オイスター ボーイ の 憂鬱 な 死 絵本。 みんなのレビュー:オイスター・ボーイの憂鬱な死/ティム・バートン

オイスターボーイの憂鬱な死

登場人物のような、思いや気持ちを抱いた人は、沢山いるのではないかなと感じます。 その独特な世界観から「鬼才」と称されたりするティム・バートンですが、この絵本はかなり振り切れているように感じます。 『オイスター・ボーイの憂鬱な死』 『』 ティム・バートン 著 、狩野綾子 訳 、津田留美子 訳 アップルリンク/河出書房新社 「チャーリーとチョコレート工場」などで知られる映画監督ティム・バートン氏が手掛けた『オイスター・ボーイの憂鬱な死』。 本作は「怪談えほんシリーズ」の1作。 ………。

>

quant-econ.net:カスタマーレビュー: オイスター・ボーイの憂鬱な死

くれぐれもお子様に読み聞かせるときにはご注意を……。 ファンの方ならこちらの作品も 「 オイスターボーイの憂鬱な死」 ナイトメア・ビフォア・クリスマスやコープスブライドと同じく ティムバートンの作品です。 オイスター・ボーイは生臭くて、親にはまともな名で呼んでもらえない。 おそらく何の不自由なく生活してきた女の子が、なぜ母親を殺してしまったのでしょうか。 訳者の方の翻訳に感謝です。 しかし、ゴーリー作品よりもずっと、理不尽で鬱な内容だと思います。 バートンが、あのようなものばかりを、いとおしむように繰り返し描く気持ちが、そのまますーっとこちらに入ってくる。

>

ティム・バートンのブラックな世界観が満載の絵本「オイスター・ボーイの憂鬱な死」を買ったよ

ティム・バートン独特の世界が絵本として結実しています。 プレゼントに最適ではないだろうか。 人によっては、一部翻訳に納得できな方もいらっしゃるので、出来れば原文が読みこなせるといいのですけれど。 そして、深いです。 ただ、私は重度の障害児の親であり、オスイターボーイやスティンボーイたちが、我が子の存在にどこか重なる可能性があることを思いながら、どうしようもないやりきれなさや悲しみを覚えながらも、条件付きの愛なんかじゃない、生きていてくれるというだけで、深く喜ぶことのできる愛もあるのだということを、できることなら、本の中の、うつくしいたましいを持つ子供たちに、伝えたいという気がした。 「私」が成長するからこそ、衝撃的な最後を迎えます。

>

「オイスター・ボーイの憂鬱な死」: See

映画「バットマン」のペンギンが大好きだった人は、もちろん必読である。 不気味でいて どこか可愛いキャラに、 少し残酷な黒い笑いと、 物悲しくて不条理なストーリーが 切なく胸に残ります。 『オイスター・ボーイの憂鬱な死』は、映画監督として世界に名を轟かせるティム・バートン(代表作は『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』『チャーリーとチョコレート工場』『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』等)の描いた絵本。 。 語ることはなく、成長することもなく、ただ静かに女の子に寄り添います。 『どこいったん』 『』 ジョン・クラッセン 著 、長谷川義史 訳 クレヨンハウス 人間のような目をしたクマが1匹佇む表紙がどことなく不気味な『どこいったん』。 最後に原文が記載されてます。

>

オイスターボーイの憂鬱な死

『シザーハンズ』 『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』 『スリーピー・ホロウ』 『ビッグ・フィッシュ』 『チャーリーとチョコレート工場』 『アリス・イン・ワンダーランド』でお馴染みの 奇才ティム・バートンが贈る 切なくてブラックユーモア溢れる 大人向け絵本。 挿絵と共に掲載されている本文は日本語訳されたものですが、巻末に原文が纏めて掲載されているのが嬉しい。 短編でユニークな『こども』が登場するのですが 流石、バートン、ただの子供じゃぁない。 タイトルからして確実に穏やかではない『人殺しの女の子の話』。 それと、やたら傷つきやすい人にもね。

>

ブラックな絵本「オイスター・ボーイの憂鬱な死」

奇妙で、グロテスクで、やがて水のように悲しいティム・バートンの世界。 、辞書引き引きなら、なんとかなるかも。 挿絵は可愛らしく、気持ち悪い描写はありませんが、思わず「やめてー!」と叫びたくなる心理的な痛みを感じてしまうことでしょう。 。 そんな親のもとに生まれてしまった子供は、たとえ見て分かるような奇形でなくても、むみんなオイスターボーイの仲間になるのかもしれない。 2,855円とちょっと高いが、装丁含めて本自体がいい感じなので、それだけの価値はあると思う。 誰に聞いても「しらんなぁ」と言われ、赤い帽子をかぶったウサギに聞いてみても「しらんで、とってへんで」と言われるのです。

>