リバプール 南野。 リバプール南野拓実、プレミアリーグデビュー戦の本当の評価は? 世界王者の攻撃陣の中では…

リバプールが4-0で完封勝利 南野拓実は出番なし

スペイン [12月3日 21:12]• セリエA [11月27日 10:51]• ここまでは大きな成果もなく、負傷者が多いにもかかわらず8日のマンチェスター・シティー戦ではベンチ外となるなどチーム内での序列が低下。 ベンチで燻る日々が続き、マンチェスターC戦ではついにベンチ外となった南野だが、先日のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦ではプレミアリーグ初のフル出場を果たした。 現地メディアも厳しめの採点を付けた。 セリエA [12月5日 11:24]• 名門の激しいサバイバルで土俵際の南野に、一発逆転のアピール機会は訪れるのか。 アンドリュー・ロバートソンがダニー・ウェルベックを蹴ってしまい、OFR(オン・フィールド・レビュー)の結果ブライトンにPKが与えられた。 スペイン [12月5日 10:30]• 過密日程による疲労を考慮されたセネガル代表FWマネ(28)や主将のイングランド代表MFヘンダーソン(30)がベンチスタートになった影響もあり、大きなチャンスが巡ってきた。 今冬の移籍市場での放出までも取りざたされている中、どうすべきなのか。

>

【リバプール】南野拓実、今季初フル出場もアピールならず 現地評価は最低タイが並ぶ

セリエA [12月6日 9:29]• 84分には、フリーキックにサディオ・マネが頭で合わせてゴールネットを揺らす。 アスパスと(同じような例の)アルベルトを見ればいい。 人と人の間に立つ選手へパスが入れば、一気に複数人を置き去りにすることができる可能性がある。 この活躍を受け、2016年にはスペイン代表デビューも飾った。 。 欧州CL [12月7日 23:11]• 日本代表では11月のオーストリア遠征でもゴールを決めたように安定して素晴らしいパフォーマンスを発揮する一方で、クラブでは思うように出場機会をつかめていません。 名門の激しいサバイバルで土俵際の南野に、一発逆転のアピール機会は訪れるのか。

>

南野拓実はサウサンプトンにレンタル移籍せよ! リバプールで序列暴落の理由と復活への提案

スペイン [12月7日 19:26]• セリエA [12月5日 8:52]• photo• あとは今季の残り試合でどこまでやれるか、少ないチャンスで明確な結果を出せるか。 シュート数もブライトンの11本に対し、リバプールは6本だった。 オランダ [12月6日 9:31]• 問題となったのは後半アディショナルタイムの場面。 英プレミアの強豪アーセナルに移籍した日本代表MF稲本は二軍リーグに出場した時、チームプレーを優先して自己アピールを怠り、トップチームでは出番がほとんどなかった。 南野としては、ミッティラン戦で与えてしまった悪い印象を払拭するための絶好の機会。

>

「南野拓実よりジョタの方が遥かに上」…リバプールOBが指摘する必要なこととは?

セリエA [11月23日 8:55]• ただでさえ狭い場所かつ寄せられやすい状況にあるので、そこをかいくぐるアイデアやコントロール力がなければ、格好の餌食となるからだ。 南野は彼らを反面教師としてほしい」(六川氏) リバプールの練習場ではギラギラとした目で猛烈アピールすべし、である。 パスを受けても無難な横や後ろへの捌きが多く、攻撃を活性化させるに至らない。 やはり攻撃的な選手に求められるのは、ゴールやアシストといった目に見える結果です。 そのため来年1月の冬の移籍市場での移籍も取りざたされているが、英紙「リバプールエコー」は「FWイアゴ・アスパスがリバプールと南野への警告だ」と題して、同様の状況で放出した選手が他クラブで活躍した例を挙げて失敗を繰り返さないよう忠告した。 そして、南野にも言及。 プレミア [12月1日 20:30]• 移籍後リーグ戦では3度目となる先発のチャンスを活かせるか注目だ。

>

南野拓実のリバプールでの寿命は縮んでいる。ブライトン戦で格好の餌食、致命的だった数字とは【分析コラム】

問題となったのは後半アディショナルタイムの場面。 ゲームへの入りは、決してネガティブなものではなかった。 08 年齢的に勝負したかった気持ちは察するけどリバポは背伸びしすぎたなあ 引用元:. ボールの逃げ所としてはいいかもしれないが、攻撃の活性化に関与できないので、パスを預けてもほぼ意味がないからだ。 背番号18はチャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグ第2節のFCミッティラン戦で先発起用されたものの、ディボック・オリギと共に低パフォーマンスを露呈。 リーグ戦では、まだゴールもなく、プレシーズン(コミュニティーシールドのアーセナル戦)での1点だけですよね。 ボールタッチ57回でロストは14回、デュエルは10回中9回負け。 ブンデス [11月30日 8:39]• セリエA [11月14日 23:07]• プレミア [12月5日 17:52]• イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実(25)がいよいよ崖っぷちに追い込まれた。

>

リバプールで苦戦する南野拓実…地元紙はアスパスらと比較「活躍できる可能性はある」

南野は前半から悪くないペースでボールに触れていた。 プレミア [12月1日 10:26]• このような場面が目立った。 タキ(南野)は練習で良いプレーを見せている。 ポジションは慣れていないインサイドハーフだったが、好パフォーマンスを示し続けることが求められていた。 プレミア [12月2日 17:56]• セリエA [11月30日 11:30]• プレミア [12月7日 10:23]• プレミア [11月29日 10:19]• 辛口の英メディアからの〝後押し〟を受け、奮起を期待したいところだ。

>

リバプールで苦戦する南野拓実…地元紙はアスパスらと比較「活躍できる可能性はある」

ブライトンの餌食になったと言わざるを得ない。 (Goal. セリエA [11月15日 18:15]• 完全フリーとなった11番はそのままゴールに向かい、冷静にシュートを流し込んだ。 試合終了前の〈時間稼ぎ要員〉に過ぎない。 そして、ブライトン戦における南野はまさにそれだった。 その後スペイン1部のセビリアを経て移籍したセルタで5年間で89ゴールと大ブレークし、その実力を証明した。 セリエA [12月6日 9:26]• これまで離脱した選手の穴を高レベルに埋めてきたベテランの不在は、ただでさえ故障者の多いリバプールにとっては大ダメージ。 そして、2015年夏からはセルタに復帰し、ここまでの5シーズンで毎シーズン二桁ゴールを記録するなどの好パフォーマンスを維持している。

>

【南野拓実】リバプール南野ベンチ外降格危機…CLで19歳コンビが大仕事|サッカー|日刊ゲンダイDIGITAL

スペイン [12月7日 14:50]• 慣れないインサイドハーフでの90分間だったとはいえ、ここまでインパクトを残すことができなかったのは問題だ。 しかし、チームには負傷者が多くスイス代表MFシャチリ(29)やスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)が前節に続き欠場。 ただ、これはパスを出す側の技術ももちろん、受ける側の技術も相当重要。 しかし、90分にわたってインパクトを残すことに苦戦し、各メディアの評価もチーム最低になるなど、間もなく加入1年になろうとする同選手への風当たりは強まるばかりだ。 それでもベンチ入りは続けていたが今回はついにベンチ外に。 ただでさえ狭い場所かつ寄せられやすい状況にあるので、そこをかいくぐるアイデアやコントロール力がなければ、格好の餌食となるからだ。 22日のレスター戦の出番は後半44分からだった。

>