Speed wi-fi next wx06。 【Speed Wi

WX06とW06を比較 買うならどっち?

そしてこの数値だけ見るとW06に惹かれるかもしれませんが、圧倒的に速いW06にも注意点があります。 それは家電製品の多くが2. 例えばスマホ・PCと同時に接続したときに、スマホは2. 価格コムさんの人気ランキングでは• ポイント2. となると、WX06と同じ最大速度になってしまいます。 WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 (メーカー調べ) 対してW06はクレードル自体がありません。 月間300円ほど割高ですが、サポート料金と考えれば妥当かな、と感じています。

>

Speed Wi

この辺りはあいまいな表現になってしまうため、次の項目で紹介する実測値比較でみていきましょう。 データ容量7BGの基準は、下記の通りです。 とくに端末代はプロバイダによって0円~19200円と差が激しいので、契約期間に支払うトータル料金で考えないと正確に損得を判断できません。 4GHzのみの混雑状況を確認でき、手動で5GHzに切り替えることができましたが、「WX06」は自動で切り替えが可能です。 さすがに全国に平等に対応基地局を設置できないため、人口が多く利用者数も多い都市部限定となっています。 以下に『Speed Wi-Fi NEXT W06』のレビュー記事も書いています。 アマゾン・・・3999円~(前月は5499円~)• WX06とWX05の実測を比較(平日) 下り 上り ping WX06 22. 実際には、6時間半もバッテリーが持てば、基本的に不自由なくインターネットが楽しめるかと思います。

>

Speed Wi

しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 WiMAX WX06と無制限wifiを比べると、スペックはWX06の方が断然上になります。 機種:W06• アマゾン・・・3800円~(前月3180円~)• 値が小さければ小さいほど回線が安定しています。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 Wi-Fi電波は2. メリット:バッテリーが長持ちする 「WX06」は、一番優れている現行端末の 「W06」よりも、LTEモード使用時で約2時間、通常時で約4時間バッテリーが長持ちします。

>

【Speed Wi

WX06&クレードル だいたい18〜19Mbps🤔 まーこんなものか。 WiMAX端末届いた。 GMOとくとくBBを選ぶ人は要注意です。 4GHz帯を利用• どの端末も利用者が帰宅後ネットを使い始める時間帯にこれだけの速度が出るなら不自由しません。 料金プラン:ギガ放題• 2泊3日の旅行で携帯していくとして、外出時に充電するチャンスがなかったならWX06の14時間は大きな安心に繋がります。

>

Speed Wi

9mm 前面デザイン 高さはほぼ一緒で、幅はWX06のほうがかなり小さめ。 3位・・・WX06 と僅差ながらW06が人気のようです。 自宅より外出先でよく使う 生活圏が都市部中心でクレードル不要ならスペック面で上回るW06がおすすめです。 1日約14時間も使えたら十分すぎるレベル。 タッチパネルの反応は遅め• WX06のクレードルもセットで使えば送信だけでなく、受信面でも大きく安定性を向上させられるでしょう。 どこで買うとお得か? 専用クレードルとセットで使うことで安定性を高められるWiMAXモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」が登場しました。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 料金 端末選びの参考にご利用ください。

>

騙されるな!WiMAX機種で「WX06」をおすすめできない全理由

まずは「WX06」の唯一のメリットから解説します。 WX06の端末代が無料で、実質月額料金が安いのは、ブロードワイマックスです! \ 当サイト人気NO1/ >> 解約時のことまで考えて、選ぶ WiMAXは入口(キャンペーンや料金)だけではなく、 出口(解約)まで考えてプロバイダを選んだ方が後々の後悔は少ないと考えています。 デザインとサイズの違いを比較 見た目に集中できるよう同じ色(ホワイト)で比べていきます。 バッテリー持ち• 反対にメルカリやヤフオクは値上がり傾向です。 でもいまなら比較的状態のいいモデルが5000程度円で手に入ります。 4GHz帯 左に同じ サイズ 幅 111mm 高 62mm 厚 13. 速度が一時的や瞬間的に速い端末を使うよりは安定して快適な通信が常にできる状況が何よりもインターネット回線に求める条件の一つには違いありませんのでNECの目の付け所は間違いないと思っています。 計測方法は、1時間ごとに2回ずつ計測して平均値を出し、各時間ごとの平均値をさらに集計し1日の平均値を出しました。

>

騙されるな!WiMAX機種で「WX06」をおすすめできない全理由

上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 W06でメーカーがアピールしたいポイントは最大速度1237Mbpsにあるので、クレードル利用時のLANケーブルでは1000Mbpsまでしか対応していないため魅力は半減してしまいます。 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。

>