情報 処理 の 促進 に関する 法律。 情報処理の促進に関する法律の全文・条文

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度の見直しについて:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

現状として、レガシーシステムが数多くあり、これにより維持費が予算の9割を占める状況です。 他業種についても、それぞれの特性に合わせてこうしたリファレンスケースの策定・提示を進めていく予定です。 )から負債(次に掲げる業務に係るものを除く。 経済産業大臣は情報処理に関する業務を行う者の技術の向上に資するため、情報処理に関して必要な知識及び技能について情報処理技術者試験を行う(同条第1項)。 法令の情報• (ソフトウェア開発技術者試験とアプリケーションエンジニア試験に試験範囲の一部を継承し、廃止)• Certified Information Systems Security Professional• 附 則 [昭和57年4月16日法律第28号] [抄] (施行期日) 1 この法律は、昭和五十七年十月一日から施行する。

>

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度の見直しについて:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

該当する情報はありません。 )を経済産業大臣(電子計算機に電気通信回線を接続してする情報処理のために開発するプログラムに係る部分については、経済産業大臣及び総務大臣。 独立行政法人 [ ]• 7 独立行政法人情報処理推進機構は、試験事務の実施に関し前項に規定する経済産業大臣の権限(情報処理技術者試験を受けることを禁止することに限る。 十三 前各号の業務に附帯する業務を行うこと。 この場合において、同項中「前項」とあるのは「第二十九条第二項」と、第十一条(見出しを含む。

>

情報処理の促進に関する法律 昭和45年5月22日法律第90号

( システムアナリストと統合し、ITストラテジスト試験を後身とする)• 改正:• 会議録のタイトルからは国会会議録検索システムのテキスト表示画面に、本文PDFへのリンクからはPDF表示画面に、それぞれリンクしています。 一 情報処理の振興を図るため利用を特に促進する必要がある電子計算機 二 情報処理の振興を図るため開発を特に促進する必要があり、かつ、広く利用される種類のプログラム(主として一の事業の分野における情報処理を目的とするものを除く。 (地域事業出資業務勘定) 第八条 附則第二条第一項の規定により機構が協会の権利及び義務を承継したときは、附則第十五条の規定による改正前の新事業創出促進法附則第十五条の規定によりその経理についてなお従前の例によることとされた旧地域ソフトウェア法第七条第一号の規定による出資に係る経理については、その他の経理と区分し、特別の勘定(次項において「地域事業出資業務勘定」という。 (秘密保持義務)第二十五条 情報処理安全確保支援士は、正当な理由がなく、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。 IPAでは、本日よりDX認定制度のWeb申請受付を開始します。 (地域ソフトウェア教材開発承継勘定) 第七条 附則第二条第一項の規定により機構が協会の権利及び義務を承継したときは、その承継した資産及び負債のうち同条第六項第三号に掲げる業務に係るもの並びに地域ソフトウェア教材開発承継業務に関する経理については、その他の経理と区分し、特別の勘定(以下「地域ソフトウェア教材開発承継勘定」という。

>

情報処理の促進に関する法律の全文・条文

本日、「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」(令和元年法律第67号)が施行されました。 4 前条第一号に掲げる業務に係る勘定(次項において「第一号勘定」という。 本制度の詳細については、追って経済産業省のウェブサイトにて御案内します。 二 前号に掲げる業務に係るプログラムについて、対価を得て、普及すること。 2 政府は、第四十三条第一項第一号及び第二号に掲げる業務に必要な資金に充てるため又は第四十六条第一項の信用基金に充てるため必要があると認めるときは、予算で定める金額の範囲内において、機構に追加して出資することができる。 加えて、指針に沿った優良な取り組みを進める企業を評価する認定制度「DX(デジタルトランスフォーメーション)格付(仮称)」を始める。

>

情報処理の促進に関する法律 昭和45年5月22日法律第90号

5 独立行政法人情報処理推進機構が試験事務を行うときは、前項の規定による受験手数料は、独立行政法人情報処理推進機構に納付するものとする。 情報処理の促進に関する法律 通称・略称 情報処理促進法 昭和45年法律第90号 種類 産業法 効力 現行法 主な内容 情報処理技術の促進について 関連法令 なし 条文リンク 情報処理の促進に関する法律(じょうほうしょりのそくしんにかんするほうりつ、昭和45年法律第90号)は、の進展を踏まえて、の促進について定めているのである。 (経過措置) 第三条 この法律の施行前に情報処理振興事業協会に対してされた出資は、改正後の第三十条第一項の信用基金に充てるべきものとしてされた出資とみなす。 第二十三条 機構が登録事務を行う場合における第十六条、第十七条、第十八条第一項、第二十条及び第二十一条の規定の適用については、これらの規定中「経済産業省」とあり、「経済産業大臣」とあり、及び「国」とあるのは、「機構」とする。 )の最後の事業年度に係る通則法第四十四条第一項又は第二項の規定による整理を行つた後、同条第一項の規定による積立金があるときは、その額に相当する金額のうち経済産業大臣の承認を受けた金額を、当該中期目標の期間の次の中期目標の期間に係る通則法第三十条第一項の認可を受けた中期計画(同項後段の規定による変更の認可を受けたときは、その変更後のもの)の定めるところにより、当該次の中期目標の期間における第四十三条に規定する業務の財源に充てることができる。

>

「情報処理の促進に関する法律」に基づくDX認定制度のWeb申請受付を開始します (METI/経済産業省)

3 第一項の指針を定めるに当たつては、あらかじめ、関係審議会等の意見を聴くものとする。 4 前三項に定めるもののほか、情報処理技術者試験に関し必要な事項は、経済産業省令で定める。 七 前各号の業務に附帯する業務を行うこと。 なお、翻訳は公定訳ではなく法的効力はありません。 改正:• )又はサイバーセキュリティ基本法第三十条第一項の規定による事務を行う。

>