朗報 反対 語。 【朗報】オケツイクの反対語、見つかる

好きの反対語は本当に無関心?では嫌いの反対はいったい何!?

。 この場合、ニュースの対象が、必ずしも直接の知人である必要はありません。 朗報と吉報の英語表記 朗報も吉報も英語にすると「good news」となり、例えば「吉報を待っている」を英語にすると「looking forward to hearing good news」となります。 凶報の具体的な使い方としては、「親友が重傷を負ったという凶報が飛び込んだ」「実家が火事の被害を受けたという凶報を受け取った」などがあります。 そのようなときのために、いつでも引継ぎができるようマニュアルを作成しておきましょう。 「朗報」の読み方は「ろうほう」 「朗報」の読み方は「ろうほう」です。

>

対義語・反対語辞典

これは、人の死んだ知らせを意味する「訃(ふ)」と、通知や知らせを意味する「報(ほう)」からなる用語で、例えば、「仕事中に訃報が届いた」や「突然の訃報だった」、「恩師の訃報を聞く」といったように使われます。 一方、凶報もまた同様の意味を持ち、悲報と同じように使うことが可能ですが、こちらの方がよりショッキングなニュアンスが強いという特徴があります。 業務内容を誰でも閲覧できるようにする 業務の「属人化」が避けられない場合、それぞれの担当者が行っている業務内容を、必要に応じて誰もが閲覧できるようにしておくも解消方法のひとつです。 具体的には、友人の奥さんの出産や、親せきの子供の就学などが、吉報にあたります。 朗報の朗という字には明るいという意味があり、吉報の吉という字にはめでたいという意味があります。 「朗(ろう)」の字は、読み方が同じ「郎(ろう)」ではありませんのでご注意ください。 こうした意味の一方で、最近ではインターネットの世界で、悲報という言葉が用いられる機会も多くなっています。

>

【朗報】オケツイクの反対語、見つかる

つまり吉報とは、「何かおめでたい知らせ」という意味の言葉になります。 つまり、妻が無事に子供を出産したり、大学の合格通知が届くといったような、自分自身の身に起こった良い知らせが、朗報にあたるわけです。 朗報の意味 朗報とは 朗報とは、 喜ばしい知らせを意味しています。 家族に子どもが生まれたり自分自身の昇進が決まったりなど、その話題の受け手に対しての幸せな知らせや喜ばしいニュースに対して使います。 「属人化」は、作業や仕事を中心に考え「特定の人のみが行える作業」を意味しますが、「属人的」は、「その作業は特定の人のものである」というニュアンスです。

>

「朗報」「訃報」の違い?それぞれの意味や使い方を徹底解析【例文有】

知人の死に限らず、直接会ったことがないような人物の死でも、訃報として表現することができます。 また、「マニュアル化」はそれぞれの作業において手順を決めておくことであり、急に担当が変わってもマニュアル通りに誰でも作業が行える状態にすることです。 速報は、ニュースを伝えるスピードが速いもののことを言い、内容は問題になりません。 凶報の意味と用法 凶報(きょうほう)は、 悪い知らせや死去の知らせをいいます。 朗報の「朗」は「ほがらか」とも読み、明るくあけっぴろげなさまや、曇りがなく晴れ晴れとしたさまを表しています。 大学合格という「朗報」を家族に伝えるため、帰路を急いだ 「朗報」の類語・対義語 「福音(ふくいん)」も「良い知らせ」の意味 「福音」とは、「良い知らせ」「喜ばしい知らせ」という意味で、読み方は「ふくいん」です。 また、嫌いな人の悪口や陰口などで盛り上がったりするのは、関心があるこそです。

>

『対義語 240個』一覧表《中学生・中学受験》

朗報の意味は前に見ましたが、吉報とほとんど同じ意味といってよいものですが、1つだけ違いがあるのは、朗報が前述のように、自分に関する出来事の通知であるのに対し、吉報は他の誰かに関する知らせであるという点です。 凶報の対義語にあたるのが、吉報になります。 この場合は上記の様な意味合いとは違い、単にニュースの内容を煽情的に盛り上げるための、一種の決まり文句として表題の一部に使われるケースがほとんどです。 吉報の対義語 吉報の対義語・反対語としては、悪い知らせや死去の知らせを意味する「凶報」があります。 複数の担当者が普段から業務内容を把握しておけるよう、普段からメールの共有やパソコンのフォルダーなどを共有しておきましょう。

>

【朗報】オケツイクの反対語、見つかる

(関連:) つまり、真ん中の【気になる】には、【関心がある】という言葉が当てはまりますね。 訃報は、誰かの死についての知らせという意味に限られます。 「好き」は【無関心】と同じ枠内で比較する言葉ではありません。 朗報の類語 朗報の類語・類義語としては、喜びを伝える知らせを意味する「福音」があります。 実際に、この2つには「死に関する知らせ」も含まれますが、それだけには限られません。 訃報の具体的な使い方としては、「旧友の訃報が突然届いた」「祖父の訃報に接した」といったものになります。 メールなどで目上の方に使う場合は前者を、友人間などくだけた相手に使う場合は後者を使うようにしましょう。

>