やまと 尼寺。 まっちゃんが、下山後お寺を訪問(やまと尼寺精進日記)

やまと尼寺 精進日記

しかしどう考えてもいまの観音寺の方々の様子は、スローライフと呼ぶにはちょっと忙しすぎるのかもしれないと感じていました。 ゲストの慈瞳さんのコーナーは準備中です。 そうだったのか…。 私も庭に生えてるヨモギやユキノシタを天ぷらにしてみましたが、さっぱりして美味でした。 それなのに二人ともいなくなってしまうとどうにも番組は続けられないでしょう。 四季折々の尼寺、訪ねてみませんか?奈良の山深いお寺に暮らすのは、愉快で聡明な2人の尼さんと、働き者のお手伝い、まっちゃん。

>

やまと尼寺精進日記 最終回 なぜ終了の理由

お寺の朝はラジオ体操から。 私が住んでいる地域ではまず見かけない……と思います。 宿泊料金は一泊二食7000円から 1万円客室6室で最大20名まで収容することができます。 住職 後藤光榮さん 副住職 佐々木慈瞳さん お手伝い歴6年 まっちゃん 急な山道を40分登ってたどり着く奈良の尼寺。 観音寺の生活の中での、ちょっとしたコトや場面など、イラストや写メでアップされると番組のファンとしてはとても嬉しい^^。 「庭の草ドレッシング」というご住職が愛情込めて育てているお庭からなんでもとってきて、それをみじん切りにし、香草塩とオリーブオイルと酢と黒酢とだししょうゆに混ぜるというすごくおしゃれなドレッシング! 分量は、 お好きな草たち 青じそ・赤じそ・レモンバーム・ウイキョウ・ミョウガ 香草塩(干して砕いた野草に塩を混ぜたもの):小さじ3 青じそ・バジル・ローズマリー・ペッパー・エゴマ・山椒の皮 オリーブオイル:320cc 酢:150cc 黒酢:50cc だししょうゆ:30cc となっていましたが、家庭で作るにはちょっと多いですね。

>

【奈良市】「やまと尼寺精進日記」の裏話など普段は聞けないお話を聞けるかも?! 音羽山観音寺 後藤住職による 天平アフタヌーンティー

しかし今年はお参りの方たちには、ペットボトルのお茶と袋入りのお菓子を渡すことになったそうです。 NHK Eテレにて月に1度放送されている 「やまと尼寺精進日記」 豊かな自然とおいしいものに囲まれた奈良の尼寺での暮らしを紹介するドキュメンタリー番組です。 地元の方々にも古くは奈良時代から 愛されているお寺ですね! 観光客には奈良の穴場パワースポット としても知られている場所で、 周囲は神秘的な雰囲気に包まれています。 ただお寺はしっかり存在しており、ご住職がお寺を守っていらっしゃることには変わりありません。 投稿をみると、ワンちゃんやネコちゃんのイラスト、消しゴムハンコと写真たち。 今朝起きたら、屋根が白くなっていました。

>

やまと尼寺 最終回と慈瞳・じとうさん、まっちゃんが、音羽山観音寺を下山して心配になることいいろいろ(精進日記 )

手間暇かかる。 番組の出演者は前述した3人の女性がメインになります。 ただし「生活の質」という点で考えれば、尼寺の暮らしは文句なしの高レベルです。 この四月に旅立ったとのこと。 そろそろ下界で一般的な仕事について生活を安定させることに注力しなければいけない。

>

まっちゃんが、下山後お寺を訪問(やまと尼寺精進日記)

再放送も3年分あれば良いのですが。 味付け&色付けは、青じそ(青紫蘇)を入れたり、節分のときの豆を入れたり、ヨモギ(蓬)を入れたり、紫芋を入れたり、古代米とゴマ(胡麻)を入れたりして、彩り鮮やかな「ねこ餅」が出来上がっていました。 これまで、番組でお寺の暮らしをいろいろ見てきたので、あれはどうなるのだろう?…と。 まっちゃんの「なごみ作家」活動への移行にはそんなことを考えてしまいます。 音楽 - 、BimBomBam楽団• ひょっとして観音寺の大般若も・・・。 本堂、あんだけ綺麗にするのも皆、しました」 Bさん「あの辺の村の人がセメントとか砂利を入れて」 Bさん「雨との戦いですわ。 Eテレ『やまと尼寺 精進日記』 Eテレのテレビ番組『 やまと尼寺 精進日記』についてです。

>

まっちゃんのホームページが出来てる!Instagram、Twitter、ネットショップも。(やまと尼寺精進日記)

3度目くらいだと思うから再々放送といったほうがいいでしょう。 CG制作 - いよりさき• 』 (慈瞳さんラジオ出演 Youtube) 慈瞳さんが仏門に入ったきっかけ、緩和ケアのことなどが語られています。 新暦では3月下旬から5月上旬ごろに当たる。 ここに暮らす愉快な尼さんたち3人は、四季折々の行事や里の人々とのつながりを大切にし、 「山の恵み」と「里からの贈りもの」で夢のような精進料理を作り出す。 それにしても奈良や京都の方は、古の都に住んでおられるのですね。 私たちがNHKの放送で楽しんだ尼寺とは少し状況が違うとは思います。 ヒグさん、おはようございます。

>