Lightning コネクタ で 液体 が 検出 され まし た。 「iOS 10」には、Lightningコネクタの水濡れを警告する機能が搭載されている

🏅▷ iPhone Lightningコネクタで検出された液体:ここに解決策があります

Appleは新しいiPhoneの耐水性の品質について大きな反響を呼んでいます。 液体をさらに押し込む可能性があるため、ポートに吹いたり、電話機を振ったりしないでください。 iPhoneを濡れた状態で乾くかもと思い、激しく振らない(中にまで水が入る可能性がある) iPhoneでコネクタ液体の検出警告が表示された場合の対処法 iPhoneでコネクタ液体の検出警告が表示される場合は、必ずではありませんがiPhoneが濡れている状態のときに表示されます。 もしなにかケーブルを利用していたら、すぐに抜いてしまいましょう。 お風呂に入る際にiPhoneを使うというときにも防水ケースが役立ちます。 バグを起こしている場合には以下の対処法を試してみましょう。

>

Apple iPhone Xが充電時に「液体検知」エラーを表示する(簡単な手順)

iPhoneを水圧が強い水にあてる 上記のようなことをすると、 故障の原因になったり、充電できなくなる可能性があります。 懐中電灯を使用して、Lightningポートにほこりやごみがないかどうかを確認します。 風通しの良い、乾燥したオープンスペースにiPhoneを置きます。 しかし、非正規店であれば、正規店よりも安く修理を依頼することができる上に、データの復旧までも行ってくれるところもあります。 様々なサイトでいろいろな理由が列挙されている ぐぐってみると、様々なサイトでいろいろな原因が列挙されているのですが、全部自分に関係ないことばかりでした。

>

iPhone11 ライトニングコネクタで液体が検出されて充電できない!? 奈良県大和郡山市周辺より

風通しのよい乾いた場所で iPhone を自然乾燥させてください。 すべての設定をリセット 誤った設定や誤った設定オプションが競合の原因となってこの警告メッセージが表示され続けて画面に表示され続ける可能性を排除するために、設定をリセットする必要があります。 使い方の説明や操作の代行も行っておりますので、「よくわからないけどやりたいことがある!」というときにはご相談いただければと思います。 あと私の場合片面しか充電できなくなりましたけど、確か水に濡れた時ジュッとかパチとか音がした気がするけど、よく吹いてiPhoneに刺したけどこれも大丈夫だったし、今も使ってる。 水没させたり、iPhoneに水分がかかるようなことはなかったです。 直射日光にならないようにする 扇風機を弱くあてる ドライヤーの熱風などでiPhoneを乾燥させるのは禁止ですが、扇風機の風を弱く当てる方法はiPhoneの乾燥が早まるのでおすすめです。 通常の再起動またはソフトリセットと同様に、強制再起動はiPhoneの内部メモリに保存されているデータには影響しません。

>

【iPhoneSE(第2世代)の防水】Lightningコネクタで液体が検出されました

このような警告が出るということは、 「iPhone」には水の侵入を検知する仕組みが取り入れられているものと思われ、水の侵入を防ぐことで防水性能を高めているのだろう。 これがどのように行われるかです: ホームボタンと 電源ボタンを同時に約15〜20秒間押し続けてから、Appleロゴが表示されたら両方のボタンを放します。 あなたは私達のiPhone問題アンケートを完了することによって私達に連絡することもできます。 iPhoneを保護するために、このLightningアクセサリを外してコネクタを乾かします。 もちろん、これらの手順に従ってアラームを消すことをお勧めします。 その様子を捉えた動画をEverythingAppleProが公開しています。

>

iPhoneについてです。

iPhoneで液体検出がされたときに注意すること iPhoneで液体検出され、「充電できません」となった場合に注意することについてここからは解説していきます。 このリセットオプションは、内部メモリに保存されているデータや個人情報を消去しないため、マスターリセットを試みる前にお勧めします。 特別版iPhone(iPhone SE)を含むさまざまなiPhoneモデルでエラーが発生しました。 Lightningケーブルはショートするけど使えるようです。 アップルまたはアクセサリの製造元に連絡して、テクニカルサポートを受けてください。

>

「Lightningコネクタ」に関するQ&A

iPhoneに接続されているケーブルやアクセサリをすべて取り外します。 Here are a few things not to do:• 電源をオフにすることによって、 ショートしないようにしたり、故障したりしないようにする対策をとることができます。 ちなみに英語の文章を自動翻訳すると同じようなことが記載されています。 コネクタを乾燥させるために取り外します。 これは、IP67認証を取得していても、水がデバイスに侵入して回路を乱す可能性があるため、iPhoneが液体の損傷を防ぐための1つの方法です。 step1:すぐに電源を落とす iPhoneが濡れてしまった場合はすぐに電源をオフにしてください。

>

【iOS10.3ベータ】Lightningケーブルの水濡れを警告。安心ですね。

iOS10に液体検知機能が追加 話題のメッセージ画面は水滴がついたLightningケーブルのコネクタ部をiPhoneに接続すると表示されるようです。 前述のように、警告メッセージはiOS 10以降のさまざまなiPhoneディスプレイ、特にベータ版に表示され始めました。 ここでは、問題の解決策を見つけます。 同端末は、ただでさえ新機能が少ないと言われていることもあり、せめて防水機能くらいはつけてほしいと思うのだが。 もちろん、これらの種類のイベントはAppleの保証の対象外です。 iPhoneを守るため、このLightningを外しコネクタを乾かしてください)」 と表示されています。 コネクタを乾燥させるために切断します。

>

濡れケーブルはダメ。iOS 10 beta 3はLightningコネクタの水濡れを警告します

』が正しいんですけど〜(苦笑)。 よ~く見ると、コネクタの2か所黒焦げになってます。 iPhoneが濡れて故障しないようにする対策方法 iPhone7以降は耐水性を備えていますが、それでも完全に水に強いというわけではありません。 EverythingAppleProが掲載した上の動画(0:53あたりから)を見ると、「 Lightningアクセサリの接続を解除してください。 iPhoneがLightningコネクタまたはポートで液体を検出しましたか? この警告メッセージは、iPhoneが乾くまで充電やアクセサリの使用を停止します。 iPhoneを持ったままお風呂に入る• 「液体が検出された」というエラーがあるiPhone SEの潜在的な修正 トラブルシューティングを開始する前に、特に以前にデバイスを液体、ミスト、または湿気にさらしたことがある場合、このアラートが実際には問題やエラーとして発生しない場合があることにも注意してください。 緊急オーバーライドボタンを使用して、濡れたiPhoneを充電します。

>