オプトラン ir。 【6235】オプトラン IR情報、決算情報、社長の話、株価

【新規上場(IPO)銘柄】オプトランは光学薄膜装置を製造・販売、IoT関連など成長分野へ積極展開

バックガラスと生体認証はオプトランが選ばれたのだ。 。 都心の一等地のピカピカの高層ビルに入る企業が多い中、 同社は東証一部の企業では珍しく、オンボロ?な本社であった。 Japan as Number 1と呼ばれ、 特に、日本式経営が世界で注目されていた。 JSRは中国市場が弱い。 埼玉大学の大学院で真空成膜の技術を収めた。

>

6235 (株)オプトラン|「NET

どれが最適なのか。 オプトラン創業者の孫会長はこのシンクロンで開発課長であったそうだ。 その代表選手が現在の技術トップの範賓 ファンビン 常務だ。 大田区の中小企業の技術集積を前提にするのは自然だった。 同社は1月に光通信用DWDM(光ファイバー多重利用技術)真空成膜装置(NBPF)を全面刷新し、新型装置の開発を完了、受注・出荷を開始した。 ずっとフォローしたい、と心から願っています。 光通信では1mm角のガラスに200層にて分波のプリズムが形成される。

>

【新規上場(IPO)銘柄】オプトランは光学薄膜装置を製造・販売、IoT関連など成長分野へ積極展開

。 したがって空気と接して反射する面が50面あることになる。 そのとき、世界でもっとも難しい成膜装置を作ったノウハウはオプトランにはある。 2014年でお試しで当時のスマホ防汚膜向けのスパッタ装置を アップルがオプトランに初めて注文を出した。 こうした動きが顕著だという。

>

【6235】オプトラン IR情報、決算情報、社長の話、株価

起業は大成功したのだ。 1999年当時のITバブルはWDMのブームもすごかった。 2014 NSC-15 光学膜用スパッタ成膜 touchpanel, camera module,筐体 メタル・モード・スパッタ装置 と高反応プラズマ源とを組み合わせたもの。 17年12月期の売上は300億円を超え、前期比倍増。 孫会長のアイデアは採用されなかった。 バックガラス表面が難しいのは大面積に均一にしかも数層必要だからだ。

>

6235 (株)オプトラン|「NET

この分野では、株式会社シンクロン(横浜市)がナンバーワン。 表面の傷を低減する。 一時業務協力した。 IRcutも施す。 この状態が気体の電離状態。

>

【6235】オプトラン IR情報、決算情報、社長の話、株価

—生体認証と赤外線カットのためのフィルター— 生体認証は距離計測のためIR領域のみを通すため、50層もの膜が必要になる。 一方、IRcutフィルターは一般のカメラレンズにもれなく搭載されている。 ガラス筐体から再び樹脂筐体への置き換えを狙っている。 ここでは、気体イオンが急激に加速されて陰極に衝突する。 だが、いまの日本に必要なことは、自分を強く信じることなのかもしれない。

>

【6235】オプトラン IR情報、決算情報、社長の話、株価

おんぼろ本社に感動して 東京から一時間半。 いまどき、こんな質素な本社を見ることはあまりない。 ガラス筐体はアルミよりも電波が通しやすい。 わたしたちにしかできないことを企画して提案する側になりたいと思っています。 成長ドライバーとなったのは、iphone 8とiphone Xの仕様変更である。 光学蒸着はULVACにないからだ。 一方、中国人は、上司もへったくれもない。

>