一般 廃棄 物 収集 運搬 許可。 「家電リサイクル法の例外」をフル活用しよう!一般廃棄物収集運搬業許可なしでも合法的に家電を回収する方法

一般廃棄物収集運搬業の許可申請をお考えのお客様へ

事業者が排出する廃棄物の中には、産業廃棄物として扱われる物もあるため、それ以外が事業系一般廃棄物です。 なお、現にこの方法により浄化槽に係る汚泥及びし尿の処理が行われていることに鑑み、平成7年3月31日までの間は、従前の例によることができることとしたが、可及的速やかに新たな基準に適合する処分が行われるよう市町村等を指導されたい。 一般廃棄物の区分けはどこでも一緒? 一般廃棄物収集運搬業許可業者の処理においても、廃棄物の資源化の取り組みが積極的に進められています。 履歴事項全部証明書• 実際に私が保冷車なしで申請した事例では、 容器を2重にした上で、ドライアイスで保冷する事業計画を立てました。 一般廃棄物収集運搬業の許可は、その許可を受けた市町村の中でだけ通用します。 一般廃棄物処理業は足りているので新規募集の予定はない その中で、一番多い回答が、 「現在、一般廃棄物収集運搬業の許可業者数は足りているので、 新規の許可を出す予定はない」 という取り付く島もない回答です。 役員名簿• 業の全部または一部を廃止したとき• ) に該当することにより許可が取り消された場合を除く。

>

一般廃棄物収集運搬業許可・代行取得センター

一般廃棄物収集運搬の新規許可を取得できるかを市町村に問い合わせると 当事務所では、日本全国の都道府県レベルでの産廃業許可の情報はかなり把握しているのですが、 自治体数が格段に多い市区町村の一般廃棄物許可に関しては、把握困難です。 4 海洋投入処分の基準 令第7条第13号の2の規定に基づき新たに法第15条第1項の産業廃棄物処理施設の設置の許可を要することとされた産業廃棄物処理施設を令別表第4の4、5及び6の項の第2欄に追加し、当該施設から生じるばいじん又は燃え殻であって、総理府令で定める基準を超えて六価クロム化合物、砒素又はその化合物、又は、銅又はその化合物を含むものの海洋投入処分を禁止することとした。 ウ 特別管理一般廃棄物の収集及び運搬は、特別管理一般廃棄物の種類及び当該特別管理一般廃棄物を取扱う際の注意事項が表示された容器を用いて行い、又は、これによらない場合は当該事項を記載した文書を携帯して行うこととした。 また、旧許可証は、新許可証交付時に返還してください。 医療廃棄物の収集運搬を行う場合は、感染性廃棄物を扱うために特別管理産業廃棄物の許可を取る必要があります。 一般廃棄物収集運搬業許可業者一覧(許可番号順) 許可番号 許可業者名 電話 ファックス 営業所所在地 001-000 有限会社大阪清掃 06-6965-1132 06-6965-1135 大阪市城東区諏訪4-5-11 ハピネスコート諏訪201 002-000 佐藤衛生株式会社 06-6371-1354 06-6371-6193 大阪市北区豊崎2-1-8 003-001 株式会社邦畿開発 06-6208-1025 06-6208-1026 大阪市中央区平野町1-5-9 井上ビル1F 003-003 ダイワ環境株式会社 06-6657-5381 06-6657-5382 大阪市住之江区北加賀屋5-5-61 003-004 株式会社大阪ディブレイク 06-7890-0000 06-7890-0001 大阪市住吉区遠里小野2-4-3 003-006 株式会社クリ-ンクニナカ 06-6700-9211 06-6700-9211 大阪市平野区瓜破東8-11-14 プラシード103 003-008 あさひ総合サービス株式会社 06-6167-9700 06-6955-2105 大阪市旭区大宮1-18-2 003-010 株式会社TANAKA 06-6797-0384 06-6797-0374 大阪市平野区瓜破東8-1-12 003-011 株式会社美吉産業 06-7894-5528 06-7894-5529 大阪市平野区喜連2-5-6-1102 003-014 シーシーエス株式会社 06-6933-0010 06-6933-0018 大阪市城東区成育1-7-29 プリ・サレン1F 003-015 岩本 悦男 (関西クリーンサービス) 06-6681-8889 06-6681-3131 大阪市住之江区泉1-2-26 ニューナカムラハイツ205 003-016 株式会社晃生 06-6475-2938 06-6475-6855 大阪市西淀川区御幣島6-13-59 003-018 ニチハイ株式会社 06-6701-1723 06-6701-1764 大阪市平野区瓜破東4-2-2 003-021 クリーンパワー株式会社 06-6913-0118 06-6913-6517 大阪市鶴見区諸口1-3-75メゾンエクセレント301 003-022 株式会社アヴァンザ 06-6682-6130 06-6682-6131 大阪市住之江区南加賀屋2-2-39パークハイム南加賀屋405 003-023 梅本 和秀 (梅本サービス) 06-6704-5539 06-6704-5539 大阪市平野区背戸口4-6-2 003-024 株式会社忍海 06-6654-6877 06-6654-6877 大阪市住之江区浜口西3-2-29 ハイツイサム701 003-027 有限会社都島産業 06-6370-5300 06-6370-2424 大阪市東淀川区豊里1-1-11 003-028 光立環境ビジネス株式会社 06-4303-3625 06-4303-3626 大阪市平野区瓜破西3-2-40 ウリワリマンション11 003-029 株式会社セイコー 06-6705-8055 06-6705-8055 大阪市平野区長吉六反2-13-28 コーポサンレスト103 003-030 株式会社岡出環境開発 06-6696-5649 06-6696-7998 大阪市住吉区苅田10-5-4 003-031 株式会社ONクリーン 06-6654-0666 06-6654-0661 大阪市西成区天下茶屋3-23-18アメニティ321-402 003-033 岡野 實雄 (岡野総業) 06-6924-3275 06-6924-1173 大阪市都島区大東町2-20-10 003-034 有限会社ケイズプラント 072-339-7033 072-339-7039 大阪市平野区長吉川辺4-1-56-501 003-035 株式会社岡本興業 06-6705-0081 06-6705-0013 大阪市平野区瓜破2-1-38-403 003-039 有限会社東洋 06-6471-0012 06-6471-0062 大阪市西淀川区中島2-12-14 003-044 川端 成明 (川端衛生) 06-7174-2100 06-7174-2100 大阪市平野区瓜破東3-6-39 2F-7号 003-046 株式会社大河 06-6657-4083 06-6657-4085 大阪市住之江区緑木1-4-35 メディアプラザ207 003-047 株式会社岸田衛生 06-6616-7815 06-6616-7816 大阪市住之江区浜口西1-8-36 森内マンション205号室 003-049 株式会社ワンステップ 06-6791-3986 06-6791-3985 大阪市東住吉区今林4-14-20 003-051 南部環境開発株式会社 06-6755-5511 06-6755-6611 大阪市生野区巽中3-7-32 003-054 株式会社木村衛生 06-6575-9731 06-4395-5148 大阪市大正区鶴町1-11-13 003-055 株式会社木村清掃 06-6799-3334 06-6799-3335 大阪市平野区瓜破2-1-6 ウェルバート瓜破303 003-056 KIMOTO SEISOU株式会社 06-6703-9181 06-6704-7669 大阪市東住吉区住道矢田2-14-25 003-057 株式会社大阪総合サービス 06-6348-0037 06-6348-0037 大阪市北区梅田3-3-10 003-058 國中 則孝 (阪和環境) 06-6697-7771 06-7635-7340 大阪市住吉区浅香2-2-48 003-060 有限会社栄光クリーン 06-6700-9270 06-6700-9270 大阪市平野区瓜破東8-11-14 プラシード102 003-061 株式会社ジェイシィ 06-7182-0500 06-4977-0552 大阪市平野区瓜破2-1-58 エステートGEN 6F603号 003-062 株式会社シビルスタッフ 06-6755-4068 06-6755-4069 大阪市中央区谷町2-3-1ターネンビルNO. 7 前項の許可は、一年を下らないごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によつて、その効力を失う。 これは、産業廃棄物収集運搬業の警察許可とは全く異なる計画許可になっています。

>

廃棄物処理法第7条(一般廃棄物処理業)

ウ 感染性産業廃棄物の埋立処分は、禁止することとした。 事業場の平面図・見取図 なし なし 申請様式• なぜかというと、一般廃棄物は、市町村の責務で処理しなければならないことになっているので、発生するごみの量に対して、許可する業者がどの程度必要かという判断も、市町村ができることになっているからです。 )の事業のいずれかの事業の全部の廃止の届出又は 浄化槽法第三十八条第五号に該当する旨の 同条の規定による届出をした者 (当該事業の廃止について相当の理由がある者を除く。 申請者に所有権等がない場合、契約書 写 、使用承諾書等を添付すること。 車両の変更(入替え・増車・廃車)、駐車場等の変更をしたとき 変更届書類一覧 各変更に伴う届出に必要な書類は、次のとおりです。 仮にその他の処分方法、例えば熱回収を含む焼却や、埋め立てなどだった場合、それは単なる「廃棄物」としての扱いになるため、「再生利用目的だけに供される廃棄物」にはなりません。 (法第七条第五項第四号 ハの生活環境の保全を目的とする法令) 第4条の6 [法第七条第五項第四号]ハに規定する政令で定める法令は、次のとおりとする。

>

一般廃棄物収集運搬業許可・代行取得センター

家庭系廃棄物(本市の区域内)• 更新許可申請手数料 14,000円• そのため各種許可を持っていない不用品回収業者でも取り扱いができますが、回収する物の状態によっては通常の廃棄物としての取り扱いになるなど、グレイゾーンも少なからず存在します。 また、し尿処理施設 焼却施設を除く。 自作のパソコンや製造メーカーが不明のパソコンについては、下記連絡先にご相談下さい。 受付窓口:市役所別館4階 廃棄物対策課一般廃棄物係• 車検証(使用承諾書)• で定める基準に適合することをいう。 一般廃棄物の収集運搬業は市町村長許可となり、市町村長の裁量度合いが大きく、その市町村の処理計画の中に組み込まれるため、ごみの減量を推進している市町村などは許可業者数を制限していて、許可を取りたくても取れない場合があります。

>

廃棄物の収集運搬業には運送業の許可が必要か?

廃棄物は、法律で「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分けられており、産業廃棄物に該当しないものは、一般廃棄物であるとされています。 では、産業廃棄物は何かというと、事業所から排出されるごみのうち、廃酸・廃アルカリなど11種類があるほか、事業所のうち「建設業」などの指定された業種から出てくるごみのうち、木くずなど9種類があります。 今回、はじめて感染性廃棄物を収集運搬しようとするのであれば、 特別管理産業廃棄物収集運搬業の新規許可申請をしなければなりません。 また、一般廃棄物の収集運搬の実績を、所定の様式に毎月集計し、翌月の10日までに廃棄物対策課へ提出してください。 一般廃棄物収集運搬業は、産業廃棄物収集運搬業と比較して、 どうしてこうも取り扱いが異なるのでしょうか? 今日は、一般廃棄物処理業許可申請が産業廃棄物処理業許可申請とは大きく異なる、 その理由について解説します。 いわば 「ついで」に回収する場合が多く、人件費や利益の観点から専ら物のためだけに回収に行くというケースはほとんどありません。 中間処分は減容化を図る目的ために焼却、破砕、圧縮梱包などの許可、性状を変える目的で脱水、中和などの許可に区分されます。

>

不用品回収を一般廃棄物収集運搬許可なしでビジネスとしてやっていく方法

ア 特別管理一般廃棄物は、厚生大臣が定める方法により中間処理又は再生することとし、当該中間処理又は再生により生じた廃棄物については、特別管理一般廃棄物ではなく、通常の一般廃棄物として処理することとした。 その申請の内容が一般廃棄物処理計画に適合するものであること。 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令に規定する廃棄物の収集、運搬、処分等の基準及び海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律施行令に規定する埋立場所等に排出する廃棄物の排出方法に関する基準の改正について• これも、廃棄物処理法に定められています。 ただし、事業者(自らその一般廃棄物を処分する場合に限る。 」という根本的な理念がありますから、自分で出した産業廃棄物の運搬を他人に依頼する時はもちろんのこと、自分で運搬する際にも法的に義務が課されているのです。 それから、公立病院の入札情報などをチェックしていると、 特管の収集運搬の物件が出ていたりします。 イ 令第7条第13号の2の規定に基づき新たに法第15条第1項の産業廃棄物処理施設の設置の許可を要することとされた産業廃棄物処理施設を令別表第4の4及び5の項の第2欄に追加し、当該施設から生じるばいじん又は燃え殻であって、総理府令で定める基準を超えて六価クロム化合物又は砒素若しくはその化合物を含むものは、有害な特別管理産業廃棄物の埋立処分の場所であることの表示がなされている場所で埋立処分することとした。

>

一般廃棄物収集運搬許可とは?

ウ 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 昭和45年法律第137号。 感染性廃棄物の運搬容器には、バイオハザードボックスを使用します。 過去2ヶ年分の法人税納税証明書その1(原本)• 車両の写真• )]又は 浄化槽法第四十一条第二項 の規定により許可を取り消され、その取消しの日から 五年を経過しない者 (当該許可を取り消された者が法人である場合 (第七条の四第一項第三号又は第十四条の三の二第一項第三号 (第十四条の六において準用する場合を含む。 ごみの減量化や資源化を目的とし、処分業と併せて収集運搬業を行う場合で、適正に処理することが確実である場合には、許可を行います。 確かに法律上専ら物がこの4品目であるという根拠はないものの、この通知によってこの4品目のみを専ら物とする形で法律が運用されているため、「専ら物」を拡大解釈すると無許可営業者とみなされる可能性があります。

>