蒼茫 の 大地 滅ぶ。 蒼茫の大地、滅ぶ

蒼茫の大地、滅ぶ : 西村寿行

「ダイヤモンド・ボックス」1982年2月号• 『牛馬解き放ち;太政官布告第二九五号』 1982年(「」1981年8月-1982年1月号)• 『白い鯱』講談社 1981年(「週刊現代」1980年3月6日-11月13日号)• いずれの作品においても、二人は巨大組織の陰謀に巻き込まれ、拉致監禁の上、奴隷として飼われるが、最後には仲間の協力も得て復讐を果たす。 『妖獣の村』光文社 1979年• 日本国 [ ] 畦倉(あぜくら) 日本国総理大臣。 パニック小説と聞いて今でも一番に思い浮かぶのは の『 』とこの作品です。 『』祥伝社 1978年(「」1977年10月-78年7月号)• 地方行政委員会に喚問された野上と激しく論争する。 バッタは青森県に着陸するやいなや稲や野菜をはじめとする緑という緑を食い荒らし、高い機動力で次々と緑に襲いかかり、大地は焼け跡と化した。 鼠大発生のモチーフは短編「憑神」(『憑神』)にも用いられている。

>

故郷危うし!日本唯一のバッタ小説を読む

『魔の牙』 連載 芳文社(全2巻)• この作者が一番脂がのっている時期の作品ではないでしょうか。 『虎落笛』徳間書店 1980年• 作品リスト• 「西村寿行サスペンス 瀬戸大橋殺人海流 愛犬が暴く完全犯罪! (7月6日更新予定). 『』(1979年、大映)• 『濫觴の宴』光文社 1983年• 「ダイヤモンド・ボックス」1982年2月号• 作品リスト• 『濁流は逝く者の如し』勁文社 1999年(短編集、既刊本からの再録)• 生きる術を失った人々はパニックに陥る。 東北から選出の国会議員たち 与党所属の47人の・の議員たち。 などしてくださる(/)。 において政府が決定したのは、被災地にわずか6,000億円の救済費を割り当てることと、によって日本経済を立て直すということであった。 『風の渚』光文社 1987年(「小説宝石」1987年1-4月号)• 奈落に落とされた男の復讐劇を柱にして、謎の影に国家レベルの陰謀が隠されているといった設定が多い。

>

【おっさんが通勤電車で読む小説】時代の寵児西村寿行の傑作を紹介!【五選】

「花に三春の約あり」と「妖しの花乱れにぞ」は紀魅が主人公の二部作。 『』(上・下)講談社 1978年• また、による無差別大量殺人を扱った『』などのクライムノベルのスタイルの作品、死神シリーズ、鯱シリーズなど超人的な能力を持つ主人公が活躍する作品も多い。 渚シリーズ 特別警備監の関守充介が海を舞台とする事件に立ち向かう。 若者は最寄りの守備隊へ加わるように……。 『妖獣の村』光文社 1979年• バッタの群れを蹴散らそうと出撃した戦闘機はバッタの群れに巻き込まれ、エンジンがバッタを吸い込み、一機20億円が20機墜落する。

>

【おっさんが通勤電車で読む小説】時代の寵児西村寿行の傑作を紹介!【五選】

「西村寿行スペシャル 伊豆天城越え殺人山脈 愛犬が暴く完全犯罪! 後にハードロマン的作品に比重が移っていき、ミステリ的作品は主に短編で書かれた。 ( Kindle版 下巻 : 内容紹介より) 文庫本で上下二巻の、西村寿行のパニックロマン長編小説です。 『血の翳り』祥伝社 1980年(『』1979年197-1980年228号)• 彼らが青森県を中心に婦女暴行や略奪を繰り返したことで守備隊本体への信頼が失墜。 スクランブルで出撃した戦闘機が目にした異常物体の正体は幅10km長さ20kmにも及ぶバッタの大群。 『蘭菊の狐』光文社 1981年• 平川 自衛隊の陸将で、尾形の退職後に第一空挺団長となる。 『鷲の啼く北回帰線』徳間書店 1981年• フェア• 香江は彼を手足を縛ったままへ投げ込んだ。 直後に矢代に殺される。

>

西村寿行

奥州国に自衛隊を差し向けようとする首相を止めようとするが、により暗殺される。 また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。 作家は実兄。 群れが餌を求めてに流れ込めば、日本政府は奥州国を抑えるどころではなくなり、その間に奥州国は豊かに復興できる。 『執鬼』徳間書店 1988年(短編集)• この後東北内の各師団からの武器を持ち出しての脱走が相次ぐ。 『滅びの宴』光文社 1980年• 逢魔シリーズ 明鏡流杖術の奥義を会得した美人女性武術家「逢魔麻紀子」「紀魅」母娘がそれぞれ主人公のハード・ヴァイオレンスノベル。 『われは幻に棲む』の退職刑事浜村千秋も、同じく九鬼神流杖術の使い手。

>

【おっさんが通勤電車で読む小説】時代の寵児西村寿行の傑作を紹介!【五選】

- この項目は、 に関連した 書きかけの項目です。 『牙城を撃て』(上・下)スポニチ出版 1976年• なお、漫画版では山伏トンネルで攻撃されたのは囮部隊であり、刑部は最後まで生存している。 矢神は野上と最後まで行動し、彼の遺体を運び去る。 酒癖が悪く、編集者たちに「オマエは人間のクズ」と言い捨てるのは日常茶飯事で、自宅玄関に立たせたり、プレジャーボートから突き落としたりということもあった。 『世にも不幸な男の物語』徳間書店 (短編集)• 鼠大発生のモチーフは短編「憑神」(『憑神』)にも用いられている。 『悪霊刑事』は人間に卵を産みつける蠅がで大発生する。 『世界新動物記』勝利出版 1971年•。

>

故郷危うし!日本唯一のバッタ小説を読む

独立した奥州国に自衛隊を派遣し鎮圧にあたった。 初期のなど多くの作家に影響を与えた。 海への思いは『遠い渚』(カッパノベルズ版、1980年)の「著者のことば」では「わたしは海で生まれた。 『魔笛が聴こえる』文藝春秋 1977年• (撮影者:前野ウルド浩太郎) 軍事レーダーが捉えた超巨大物体は、日本海を渡って日本本土に接近していた。 『わらの街』実業之日本社 1979年• ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

>

蒼茫の大地、滅ぶ (上)

いっぽうで政府は日本国内にある備蓄米を全て都市部へ集めた上で配分する方針を立てる。 1978年、『安楽死』が「」誌日本長編推理小説ベスト99に選出• 磯で遊んだり、潜ったりして育った。 無頼船シリーズや癌病船シリーズには的要素も濃い。 趣味としていた狩猟ではで猟師同然の生活をしていた時期もあるほどで、野生動物の知識のほか、「人間より犬が好きだ」と公言するほどの猟犬に対する格別の愛情を持ち,これらが元となって多くの動物小説を書き、また他の作品でもそれが生かされている。 『石塊の衢』双葉社 1983年• 『頻闇にいのち惑ひぬ』光文社 1983年• 交渉は決裂し、第九師団から攻撃開始を伝えられた直後、野上の暗殺(実際は替え玉)が報道される。 収入どころか失職のピンチ。

>