中国 コロナ 隠蔽。 中国共産党の体質に言及「新たな病気の流行が起きるリスク」…米議会へ報告書 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

中国:コロナワクチン開発レースで先行 手抜きワクチンで【チャイナ・アンセンサード】

彼女は自分が住む市の人民病院に勤務しており、投稿では病院の医療物資が非常に不足しており、マスクや防護服などは繰り返し使用していたと書いた。 そこで、中国の知識人たちは、今回の武漢ウイルスを「中国版チェルノブイリ」と表現している。 2020 年2月16日:消された論文 2月16日、「新型コロナウイルスの流行は、中共の政治体制の腐敗を明らかにした」という内容の論文を発表した学者の許章潤氏が家に軟禁され、且つインターネットを遮断された。 この日記は習近平氏が全国の民衆を団結させ、人々の感染症との戦いをリードしたと称賛している。 気温36度の猛暑の中、日本在住の中国人や日本人からなるデモ隊約150人は、大阪の中心部でおよそ3. 移動式焼却炉(イメージ:Weibo) 同日、習近平国家主席が、ウイルスに関するインターネット上での検閲をさらに厳しくすると発表した。 だが、気を付けなければならないのは、中国国内の武漢ウイルス報道に外国メディアが参加していないことだ。 「正義」はひとつではないというメディアの姿勢が大事では? 今、 テレビのワイドショーが多く展開する「報道」は、新聞社の記事などを素材にしてわかりやすいパネルにし、そこに詳しい背景情報を知る識者らに解説コメントを求めるスタイルが多い。

>

中国が隠蔽した新型肺炎、舞台裏で何が起きていたか 艾芬女医の使命感を無にした武漢市当局と中国の対米戦略(1/8)

複数の情報源を比較して、信頼度の判断を 新型コロナウイルスが人工ウイルスという説は、専門家によってすべて否定されている(文末文献参照)。 30日以内にどうするかというのを具体的にはしていませんから、この後いろいろ含みをもたせた対応をとってくるのだと思います」 国際記者が長かった人らしい立場から「トランプ氏の思惑」に重点を置いて解説した。 2003年春、同じく中国発の重症急性呼吸器症候群(SARS)が周辺国と東南アジアに感染拡大した際、台湾でSARS対応の陣頭指揮を執っていた当時の総統、陳水扁氏は筆者(矢板)の取材に対し、「中国当局が発表した感染者と死者数だけではなく、ほかのデータも捏造されたものが多いため、私たちは翻弄された」と証言した。 (患者は武漢市の華南海鮮卸売市場で働いていたことが後に判明)。 トランプ米大統領は18日、オンライン会議形式で年次総会を開催している世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に宛てた書簡をツイッターで公開した。 西陸網は1月26日に「 新型ウイルスはアメリカがつくった中国人だけに作用する生物兵器だ」という陰謀論系の記事を掲載していたのだが、郭文貴氏はそれを逆手にとり、人工ウイルスであることを中国が認めたと曲解し、「中国の生物兵器である証拠だ」と論理を飛躍させて拡散した。

>

【新型コロナ速報】世界で死者150万人突破

法輪功で董宇紅氏が行った主張は、世界のウイルス研究者たちにはまったく相手にされなかったが、それでも世界の反中国勢力の間では、その後もしばらく引用され続けた。 NHK-BS1『デジタルハンター』中国の感染者らの投稿の削除と復旧を追跡した米紙を報道 米紙「ニューヨーク・タイムズ」のビジュアル・インベスティゲーションチームのクリストフ・ケトルさんは今年2月に中国の武漢市について、インターネットで調査していたときに興味深い動きに気がついたという。 Yan博士は近々、ウイルスの起源と真相に関する報告書を発表する予定で、その内容は医学的根拠に基づいていると主張している。 「トランプ側の事情」を重視したテレ朝『ワイド!スクランブル』 VTRでトランプ大統領の言葉などを伝えた後で、コメンテーターの柳澤秀夫氏が解説した。 Peiris教授はWHOの「新型コロナウイルスによる肺炎のための国際保健規則緊急委員会」のアドバイザーとされている。 情報開示に消極的な中国の言い分をWHOがうのみにしているとの主張で、中国に圧力をかけつつWHO改革に向けて強い影響力を発揮するのが狙い。

>

新型コロナ「中国は何を隠ぺいしているのか?」をめぐるテレビ番組から見えたこと(水島宏明)

委員会は急増の理由を集計基準が変わったことに帰結し、検査結果だけではなく診察結果をも含めた人数だとした。 つまり、その後の約6週間、新たな感染者は約3500人しか増えていない。 李氏とほぼ同時に当局から注意を受けた医療関係者は計八人いたが、中国官製メディアは、武漢市の警察が「デマを広めた容疑者」を八人検挙したことを大きく報じ、「社会秩序を乱す行為は許されない」との解説記事もつけられた。 彼は飛び降りる前、妻に向かって「あなたに影響を与えたくない」と一言だけ残したという。 同じ日、湖北省衛生健康委員会は前日に14,840人の新たな感染者が確認されたと発表した。 すぐに呼吸器内科の集中治療室(ICU)に移し、16日の患者と同様に処置。 市民の窮状を訴える動画や画像が中国国内のSNSで拡散されていた。

>

新型コロナ「中国の隠ぺいで世界の対応に遅れ」 米大統領補佐官が批判

発生源の突き止めも大切ではあるが、ここではとりあえず、武漢で感染者が見つかって以降の初動と対処がどうであったかを艾芬主任の手記から引き出してみる。 日本のメディアがこうした分野の取材をやっているという話は筆者はまだ聞いたことがないが、日本でも今後は必要な分野だと思う。 この日の『ひるおび!』も時間を割いて伝えていたが、米中のつばぜり合いは新型コロナのワクチン開発をめぐる大国同士の「権益争い」という様相を見せている。 しかし2020年1月9日、WHOは声明を発表。 中国政府は感染の再発にピリピリしている。 病床管理の同僚が、耳元で「艾芬主任、医師は『コロナウイルス』と報告しましたよ」と何度も強調。 当局は9日になり「専門家チームが新型コロナウイルスを7日夜までに検出した」と発表した。

>

中共による新型コロナウイルス隠蔽の経緯(六)

4月8日、武漢市の封鎖を解くときに、朝日新聞など一部の親中的な外国メディアだけを受け入れ、武漢を取材させたが、ほとんど中国当局が見せたいものしか取材していない。 そのことによって感染が世界中に広がった。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。 中国・北京で新型コロナウイルスの消毒作業を行うスタッフ。 内部情報が外に漏れるというのは、中共社会では許されないことで、中共は公開する情報を全てコントロールしている。 いま、日本のメディアのなかに、「コロナ対策に成功した中国の経験を学ぶべき」といった論調も浮上している。

>