相撲 先 場所 優勝。 先場所V争いの翔猿1敗「変わらず前に出る相撲を」

大相撲令和2年9月場所

大関・貴景勝が記念場所で2回目の優勝を果たした。 豊國は玉錦に負けている。 ボクシング [12月2日 12:35]• 直接対決は清水川の勝ち。 日刊スポーツ 2020年7月17日18時12分 2020年7月20日閲覧• 1983年 昭和58年 9月 西横綱 15勝 2場所連続3度目 千代の富士との千秋楽結びの一番全勝同士の相星決戦を制す。 6月10日 - 日本相撲協会が6月22日に予定していた番付発表を実施しないことを発表。

>

先場所幕尻優勝の徳勝龍 自己最高位・西前頭2枚目へジャンプ「常に上を目指すと決めた」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

大相撲 [12月2日 17:43]• 1782年 天明2年 10月 西大関 谷風 7勝0敗1無勝負1休 天明3年 3月 西大関 谷風 5勝0敗1無勝負4休 1783年 天明3年 11月 西大関 谷風 8勝0敗1分1休 天明4年 3月 西大関 谷風 6勝0敗2預2休 1784年 天明4年 11月 東関脇 9勝0敗1無勝負 天明5年 - - - 不景気のため本場所開催なし。 綱取り初挑戦となる初場所(来年1月10日初日、東京・両国国技館)に向けては「成績残さなきゃ上に上がれないので、とにかく一生懸命頑張ることしかできないので、あまり深く考えず、伸び伸びやれたらなと思います」と意気込んだ。 2004年 平成16年 1月 東横綱 15勝 2場所ぶり5度目 2004年 平成16年 3月 東横綱 15勝 2場所連続6度目 2004年 平成16年 5月 東横綱 13勝2敗 3場所連続7度目 との優勝決定戦を制す。 2020年9月27日閲覧。 明治14年 1月 西大関 梅ヶ谷 7勝1敗1分1休 9日目、58連勝とまる。 文化13年 3月 東大関 柏戸 7勝1敗 8日間で打ち上げ。

>

大相撲

また、で新型コロナウイルスの集団感染が確認され、9月場所の玉ノ井部屋所属の全力士・年寄の休場が発表された。 (優勝の)余韻に浸ることなく、次のことをしっかり考えていきたい。 ボクシング [12月2日 18:11]• 対戦なし。 1983年 昭和58年 11月 西横綱 14勝1敗 4場所ぶり9度目 隆の里との千秋楽結びの一番1敗同士の相星決戦を制す。 両横綱の初日からの休場が決まった今場所初日前日には「結果が求められる」と、大関としての自覚をにじませていた。 第2期は6月場所以降である。

>

朝乃山まさかの3連敗…先場所優勝の照ノ富士が初白星 貴景勝、3日目に土― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

1824年 文政7年 10月 西前5 7勝0敗1預2休 新入幕。 場所後の8月28日に当時首相のが辞意を示し、9月16日に退任したため、安倍晋三名義での内閣総理大臣杯の最後の場所となった。 1981年 昭和56年 9月 東関脇 12勝3敗 初優勝 場所後に大関昇進。 プロレス [12月1日 0:00]• 1978年 昭和53年 1月 西横綱 15勝 2場所ぶり10度目 1978年 昭和53年 3月 東横綱 13勝2敗 2場所連続11度目 若三杉との優勝決定戦を制す。 関連項目 [ ]• 十両で6人による優勝決定戦は1972年秋場所以来48年ぶり。

>

大相撲令和2年7月場所

安永10年 3月 西大関 谷風 9勝0敗1休 50連勝。 玉錦は、豊國・男女ノ川両者に勝っている。 2020年 令和2年 7月 東前17 13勝2敗 30場所ぶり2度目 2020年 令和2年 9月 東関脇 13勝2敗 初優勝 場所後に大関昇進。 1958年 昭和33年 5月 東張横 14勝1敗 4場所ぶり7度目 1958年 昭和33年 7月 東張横 13勝2敗 3場所ぶり3度目 栃錦との千秋楽結びの一番2敗同士の相星決戦を制す。 1929年 昭和4年 5月 東横綱 10勝1敗 4場所ぶり8度目 1929年 昭和4年 9月 東横綱 8勝3敗 2場所連続9度目 西横綱の宮城山、西大関の豊國、西前2の朝潮 男女ノ川の一時期の が同点。

>

大相撲

1878年 明治11年 6月 西幕内格別席 響矢 6勝1敗1分2休 梅ヶ谷31連勝。 新関脇・大栄翔は妙義龍に押し出しで敗れ2敗目を喫した。 2003年 平成15年 3月 東大2 12勝3敗 4場所ぶり3度目 2003年 平成15年 5月 東横綱 13勝2敗 2場所ぶり3度目 2003年 平成15年 7月 東大関 12勝3敗 12場所ぶり4度目 千代大海との千秋楽結びの一番3敗同士の相星決戦を制す。 1961年 昭和36年 7月 東大関 13勝2敗 4場所ぶり2度目 1961年 昭和36年 9月 東大関 12勝3敗 2場所連続3度目 柏戸・との優勝決定戦を制す。 1956年 昭和31年 9月 西横綱 14勝1敗 3場所ぶり4度目 1957年 昭和32年 1月 西張横 15勝 7場所ぶり6度目 1957年 昭和32年 3月 西関脇 13勝2敗 4場所ぶり2度目 1957年 昭和32年 5月 西小結 13勝2敗 初優勝 新小結優勝。

>

朝乃山まさかの3連敗…先場所優勝の照ノ富士が初白星 貴景勝、3日目に土― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

1888年 明治21年 5月 西前9 8勝0敗1預1休 明治22年 1月 西前1 小錦 7勝0敗1分1預1休 1889年 明治22年 5月 西関脇 9勝0敗1休 明治23年 1月 西小結 小錦 8勝0敗2休 1休は相手力士休場。 元治年間 1864年 - 1865年 [ ] 場所 番付 四股名 成績 備考 元年 4月 西大関 横綱 不知火 鷲ヶ濱 7勝1敗2休 は西関脇で7勝1敗1預1休。 1996年 平成8年 1月 東大2 14勝1敗 初優勝 貴乃花との優勝決定戦を制す。 そんな力士の気になる給料事情もこちらでまとめてるので、一緒にご覧になって下さい。 天保13年 2月 東関脇 湖東山 7勝0敗1分2休 1842年 天保13年 10月 東大関 鰐石 5勝1敗2分3休 天保14年 正月 西関脇 岩見潟 鏡岩、小柳 5勝0敗1分4休 前場所で天津風より改名。

>