ドコモ 子会社 化。 NTTがドコモを完全子会社化、さらなるグループ再編の布石に

NTTがドコモを完全子会社化、さらなるグループ再編の布石に

4・3兆円の効果が期待される。 そこでの競争になっていくんではないかと思うんです。 NTTによるドコモの完全子会社化を巡っては、KDDIとソフトバンク、楽天傘下の楽天モバイルなど通信事業を手掛ける28社が11日、公正な競争が阻害されかねないとの意見書を総務相に提出した。 長距離と国際についても前述の新規通信事業者との間で、激しい競争がくり広げられたが、2000年代に入ると、電信電話サービスの主役は携帯電話事業に移行し、DDI、IDO、KDDの合併によるKDDIの設立、英VodafoneのJ-フォン買収による参入、ソフトバンクによる買収など、携帯電話会社を軸にした業界再編が進んでいく。 今回の取り組みは、値下げ議論とはまったく独立したもの。

>

NTTの「ドコモ完全子会社化」は大失策。日本がスマホ後進国になる日

撮影:小林優多郎 一部報道では 「ドコモが内向きすぎる。 総務省としては、本当にこのままでいいと思っているのか。 「政府に言われたからということではなくて、お客様に良いサービスを出す、ということはこれまでも積極的に取り組んできました。 髙橋氏 そういったお声には「頑張ります」ということに尽きます。 だが、携帯電話を肌身離さず持っている日本人の使い方を見ていると、結局は大多数の人が大容量の通信可能なプランを選ぶ。

>

「強すぎるNTT」復活の懸念も ドコモ完全子会社化を読み解く(石野純也)

ドコモの完全子会社化に続く、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアの再編が起れば、グループとしての競争力はさらに強化できそうです。 当初はポケットベルのサービスを提供し、1979年に自動車電話サービス、1987年に第一世代となる携帯電話サービス(アナログ方式)の提供を開始した。 ドコモは、公開買い付けの成立を条件に、期末配当予想を無配に修正する。 ドコモの気風 NTTドコモというと、『電電公社』という国有の特殊法人から生まれた企業というイメージが強調されがちだが、筆者が3Gサービス開始時のイベントに、大星会長といっしょに出演したときの印象などから推測すると、NTTドコモはNTTグループという縛りにとらわれず、比較的、自由に動き回ることができた会社だ。 それは上場子会社として、少数株主への意見も配慮しなければならないというドコモの事情もあった。 NTTドコモの完全子会社化は、2018年に実施したNTTグループの海外事業再編に次ぐ、さらなる再編の布石になる。 R&D(研究開発)部門が連携し、第6世代(6G)通信システムや、NTTが次世代通信技術として提唱する「IOWN」構想などの先端技術の研究開発を強化する。

>

「強すぎるNTT」復活の懸念も ドコモ完全子会社化を読み解く(石野純也)

NTTの澤田純社長は「グローバルレベルでダイナミックな環境変化が起きている」と見る。 このタイミングで値下げが実現する可能性もあり、そうなれば菅首相の自民党総裁選出馬時の公約は果たされることになる。 法林氏 極端な例かもしれませんが、採算の上がらない設備をインフラ会社に押し付けるとか。 予めご了承ください。 今回の件は規制当局や総務省にも説明を行い、法制度上問題ないと認識している。

>

ドコモを子会社化するNTTがGAFAに肩を並べる条件とは

髙橋氏 「独占回帰」と「公正な競争政策」って相反するものですよね。 AERA 2020年10月12日号では、再編を迫られる通信業界を取材した。 国内事業に特化しすぎている」というNTT幹部の意見があり、今回の完全子会社化につながったとも言われる。 。 そこで、NTTは、グループを横断してのリソースとアセットの戦略的活用と意思決定の迅速化が不可欠であると判断した。

>

ドコモ完全子会社化の理由は値下げにあらず、NTTの新戦略を読む

買収総額は約4兆2500億円となる。 携帯電話料金の値下げ問題については、あらためて説明したいが、今回のNTT持株によるNTTドコモの完全子会社化は、三十数年にわたる通信業界の取り組みを根底から覆すものであり、公正な競争が担保できるのかどうかが非常に不透明な状況にある。 それらの設備は、公社時代に作られたものです。 NTTが子会社のNTTドコモに対してTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化することを決断した。 公正競争の側面では「NTT東西は法律に従って動きながら、今回はそれ以外の競争領域でドコモを強くしていくと総務省に説明した」という。 そこに「NTT独占回帰」は相反する行為ですので、政策面で注意を払っていただきたいと思っています。

>

NTTがドコモを完全子会社化、さらなるグループ再編の布石に

先々週の日経電子版「」で「菅総理が本気で料金値下げを実現したいのなら再国有化しかない」と書いたのだが、まさか現実になるとは驚いた。 NTT本体から切り出された際には、固定通信網が主流でした。 しかし、今後モバイルだけでなくAIやプラットフォームなど視野を広げて行く必要がある。 そんな中、1990年に政府が「日本電信電話株式会社から移動体通信事業の分離」の方針を打ち出し、1991年にエヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社が設立され、NTTドコモのブランド名で全国でサービスが展開された。 しかし、どういった戦略で目的を達成できるか。

>

NTTの「ドコモ完全子会社化」は大失策。日本がスマホ後進国になる日

法林氏 それは、ちょっと意外でした(笑)。 3~4000円でNTTドコモのサポートやネットワーク品質を享受できるのであれば、わざわざ格安スマホや楽天モバイルを選ぶ人がいるだろうか。 NTT東西も100%子会社です。 KDDIとしても全国に自前の光ファイバー網があるわけではありません。 これまで料金競争を作ってきた事業者が撤退ということになれば、最終的には3つのキャリアしか残らないということもあり得る。 の通りNTT(日本電信電話)、NTTドコモは29日、NTTによるドコモ完全子会社化について、共同記者会見を実施しました。 完全子会社化で、ドコモはNTTの中核企業に位置づけられることになりましたが、逆に自由闊達さや大胆さが失われてしまわないかを危惧しています。

>