ハザード マップ 甲府 市。 甲府市/洪水ハザードマップ説明会のご案内

山梨市土砂災害・洪水ハザードマップ(令和2年7月更新)

PDF 8382KB• (行政区)上神内川3区、上神内川4区、上神内川5区、上神内川6区、下石森区、上石森 (避難所)加納岩小学校、加納岩公民館、山梨南中学校 日下部1• 3,018• PDF 19838KB• 富士川逃げどきマップは、洪水時の避難行動計画(マイタイムライン)を作成するための「学習面」と浸水区域や浸水深などを表示した「地図面」で構成されています。 (行政区)牧平区 (避難所)牧丘第三小学校 諏訪3• カテゴリー. 「浸水のおそれがある場所」「土砂災害の危険がある場所」が1つの地図上で分かるため、災害時の避難や事前の防災対策に役立つ情報を掲載しています。 さらに、平成27年9月関東・東北豪雨においては、堤防決壊に伴う氾濫流により家屋が倒壊・流出したことや多数の孤立者が発生したことを踏まえ、住民等に対し、家屋の倒壊・流失をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域(家屋倒壊等氾濫想定区域)を公表しています。 甲府市洪水ハザードマップ 甲府市では、全国各地で水害が頻発・激甚化したことにより、「千年に一度とも言われる降雨」を想定した洪水浸水想定区域図に基づいて、平成18年度に発刊しました洪水ハザードマップを、改訂いたしました。 (行政区)上柚木区、下南区 (避難所)三富保育園、三富小学校 三富2• 【使用方法】 1. (行政区)小原西1区、小原西2区、小原西3区、市営小原団地、小原東4区、小原東5区、小原東6区、県営東山梨団地 (避難所)日下部小学校、山梨北中学校、日下部公民館 日下部2• 丸山ため池:甲府市下帯那町地内 甲斐市溜池ハザードマップ 近年の大地震や、集中豪雨など想定を越えた自然災害に備え、甲斐市が管理している9カ所の農業用溜池及び山梨県が管理している後沢溜池について「溜池ハザードマップ」を作成致しました。

>

ハザードマップポータルサイト

カテゴリー. 2020年12月2日 2020年12月2日 2020年9月30日 2020年9月25日 2020年8月4日 2020年7月29日 2020年7月28日 2020年7月15日 2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 今回の溜池ハザードマップの公表により、市民の防災意識の向上を図るとともに、減災対策の推進に活用していただきたいと思います。 (行政区)川浦1区、上釜口区 (避難所)三富基幹集落センター、川浦公民館 三富4• Web版洪水ハザードマップ 「WEB版洪水ハザードマップ」は、現在お使いいただいているパソコンやスマートフォンから、いつでもどこでも、市内の防災施設や危険個所を確認することができます。 2月14日から16日にかけて低気圧が日本の南岸を発達しながら通過し、近畿から東北にかけて大雪となり、特に関東内陸や甲信では記録的大雪となった。 PDF 26825KB• このうち、富士川については、「想定し得る最大規模の降雨」に基づいた「富士川逃げどきマップ(富士川洪水ハザードマップ)」を作成し公表しています。 詳細は、下記の関連リンクを参照してください。

>

甲府市/甲府市洪水ハザードマップ

この洪水ハザードマップを利用(活用)して、ご家族や近隣の方々と洪水による災害について考えてみましょう。 2,135• 山梨市土砂災害・洪水ハザードマップ(表面)平成25年3月発行 諏訪2• ご覧になりたい災害種別を選択して、ハザードマップを表示させます。 このマップには、釜無川がはん濫した際のシミュレーションに基づく浸水想定区域及び浸水の深さなどを示し、避難所などを地図・表にまとめ、水害に関する様々な災害情報についても掲載しました。 (行政区)万力1区、万力2区、万力3区 (避難所)山梨小学校、山梨公民館、山梨市民会館 山梨2• (行政区)正徳寺区、落合区、小田屋区、上岩下区 (避難所)山梨小学校、山梨公民館、山梨市民会館 山梨3• このマップを活用し、気を付ける箇所や避難経路・緊急時の避難場所を確認し、家族の連絡先などをマップに明記しておくことで、いざという時に適切かつ迅速な行動がとれるように確認しておきましょう。 万が一の溜池決壊時に、地域や周辺住民に与える影響などを事前に確認し、防災避難活動に役立てる事を目的としています。 PDF 1762KB. (行政区)牧平区、西保中区 (避難所)牧丘第三小学校、西保保育園 西保3• 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 平成31年3月に甲府市洪水ハザードマップの改訂を行いました。

>

甲府市/甲府市洪水ハザードマップ

(行政区)市川区、江曽原区、大工区、堀之内区 (避難所)八幡小学校、八幡公民館、旧堀之内小学校 八幡3• (行政区)城南区、城東区、東部区、倉科中区、久保区、坂上区 (避難所)牧丘第二小学校、中牧多目的集会施設 中牧2• さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 想定される最大規模の降雨による洪水浸水想定区域図(水位情報入り)• 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 竜ヶ池:甲府市古府中町地内• ・指定年月日:令和元年6月24日 ・この指定により、山梨県から「洪水浸水想定区域」が公表されました。 5,199• (行政区)南区、北区 (避難所)八幡小学校 八幡2• 詳しくは、をご覧ください。 (行政区)隼区 (避難所)花かげの湯 諏訪・中牧2• 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。

>

山梨県甲府市の防災ハザードマップ住所一覧と災害情報

南アルプス市では、洪水ハザードマップの作成・公表を通じて、行政の「知らせる努力」と住民の「知る努力」が相乗的に働き「自助・共助・公助」がバランスよく連携する地域一体となった防災まちづくりを目指します。 (行政区)切差区 (避難所)旧堀之内小学校 山梨1• 仮宿ため池:甲府市上帯那町地内• 水害が発生した場合の状況を事前に理解していただき、安全な避難経路や避難場所、家族との連絡方法などを確認することにより、不測の事態に、適切な避難行動をとっていただくため、洪水ハザードマップをご活用いただきたいと思います。 昭和町では、台風や集中豪雨などによる洪水などで河川のはん濫によって堤防が決壊した際の「浸水想定区域」を示した洪水ハザードマップを、国および県の基準による洪水浸水想定区域が更新されたため、その内容を反映し、「昭和町洪水ハザードマップ」を更新、平成31年4月に発行しました。 283• 現在、水防法の改正に伴い、河川管理者から「想定しうる最大規模の降雨」に基づく洪水浸水想定区域図が公表されたため、避難情報の取得方法や避難場所など、洪水時に円滑かつ迅速な避難に必要となる内容が記載されているハザードマップについても更新に着手しています。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 PDF 1863KB• 大正池:甲府市上帯那町地内• 3,468• 富士市作成洪水ハザードマップ ハザードマップ名称 対象河川 富士市洪水ハザードマップ【平成26年3月作成】 沼川、小潤井川、和田川、滝川、赤淵川、江尾江川 (50年に1度の雨(24時間に301. 国および県が公表した1,000年に1回起こり得る降雨 想定最大規模降雨 による洪水浸水想定区域を基に 【これまで】 釜無川 2日間 48時間 の総雨量315mm 100年に1度を想定 【これから】 釜無川 2日間 48時間 の総雨量632mm 1,000年に1度を想定 を予測して作成しました。 配布に伴って、市内5会場で説明会を開催いたしますので、多数の皆様のご参加をお願いいたします。

>

甲府市/洪水ハザードマップ説明会のご案内

市内10箇所のため池及び、隣接する甲斐市に位置し、甲府市内にも影響が予想される「後沢ため池」(甲斐市ホームページへリンク)について掲載しております。 PDF 17982KB• 白井ため池:甲府市白井町地内• PDF 2482KB• 改訂にあたりましては、市内8河川の堤防が同時に決壊したことを想定した大規模な水害の危険性や、いざという時の適切な避難に係る情報を記載し、市民の皆さん一人ひとりの命を、水害から守ることに重点をおきました。 つきましては、緊急時の迅速な避難行動につなげる対策として、ため池名、所在地、貯水量、緊急時の連絡先などを記載した、ため池マップを作成いたしましたので公表します。 また、これと合わせ、当該河川の洪水防御に関する計画の基本となる降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域及び浸水した場合に想定される水深についても公表しています。 この洪水ハザードマップは、1,000年に一度とも言われる最大規模の降雨によって、市内8河川の堤防が同時に決壊した場合を想定することにより、大規模な水害の危険性や、いざという時の適切な避難に係る情報を記載し、市民の皆様一人ひとりの命を水害から守ることを、重点において作成しました。

>