ドグラマグラ。 夢野久作『ドグラ・マグラ』のあらすじや感想、内容をわかりやすく解説!狂気の構成に魅了される一作

ドグラ・マグラ(1988) : 作品情報

彼自分の許嫁であった従姉妹の呉モヨ子を絞殺し、その屍体が腐敗する様子を写生しようとしているところを発見されます。 その赤黄色く光る 硝子球 ( ガラスだま )の横腹に、大きな 蠅 ( はえ )が一匹とまっていて、死んだように 凝然 ( じっ )としている。 あらすじ [ ] 1926年(15年)ごろ、医学部精神病科の独房に閉じ込められた、記憶喪失中の若き精神病患者の物語(と思われる)であり、「私」という一人称で語られていく。 ここに記された情報は小説中で覆される可能性があり、またそのため断定的な説明はしていない。 『方丈記』とともに漱石の『草枕』を推薦しているのが粋なはからいだ。 メタフィクションという言葉が一般化するのは、1983年の高橋康也の言説以降と言われていますが、1935年に刊行された本作は、すでにメタフィクション的です。 一応作中では、隠れによるバテの呪術を意味するのという事になっている。

>

読めば精神異常をきたす!? 日本三大奇書[ ドグラ・マグラ」に迫る!

白い、新しいゴワゴワした木綿の着物が二枚重ねて着せてあって、短かいガーゼの帯が一本、胸高に結んである。 本当に夢オチになるのか?」なんて疑ってしまって、結局最後まで読んでしまいます。 。 硬質で、不気味で、それでいてどこかコミカルな、絶妙なところを押さえてきてます。 著者 竹本 健治 出版日 2015-12-15 三大奇書の読者に対して仕掛けられる展開を受け継ぎ、第四の奇書として挙げられることの多い竹本健治の『匣の中の失楽』。 版の裏表紙の文章に「自費出版された」という記述があるが、版の解題によるとこれは誤りで、実際は次作『翁伝』の方が自費出版だった(本作の印税の大部分が『梅津只圓翁伝』の製作費に当てられた)という。 あまりに長いので断念する人は多いですが、独特のスチャラカチャカポコのリズムが馴染んでくるとだんだんとスラスラと読めるようになります。

>

読めば精神異常をきたす!? 日本三大奇書[ ドグラ・マグラ」に迫る!

夢野久作は作家デビューした年(1926年)に、精神病者に関する小説『狂人の解放治療』を書き始めた。 その声が一しきり 烈 ( はげ )しく波動して、渦巻いて、消え去ったあとには、四つの壁と、三つの窓と、一つの扉が、いよいよ厳粛に静まり返っているばかりである。 そうしてこれから先、何をするつもりなんだろう。 ……と思う間もなく私の方に身体を 反背 ( そむ )けつつ、全身をゆすり上げて、姿に似合わない小さな、弱々しい 咳嗽 ( せき )を続けた。 そこに現れた、担当医の若林と名乗る男によると、彼は九州大学の精神科に入院している患者とのこと。 そこからの連想で「弾力」と来ると、縞模様の入ったぶにぶにとした蜂の腹部が連想され、なんとも言えません。 かといって、主人公は入院患者なので、自分で出歩いて情報を集めることもできません。

>

図書カード:ドグラ・マグラ

ゆっくりと下駄を引きずる音。 法医学の教授である 若林鏡太郎 わかばやしきょうたろうによれば、 主人公は 呉一郎 くれいちろうという名でモヨコの婚約者であるらしいが、その確証も現実味も無い。 コロナ後の脱city文明の世界線。 私も読んだことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。 自然の心理から生まれた人情、道徳を排斥して個人主義の唯物宗を迷信した。

>

夢野久作『ドグラ・マグラ』のあらすじや感想、内容をわかりやすく解説!狂気の構成に魅了される一作

メカニカルデザイン・モデリング協力:• 大学の小使:• 僕らが日常的に使っているスマホでは、日々、膨大な量の情報がやりとりされていて、人ができないような高速なデータ処理はAIなどの機械が行なうようになっています。 ……これはどうした事なのだ。 けれど、私たちは、頭以外でものを考えることを忘れてしまったのかもしれません。 それが黒い髪毛をテカテカと二つに分けて、贅沢なものらしい黒茶色の毛皮の 外套 ( がいとう )を着て、その間から揺らめく 白金色 ( プラチナいろ )の逞ましい時計の 鎖 ( くさり )の前に、細長い、 蒼白 ( あおじろ )い、毛ムクジャラの指を 揉 ( も )み合わせつつ、婦人用かと思われる 華奢 ( きゃしゃ )な籐椅子の前に突立っている姿はさながらに魔法か何かを使って現われた西洋の妖怪のように見える。 (引用:) 頭では忘れることができても、体は覚えています。 ……私の頭が今朝、眼を醒した時から、どことなく変調子なように思われて来たのは、何かの精神病に 罹 ( かか )っていた……否。

>

5分でわかる『ドグラ・マグラ』?読んだら気が狂う?【あらすじと解説】

しかし、『虚無への供物』に出てくる登場人物はそんな読者の期待を裏切り、登場人物たちの思い思いの突拍子もない推論や、まだ起こっていない事件の推理をゲームのように楽しみます。 全てが脳のひとり芝居であり、脳は舞台に立つ唯一の俳優だと広く考えられているが、実際は多くの俳優が舞台袖で待機している。 著者 ["夢野 久作", "バラエティ・アートワークス"] 出版日 2008-10-01 物語の大筋は変わりませんが、なんといっても本作の魅力は読みやすくアレンジされていること。 映画 [ ] ドグラ・マグラ 監督 脚本 松本俊夫 原作 出演者 音楽 三宅榛名 撮影 編集 吉田博 製作会社 活人堂シネマ 配給 活人堂シネマ 公開 上映時間 109分 製作国 言語 公開。 一郎は自分の名前も顔も覚えていなかった。

>