フィリップ ジャル スキー。 インタビュー:フィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー)|東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール

『カルダーラ・イン・ウィーン』『マザランの音楽会』 フィリップ・ジャルスキー(2CD)

関連アーティスト•。 ・・・Steffani作の「テーベの女王ニオベ」の隠し撮り。 1642年にリシュリュー、1643年にルイ13世が相次いで死ぬと、摂政となった大后アンヌ・ドートリッシュの相談役兼ルイ14世の教育係となり、実質的な宰相であったようです。 私にとって大事なのは自分でリサーチして、素材と直接に触れ合うこと」と語り、忘れ去られた作品に再び光を当てることに執心するジャルスキーによるアルバムで、アイムとは2度目の共演。 静止画像に歌詞付き。 ジャルスキー君自らの解説付き。 J:カウンターテナーではジェラール・レーヌ、アンドレアス・ショル、デイヴィッド・ダニエルズらから影響を受けましたが、僕がもっとも尊敬しているのはチェチーリア・バルトリです。

>

ジャルスキーが歌うバロック・オペラの世界

・・・ライヴ動画。 ここに収録された音源は、これまで歌ってきた彼のそうした幅広いジャンルの演奏から取られたものです。 ・・・ライヴ動画。 フェア• 題名をクリックすると別画面が開いてつながります。 フェア• Andreas・Scholl(アンドレアス・ショル)さんとのデュエット。

>

[mixi]Jaroussky in YouTube

そして2010年に2度目のヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジーク賞「年間最優秀オペラ・アーティスト賞」を受賞。 同じくヴェニスバロックオーケストラ演奏のゆったり伸びやかな美しい曲。 」(僕の好きな鳥!)って喜んでいる(フィル君の好みをバッチリ把握している日本のファンの情報網はすごいのだ)。 5歳で即位したルイ14世の愉しみのひとつがダンスで、作曲家として、また、ダンス教師として王の心を捉えたのがリュリで、贅を尽くした王の生活を支えたのがジュール・マザランであり、芸術に関してもその時にフランスへイタリア音楽を普及させました。 お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

>

Philippe Jaroussky / フィリップ・ジャルスキー ディスコグラフィー

一聴控えめでシンプルに聴こえるかもしれませんが、その中には独特な旋律と調和の味を持っています。 自在なブレスコントロールと目の覚めるようなアジリタ コロラトゥーラ の技巧で、カストラートの至芸のために書かれた超絶技巧アリアを甦らせます。 英語やドイツ語でインタビューに答える語学力のあるフィル君ですが、動物や植物の名前って普段はあまり接しないから、覚えるのが大変ですものね。 その音楽性はもちろん、知られざるレパートリーに光を当てようという彼女の姿勢には強く感服します。 2019. 新しいクラシカ・ジャパン プラスをお楽しみください。

>

Philippe Jaroussky / フィリップ・ジャルスキー「Caldara in Vienna & Un Concert Pour Mazarin / 「カルダーラ・イン・ウィーン」「マザランの音楽会」【輸入盤】」

でも昨年、半年間コンサート活動から休みを取って、低い音域の発声も強化し、また中音域の声の響きも増してきたと思うので、今後はもっとアルトのレパートリーも歌っていきたいと思っています。 ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 『Stabat Mater』ではルミューお姉さまが歌っている。 ・・・ライヴ動画。 透明感の溢れる美声、端正な歌い込み、音楽へのひたむきな対峙といった声楽陣の持ち味が、最大に引き出された天空の音楽です。 「手稿に直接触れるのは歴史に触れるようなもの。 お客様にはお手数をおかけいたしますが、もしそのような場合はカスタマーセンターまでお問合わせください。

>

インタビュー:フィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー)|東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール

・・・ライヴ動画。 ロンドンのサイン会は、とっても和やかでゆるーい感じでした。 近現代における楽曲もレパートリーにしており世界中で披露している。 マテウスとスピさんのカッコイイ演奏。 電子洋書• レクイエムの中の曲をジャルスキー君が朗々と歌い上げている。 ・・・ライヴ動画。 上の続き。

>

ワーナーの古楽廉価盤Veritas x 2シリーズ最新作~フィリップ・ジャルスキー、エマニュエル・アイム

・・・ヘンデル作「アグリッピーナ」でバカ息子「ネローネ」を演じる。 アイコン説明. Rossi作オペラのレチタティーヴォ(朗唱)。 そして最後はピッコロになる。 この最新録音では、純なバロック音楽演奏に戻り、ドイツ・バロックの美しい宗教的作品を収録いたしました。 ヨーロッパでは今や大人気で、しかも愛好家だけではなく音楽家仲間からも高く尊敬されている逸材です。 そしてわかったことは、ジャルスキー君のたぐい稀な歌声が精神バランスを取るのにとても役立つということです。

>