アペル ザ カタログ。 株式会社アペルザの会社情報

いま、私たちができることを考え、“オンライン展示会”の無償提供を開始しました

2019年4月には、新たにSaaS事業として、売り手企業向けにクラウドサービス「アペルザクラウド」をリリース。 従来に比べてライセンスコストも大きく削減できることが分かり、改めてkintoneをベースに営業支援のための仕組みづくりがスタートすることになった。 アペルザ eコマースの魅力とは? 次に、アペルザ eコマースのサービスの魅力・評判について解説していきます。 マーケティングから営業活動における必要な機能が揃っているため、業務を一気通貫して効率化することができます。 趣味は旅行、ダイビング、中国語。

>

株式会社アペルザ

これからも製造業を支援するプラットフォームを提供するとともに、新たなサービスの拡充、利便性の向上に努めてまいります。 まつも:石原さん、長丁場になりますが今回はいろいろ聞かせてください!よろしくお願いいたします。 より顧客価値の高い営業ができること アペルザクラウドでは、 製造業に特化した営業活動とマーケティング活動の最適化を行うことが可能です。 使い勝手の面では、もともと現場でSFAを運用してきたこともあり、インターフェースの分かりやすいkintoneであれば十分使いこなせると判断。 アペルザが世界への発射台の役割を担っていく未来を実現できたら理想的です。 」 「トライ&エラーで業務プロセスを作り上げていくなかで、カスタマイズを施したものの、現場でうまく活用されないものや、逆にシステムが業務に追いついておらず、人力・アナログ化している部分なども出てきており、とにかくアペルザの事業ステージでは、柔軟に変更できるシステムが必要であると感じていました。 2014年9月に創業した株式会社エデュート(Edut)では、教育向けアプリ構築プラットフォームサービスをリリース。

>

アペルザ、製造業分野に特化した受発注管理クラウドサービスを提供開始|Aperzaのプレスリリース

既存の国内工場も新製品の投入や改善などをきっかけに継続的に投資をされており、市場規模は過去最高を更新しています。 と、私たちは考えています。 巨大で歴史がある業界だからこその課題 戦後から高度経済成長期にかけて形成されたこの市場は、様々な課題をかかえ、今まさに変革期にあります。 より引用 そうですね。 2s ease-in-out;transition:color 0. これは日本にある産業の中で最も多い人数です。 また、kintoneのカスタマイズに関するさまざまな情報がWeb上で公開されており、カスタマイズ事例やサンプルコードなど参考になる情報が多いことも評価の1つに挙げている。

>

アペルザとは?製造業向けのカタログサービスを展開

アペルザは日本の素晴らしい製品を海外に販売していく発射台となるべく、そう遠くない未来に海外展開をしていきます。 私たちだからできる支援 アペルザはこれまでも製造業に専門特化し、売り手と買い手をつなぐプラットフォームを提供してきました。 2017年7月、株式会社アペルザは、株式会社ジャフコ(略称JAFCO)及び既存投資家であるGMOVenturePartners株式会社がそれぞれ運営するファンドを引受先とし、総額6億円の第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。 具体的には、カスタマーサクセスやマーケティングの部署の強化に当て、2020年1月までに社員数を現在の約50名から倍の100名体制に増やすとしている。 製品・サービスの認知・引合い獲得をはじめ、顧客情報の一元管理、名刺のデジタルデータ化、メールマーケティング機能、インターネットFAX機能、eコマース機能など、営業・マーケティング活動を支援する様々な機能・サービスを提供しております。 Aperza Catalog(アペルザ カタログ)の誕生 アペルザは2016年7月の創業以来、「ものづくりの産業構造をリデザインする」というミッションのもと、製造業企業のセールス・マーケティング支援そして製造業従事者の生産性向上を目指したインターネットサービスを次々と送り出してきました。 ちなみに、コスト面でも大きな効果が出ているという。

>

株式会社アペルザ

特に、出井氏と小泉氏は同社の経営顧問を務めており、事業を拡大していくにあたって、非常に強力なサポート陣が揃っています。 今後の機能アップデートにも大きく期待しています。 製造業は、GDPの約2割、輸出の約9割を占めるなど日本を経済大国へと導き、今なお海外で高く評価されている産業でありながら、中小企業を中心に「技術力があるにも関わらず知られていない企業や製品」が多く存在している。 その上で、新たに基盤を刷新したことで、立案した営業戦略をすぐにシステムに落とし込めるようになったのは大きいと下宮氏は評価する。 アペルザの今後の動向は? 今回の資金調達を受けて、 同社は今後マーケティングとカスタマーサクセスの人員拡大をしていることが推定されます。

>

製造業なんて全然身近じゃなかった。私を心変わりさせたXXの話|松本賀奈子

1つ目は「人」。 まつも:私も製造業の複雑な構造を勉強している最中ですが、効率化が難しい営業活動だからこそ、世の中から必要とされるサービスになり得る。 情報収集・比較検討・調達購買という製造業における「買い手(ユーザー)」の生産材調達の各プロセスに最適に対応できるサービスを展開している。 父とは仲も悪くありませんし、よく顔も合わせていました。 「データ営業」とは、顧客情報を徹底的に収集し活用することで付加価値と生産性の高い営業を実現するものであり、顧客と深い関係を構築することを重視した営業手法。 さらに、集めた顧客情報は営業だけではなく、製品改善や次世代の商品を作り出す上でも非常に貴重なデータとなるはずです。

>