港 区 浜松 町 郵便 番号。 静岡県浜松市南区の地名と郵便番号一覧

静岡県浜松市南区の地名と郵便番号一覧

浜松町二丁目の貿易センタービルの南裏側(旧芝浜松町四丁目の一部)は、かつて芝新網町 しばしんもうちょう と呼ばれ江戸時代から続く三大貧民窟の一つであり、(ごうむね)・(がんにん)など江戸特有の賤民の居住地であった。 〒431-1411 ミッカビチョウフクナガ• 東京支社• 〒431-2536 イナサチョウタザワ• 〒431-2533 イナサチョウシホウジョウ• 〒431-1402 ミッカビチョウツヅキ• フクダビル• 〒431-1422 ミッカビチョウヒビサワ• 丁目 番地 小学校 中学校 浜松町一丁目 全域 浜松町二丁目 全域 交通. 9年()、出身の権兵衛が名主となり、町名が久右衛門町から芝浜松町に変更され、芝浜松町一丁目から四丁目が成立した。 〒431-1415 ミッカビチョウオカモト• 〒431-2215 イナサチョウシライワ• 概要 港区北東部に位置し、・・の、・のがある。 明治11年()、の成立に伴い、当地域は東京府芝区芝浜松町一~四丁目となる。 東京本部• 三幸町の郵便番号と読み方 三幸町(みゆきちょう)はの地名です。 (羽田空港)へ延びる羽田空港線の起点駅があることから、では主に駅名として広く知られている。

>

浜松町

地名・郵便番号 地名と郵便番号一覧 静岡県 浜松市南区(しずおかけん はままつしみなみく)の地名と郵便番号一覧です。 ABCフロンティアホールディングス• 〒431-1403 ミッカビチョウオオサキ• 3年(1598年)、徳川将軍家菩提寺であるが麹町より現在地に移った。 郵便番号 〒433-8101 読み方 みゆきちょう 近隣の地名と郵便番号 市区町村 地名(町域名) 郵便番号 浜松市北区 (おおはらちょう) 〒433-8102 浜松市北区 (とよおかちょう) 〒433-8103 浜松市北区 (ひがしみかたちょう) 〒433-8104 浜松市北区 (みかたはらちょう) 〒433-8105 浜松市北区 (ねあらいちょう) 〒433-8108 浜松市中区 (はなかわちょう) 〒433-8109 関連する地名を検索 同じ市区町村の地名 同じ都道府県の地名 近い読みの地名 同じ地名 同じ漢字を含む地名 「」 「」 「」. 浜松町一丁目の北側は「芝新銭座」(しばしんせんざ)と呼ばれ、13年(1636年)にこの地ににおける最初の銭貨鋳造所が設けられ、がされていたと伝えられている。 〒431-2222 イナサチョウクロブチ• 〒431-1412 ミッカビチョウタダキ•。 浜松町クレアタワー• それに伴い町名に再び「芝」の冠称がつき、港区芝浜松町一~四丁目となる。

>

浜松町

〒431-1407 ミッカビチョウオオヤ• 〒431-1404 ミッカビチョウウシ• 町名の変遷 実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部) 浜松町一丁目 1972年1月1日 芝浜松町一丁目、芝浜松町二丁目 浜松町二丁目 芝浜松町三丁目、芝浜松町四丁目 芝大門一丁目 1972年1月1日 芝浜松町一丁目、芝浜松町二丁目など(詳しくはの項を参照のこと) 芝大門二丁目 芝浜松町三丁目、芝浜松町四丁目など(詳しくはの項を参照のこと)• また、旧芝浜松町の一部は芝大門となる。 エー・ビー・シー開発東京支社• 特に屑物屋は営業規則の施行で、荒川区の日暮里や三河島へと移転。 (1905年)後、都市の拡大とともに、貧民窟には様々な圧力が加わった。 7年()12月1日、後ののための大規模な町名整理が行われ、周辺の神明町・新網町・湊町などを編入し、新たに浜松町一~四丁目が成立する。 〒431-1421 ミッカビチョウホンザカ• 浜松町二丁目• 〒431-1424 ミッカビチョウシモオナ• 〒431-2223 イナサチョウトチクボ• 〒431-1413 ミッカビチョウマカヤ• それまで特定の名称がなかった「福澤塾」は「」と命名され、この新銭座の地が「慶應義塾」の発祥地。 下谷万年町や芝新網町では、の高騰で家賃が上がり、多くの人々は場末の細民街に移動した。 時に慶応4年(明治元年)。

>

静岡県 浜松市北区の郵便番号・住所検索

〒431-2203 イナサチョウミタケ• 〒431-1423 ミッカビチョウヌエシロ• 〒431-2201 イナサチョウヒガシクルメキ(ソノタ)• 〒431-2531 イナサチョウヒガシクルメキ(372-799バンチ)• いずれも徳川時代の旧非人系の被差別部落であり、の発展の元でとして拡大した。 〒431-2204 イナサチョウトッカ• 明治5年()、周辺の武家地を併合し、町域を拡大する。 〒431-2213 イナサチョウカナサシ• 〒431-1425 ミッカビチョウカミオナ• 〒431-2214 イナサチョウヨコオ ミ• 「」および「」も参照 歴史 年間、芝のである奥住久右衛門がを務め、当地域が久右衛門町と呼ばれるようになる。 明治22年()、の成立に伴い、当地域は東京市芝区芝浜松町一~四丁目となる。 その敷地400坪余に100人程の塾生を収容できる塾舎が建てられ、本格的なが発足した。 ABCライツビジネス• 〒431-1414 ミッカビチョウミッカビ• 元年()、の成立に伴い、芝浜松町一~四丁目は東京府の所属となる。 〒431-2226 イナサチョウヤザワ• 〒431-2537 イナサチョウシブカワ• 〒431-1417 ミッカビチョウヒラヤマ• 港区内で「町」が付く残りの麻布永坂町・麻布狸穴町は住居表示未実施。

>

浜松町

〒433-8101 ミユキチョウ. ABCインターナショナル• 〒431-1406 ミッカビチョウコマバ• 〒431-2532 イナサチョウニシクルメキ• 〒431-2211 イナサチョウハナダイラ• 〒431-2221 イナサチョウタバタケ• 〒431-2205 イナサチョウイダイラ• 〒431-2535 イナサチョウマトバ• 昭和11年()、浜松町一丁目・二丁目の一部が海岸通一丁目となる。 〒431-1416 ミッカビチョウツリ• 四谷鮫ケ橋では、新宿南町の長屋へ移動していく人が多かった。 〒431-2207 イナサチョウヒガシクロダ• 昭和47年()、芝浜松町にが実施され、現在の浜松町一・二丁目が成立する。 〒431-2206 イナサチョウニシクロダ• 〒431-2224 イナサチョウオクヤマ• 東京オフィス• 〒431-2534 イナサチョウベッシヨ• 秋田屋• 慶長6年(1603年)には、東海道が現在の国道15号線上に定められ様々な店が並び商業地域の中心となり、軒を連ねる店の後ろには、松平家や森家、酒井家など、のであるが建ち並び、いわゆる江戸の町が形成された。 当時、とはこの「芝新銭座」に居を構えていた。 市区町村 地名(町域名) 郵便番号 浜松市南区 〒432-0000 浜松市南区 (あおやちょう) 〒435-0037 浜松市南区 (いいだちょう) 〒435-0028 浜松市南区 (いしはらちょう) 〒435-0033 浜松市南区 (うりうちちょう) 〒430-0854 浜松市南区 (えのしまちょう) 〒430-0844 浜松市南区 (えんしゅうはま) 〒430-0835 浜松市南区 (おいまちょう) 〒435-0025 浜松市南区 (おおつかちょう) 〒435-0024 浜松市南区 (おおやぎちょう) 〒430-0842 浜松市南区 (おろしほんまち) 〒432-8055 浜松市南区 (おんぢちょう) 〒430-0814 浜松市南区 (かなおりちょう) 〒435-0026 浜松市南区 (かわわちょう) 〒430-0823 浜松市南区 (くらまつちょう) 〒432-8064 浜松市南区 (こざわたりちょう) 〒432-8063 浜松市南区 (ごきゅうちょう) 〒430-0831 浜松市南区 (さんしんちょう) 〒430-0833 浜松市南区 (さんじのちょう) 〒430-0816 浜松市南区 (さんわちょう) 〒435-0038 浜松市南区 (しほんまつちょう) 〒430-0826 浜松市南区 (しもいいだちょう) 〒435-0027 浜松市南区 (しもえちょう) 〒430-0825 浜松市南区 (しろわちょう) 〒430-0846 浜松市南区 (しんがいちょう) 〒435-0023 浜松市南区 (ずだじちょう) 〒430-0817 浜松市南区 (せいでんじちょう) 〒435-0035 浜松市南区 (ぞうらちょう) 〒432-8062 浜松市南区 (たかつかちょう) 〒432-8065 浜松市南区 (たじりちょう) 〒432-8054 浜松市南区 (たてのちょう) 〒430-0827 浜松市南区 (つつみちょう) 〒432-8057 浜松市南区 (つもりちょう) 〒430-0815 浜松市南区 (つるみちょう) 〒435-0022 浜松市南区 (てらわきちょう) 〒430-0841 浜松市南区 (とみやちょう) 〒430-0824 浜松市南区 (なかたじまちょう) 〒430-0845 浜松市南区 (ながたちょう) 〒430-0832 浜松市南区 (にしじまちょう) 〒430-0837 浜松市南区 (にしまち) 〒430-0821 浜松市南区 (にっぱしちょう) 〒432-8058 浜松市南区 (ねずみのちょう) 〒430-0838 浜松市南区 (のりえだちょう) 〒432-8053 浜松市南区 (ひがしまち) 〒430-0822 浜松市南区 (ひがしわかばやしちょう) 〒432-8052 浜松市南区 (ふくしまちょう) 〒430-0836 浜松市南区 (ふくづかちょう) 〒430-0843 浜松市南区 (ふるかわちょう) 〒435-0032 浜松市南区 (ほうがわちょう) 〒430-0813 浜松市南区 (ほんごうちょう) 〒430-0812 浜松市南区 (まつしまちょう) 〒430-0834 浜松市南区 (みしまちょう) 〒430-0853 浜松市南区 (やすまつちょう) 〒435-0034 浜松市南区 (ようずちょう) 〒430-0855 浜松市南区 (よねづちょう) 〒432-8056 浜松市南区 (わかばやしちょう) 〒432-8051 浜松市南区 (わたせちょう) 〒435-0036. 東京支社• 昭和22年()、芝区が・と合併して新たにが成立する。 世帯数と人口 (令和元年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。

>

静岡県浜松市南区の地名と郵便番号一覧

東京本社• 日本生命保険• 施設 浜松町バスターミナル 浜松町一丁目• 浜松町一丁目は、18年(1590年)にがに入城して以来、のとして整備された。 〒431-1405 ミッカビチョウツヅサキ• 東京支社• 明治44年()5月1日、町名より「芝」の冠称が省かれ、芝区浜松町一~四丁目となる。 港区内の住居表示実施区域で「町」が付く町名はここ「浜松町」のみである。 〒431-1401 ミッカビチョウサクメ• ジャパン• 〒431-2102 ミヤコダチョウ• 町域の大部分は浜松町駅・大門駅を中心とした・であり、の中に住宅が混在している。 〒433-8105 ミカタハラチョウ• その後、「福澤屋諭吉」が誕生した明治2年(1869年)。 〒431-2202 イナサチョウカワナ• 〒431-2225 イナサチョウカリシュク• 浜松町一丁目 1,201世帯 1,981人 浜松町二丁目 219世帯 303人 計 1,420世帯 2,284人 小・中学校の学区 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 〒431-2212 イナサチョウイイノヤ• 芝の鋳造所は年間(1736年~1741年)頃に姿を消したとされているが、後世まで「新銭座」として地名が受け継がれ、旧町名は「芝新銭座町」という。

>