アテンザ ワゴン 燃費。 アテンザスポーツワゴン(マツダ)の燃費|中古車なら【カーセンサーnet】

【マツダ アテンザ/アテンザワゴン 新型vs旧型違いを徹底比較】マイナーチェンジの変更点は?

40秒。 忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。 ソウルレッドクリスタルメタリックについてはこちら 【上品な質感へ】インテリアデザイン(内装)の変更点 新型アテンザはインテリアデザイン(内装)が大幅に変更されています。 マツダ・アテンザワゴンの任意保険料金の一例をご紹介します。 それにしても、WLTCモードの値はJC08モードのそれと違って結構現実の値に近いといえそうです。

>

マツダ・アテンザワゴンの維持費は?実は低燃費で家計に優しい!

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。 この代からアテンザはマツダのフラッグシップモデルとして明確に位置づけられました。 そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。 2Lとレギュラー仕様の2. 気筒休止とは、燃料を爆発させてエネルギーを作り出す機構「気筒」を、走行状況に応じていくつか使用しない(=休止させる)という技術です。 1か月の駐車場代相場で1番高いのは東京都の31,077円、1番安いのは長野県の4,144円で全国平均は8,288円です。

>

アテンザワゴン&セダン VS レヴォーグ 比較【外観、室内、燃費、価格、値引きなど】

どちらも一括査定サイトなどで現在の愛車を高く売って、その分で満足できる条件で契約するのがおすすめです。 3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。 これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。 レヴォーグ 286. JC08モード燃費達成率は約82. デザイン・走行性能・燃費と総じてよくできた車だと改めて感じました。 もちろん、このATの気持ちよさは基本的にエンジンを問わないのだが、変速の一発一発でそれなりのショックを繰り出すディーゼルに対して、2. 長距離高速走行において、トルクがあり疲れにくい。 僕的に価格以上の価値が有ると思います。

>

アテンザワゴンの中古価格・燃費|国産車とは思えないクールな雰囲気を醸し出す

0が採用されます。 アテンザワゴンの実燃費 いきなり結論ですが、納車して1年と少し、走行距離6,272kmのアテンザワゴン20Sプロアクティブの燃費は11. 2は、マツダの新しい燃焼コンセプトである「急速多段燃焼」を採用。 レヴォーグとアテンザワゴンの 大きさは以下のようになります。 普段意識せずに使う部分だからこそ各部のデザインを作り込むことで、心地よさの底上げが図られています。 マツダとしても内装の改良や質感向上に重点を置いており、従来型に比べて快適性と安全性が追求されました。

>

アテンザワゴン&セダン VS レヴォーグ 比較【外観、室内、燃費、価格、値引きなど】

JC08モード燃費達成率は約85%となり、合格が80%と考えるとこちらも素晴らしい値です。 5エンジンのリニアな味わいに拍車をかけているのが、マツダ製の6段ATである。 そして、レヴォーグもアテンザワゴンも、 世界レベルで大変魅力的な2台に仕上がっていますが、 その性格はずいぶん異なるので、選ぶ楽しみもありますね。 クリーンディーゼル最安値のアテンザXDが3,175,200円 税込 で2. 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。 一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。 ティーチング機能 無駄を抑えた運転のためのアシスト機能付き。 DPF詰まりに起因する、速度・回転数制限やエンジン停止などのECU(車載コンピューター)制御トラブルを防止します。

>

アテンザワゴンの燃費(納車1年)

ススの燃焼温度に達すれば、DPF内でススが燃焼します。 また、インテリジェント・ドライブ・マスターが搭載されていますが、 コーチング機能を「グリーンランプ(やさしい運転)」にすると、燃費の向上が期待できます。 2XD(ディーゼルエンジン、6AT)の数値です。 セダンと価格は変わらないようです。 しかし アテンザワゴンには、レヴォーグには設定されていない6MT仕様もあるので、走りの楽しさを味わうことには決して消極的なわけではなく、上記のように目指す方向性が異なるのです。 そのため充電のためのガソリンの使用を控え、燃費が良くなるという結果に結びつきました。 また、右足の微妙な力加減にリンクしたリニアリティーとピックアップは2. マツダカラーである「赤」の外装色を変更 マツダを象徴するボディカラーである「赤」。

>

マツダ アテンザ ワゴン 実燃費レポート|気筒休止システムを新採用した2.5リッターガソリンエンジンの実燃費を徹底検証!(1/5)

エンジンの再スタートにかかる時間は、ガソリン車が約0. スムーズな再始動は流石の一言! インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM) i-DMの「コーチング」と「ティーチング」の機能により、運転操作の中の無駄を抑えたスムーズな運転をサポートします。 まず、圧倒的に速く静かになりました。 家族3人が快適に移動できる。 スートルは、ススの除去に効果のある製品です。 低燃費にはさまざまな手法があり、ハイブリッドやe-powerなど各社が開発を重ねていっていますが、中には新車から乗り始めて2,3年後で、大きく燃費の落ちるものや、市街地はともかく、とにかく高速域での燃費が悪いものがあります。

>