内容はそこに含まれているという理解で 良いでしょうか。 次回は、待遇差の説明義務について解説します。 では次に「労使協定方式」について説明をした後に、最後に比較をしていきます。 【その他】 Q13:入札額が明らかに同一労働同一賃金を実現できないような額と判断される場合はどのような対応を行えば良いでしょうか。

>

事業運営に係る各種様式等

【提供する情報とは】 派遣元が適用しているのが「派遣先均等・均衡方式」「労使協定方式」のどちらでも情報を提供しなければなりませんが、提供する内容が異なります。 「一定の要件を満たす 派遣元との労使協定による待遇をとる」という制度です。 次は、派遣先が行わなければ措置についてご説明します。 すなわち、 教育訓練、給食施設等の福利厚生施設の利用についてはどちらの方式をでも派遣先の待遇に合わせるということです。 「比較対象者の待遇等の情報提供」がない場合は、契約締結ができなくなります。 賃金待遇の決定については、厚生労働省の定める方法により「賃金構造基本統計」、「職業安定業務統計」のどちらかで決定しなければなりません。 派遣労働者の同一労働同一賃金については来年4月に施行されるにも関わらず、情報が少ないことで混乱が生じているように感じます。

>