阿部 知子。 衆議院議員阿部知子君提出理学療法士・作業療法士の臨床実習に関する質問に対する答弁書

衆議院議員阿部知子君提出理学療法士・作業療法士の臨床実習に関する質問に対する答弁書

臓器移植法 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 2000年〜 湘南鎌倉総合病院非常勤勤務(思春期外来担当)。 2003年 あべともここどもクリニック開設 2000年に衆議院議員に当選してからは 様々な党を転々としていますね。 政府、企業、社会的な風潮などの見直しが不可欠です。 テレ朝は当然贈賄だ。 また遺骨収集事業に政治が責任と決意を持つべきという考えから、の衆議院厚生労働委員会において、当時のに対し、遺骨収集推進のためのの策定を提唱した。

>

衆議院議員阿部知子君提出理学療法士・作業療法士の臨床実習に関する質問に対する答弁書

4月 本会議で国民健康保険法等改正案反対討論。 )第二条及び第三条において定める理学療法士等学校養成施設の指定基準の中で、教育の内容の要件を定めるとともに、「理学療法士作業療法士養成施設指導ガイドライン」(平成二十七年三月三十一日付け医政発〇三三一第二十八号厚生労働省医政局長通知。 三の一)について 政府としては、平成十七年度以降の理学療法士等学校養成施設の数を把握しており、都道府県ごとの同年度から平成二十七年度までの各年度の初日における理学療法士等学校養成施設の数を順に示すと、次のとおりである。 自民党のを得た。 みどりの風代表代行• 『いのちの危機に』ゆみる出版、2002年• 2018年4月21日 土 きょうの潮流 図書館や書店に入ると「シンプル家事」「ラクする家事」といった題名の本に、つい目がいきます。

>

KAKEN — 研究者をさがす

)第七条第一項の規定に基づく基本的な方針(以下「基本方針」という。 J-CASTニュース 2007年1月26日• 6月 参議院選神奈川選挙区真山勇一、金子洋一両候補の応援に奔走(~7月)。 独日議員連盟訪日団と懇談。 9月22日、平沼赳夫が政界を引退する決意を固め、自身の後継候補として次男の平沼正二郎を擁立することが報道によって明らかとなった。 社民党神奈川県連幹事長のはにおいて、社民党の票分割計画に従わず、比例区で福島瑞穂ではなくを応援したことについて、「議員として優秀でも組織のルールに基づいて行動しなければそれなりの対応しかできない」と批判し、次期衆議院議員総選挙でへの重複立候補を認めない方針を示唆していた(結果的には、阿部は選挙前に社民党を離党した)。 永住外国人への地方選挙権付与 [ ] に賛成。 なお、自民党は対立候補が知名度の高い平沼であることを考慮し、阿部を他の重複立候補者より上位の比例中国ブロック単独1位とする優遇措置を行った。

>

立憲民主党・阿部知子「クルーズ船感染対応、これだけの感染者を出した。明らかに失敗だった」 ネット「良い案が有るなら早く言って」「そのころ枝野は桜吹雪だった」

5月 国会エネルギー調査会(準備会)が第50回を迎える。 居所は伏見町。 政治団体「日本未来の党」を設立 2011年 3月 東日本大震災、福島第一原発事故 各党・政府震災対策実務者会合に参加 江ノ電の計画停電対象から外すのに尽力 3〜9月 被災3県に相次いで視察 4月 超党派で「エネルギーシフト勉強会」を立ち上げ 5月 米国を訪問、キャンベル米国務次官補等と会談 6月 遺骨収集でサイパンへ 7月 地元から福島に慰問のバスツアーを始める 7〜8月 再生可能エネルギー促進法案超党派勉強会を立ち上げ、法案設立に尽力 2010年 1月 社民党政策審議会長に再任 1月 普天間基地移設問題で社民党調査団として米国を訪問 2月 普天間基地移設問題でグアム・サイパンを訪問 3月 沖縄基地問題検討委員会で阿部・服部案を提示 5月 社民党、政権を離脱 7月 普天間基地移設問題で米国を訪問、ダニエル・イノウエ上院議員らと意見交換 10月 議員活動10周年記念パーティーを開催 11月 民主議員とともに「TPP慎重に考える会」で活動開始 12月 社民党政審会長に再任 2009年 2月 藤沢で亀井静香議員を迎えて講演会を開催 2月 藤沢で野中広務氏を迎えて講演会を開催 5〜7月 臓器移植法改正をめぐり国会で論戦 8月 衆議院選挙で4期目の当選 9月 政権交代、新政権の「3党合意」に向け協議 10月 政府税制調査会のオブザーバー委員として成年扶養控除廃止を撤回させる 10月 服部良一議員とアフガニスタンを訪問 12月 政府の「沖縄基地問題検討委員会」の委員に就任 2008年 1月 岡田克也議員らとインドを訪問 4月 野党4党で後期高齢者医療制度廃止法案を作成、提出 5月 キューバからアレイダさん(チェ・ゲバラの娘さん)を招聘する実行委員会に協力 6月 「どうなる!高齢者の医療制度」(ジャパンマシニスト社)を保坂展人議員と出版 6〜7月 安全保障委員会でシリア、スーダンなどを視察 10月 「赤ちゃんを産む場所がない」(ジャパンマシニスト社)を出版 2007年 2月 予算委員会で築地市場移転問題を取り上げる 2〜6月 通常国会で年金記録問題を追及 8月 厚生労働委員会でドイツ・スウェーデンを視察 11月 議連事務局長として尽力した「身体障害者補助犬法改正案」が成立 12月 社民党政策審議会長に再任 12月 臓器移植法改正案(C案)を提出 2006年 1月 遺骨収集でフィリピン・セブ島を視察 2月 党政審会長に再選 4月〜5月 厚生労働委員会で医療制度改革関連法案を追及 5月 不正手続きが相次いだ社保庁問題で追及 7月 バンコク・タイで開かれた「アジアアスベスト会議」に出席 9月 キューバを視察 10〜11月 トヨタ、キヤノンなどが行っている偽装請負について厚生労働委員会で追及 10〜11月 リハビリ診療打ち切り措置について厚生労働委員会で追及 11月 北京で開かれた「日中平和懇談会」に出席 2005年 4月 厚生労働委員会で負担増の介護保険制度改正案を追及 5月 「脳死・臓器移植を考える議員の会」で米国のシューモン博士を招へい 5月 辻元清美さんを招いて藤沢で国政報告会 6月 韓国で開かれた「日韓平和シンポジウム」に参加 6月 通常国会会期延長の本会議で「酒気帯びの方は退場を」と演説 7月、10月〜12月 アスベスト被害救済問題で、「行政の責任」との答弁を引き出す。 6月 内閣委員会、厚生労働委員会で女性政策、漏れた年金情報問題、派遣法で質疑。 朝鮮新報 2013年4月26日• 4月 久しぶりの福島応援バスツアー開催。

>

衆議院議員阿部知子君提出原子炉等規制法と放射性物質汚染対処特別措置法の二重基準に関する質問に対する答弁書

ご寄付のお振込には、以下の口座を開設しておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。 1968年入学。 以下「線量告示」という。 のに社民党公認、推薦で(定数3)から出馬したが、得票数5位で落選した。 外来を担当(新生児から思春期の子供を診療)。 1967年 お茶の水女子大学附属高校卒業。 衆議院議員阿部知子君提出原子炉等規制法と放射性物質汚染対処特別措置法の二重基準に関する質問に対する答弁書 一について お尋ねの「特別措置」の意味するところが必ずしも明らかではないが、平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法(平成二十三年法律第百十号。

>

KAKEN — 研究者をさがす

11月 医療基本法シンポジウムパネリスト 12月 立憲民主党神奈川県連合代表就任 2016年 1月 沖縄・辺野古訪問。 『思春期外来診療室』、1998年• 2017年5月、麻生派・と合流する新派閥に参加するためが設立した新グループ「天元会」に参加し有隣会を離脱 、その後、新派閥に参加。 それ以降、みどりの風は政治団体としての活動の実態がほとんどなくなり、同年に解散した。 8月 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に出席。 『見てわかる0~12か月赤ちゃん育児book』、1998年• 「これだけの感染者を出した。 業界の仕来りには疎いのでよく判らないが、取材対象が民間人ならそれで良いのだろう。

>

立憲民主党・阿部知子「クルーズ船感染対応、これだけの感染者を出した。明らかに失敗だった」 ネット「良い案が有るなら早く言って」「そのころ枝野は桜吹雪だった」

9月11日に行われたでは、の採決で造反し、党の公認を得られずで出馬した元のに約4万票差で敗れたが、していた比例中国ブロックで復活し、初当選した(惜敗率59. 立憲民主党所属の衆議院議員(7期)。 北海道 十四、十五、十六、十八、十九、十九、十九、十九、二十一、二十二、二十四 青森県 六、六、六、六、五、六、六、六、六、六、六 岩手県 二、二、二、二、二、二、二、二、二、二、三 宮城県 八、八、十一、十一、十一、十一、十二、十三、十三、十三、十三 秋田県 二、二、二、二、二、二、二、二、二、二、三 山形県 四、四、四、四、四、四、四、四、四、四、四 福島県 四、四、四、三、三、三、三、四、四、四、四 茨城県 五、五、六、七、七、七、七、七、七、七、七 栃木県 四、四、四、四、四、四、四、四、四、四、四 群馬県 七、十、九、十一、十一、十二、十二、十二、十二、十、十 埼玉県 十一、十五、十六、十七、十七、十四、十五、十五、十五、十五、十五 千葉県 十四、十五、十五、十五、十五、十三、十三、十三、十三、十三、十四 東京都 二十六、二十六、二十七、二十五、二十七、二十九、三十、三十二、三十二、三十一、三十一 神奈川県 十一、十三、十三、十三、十三、十三、十三、十三、十三、十三、十五 新潟県 六、七、七、七、七、六、六、六、七、七、七 富山県 二、二、二、二、二、二、二、二、二、二、二 石川県 四、四、七、七、七、七、七、七、八、八、八 福井県 二、零、二、三、三、三、三、三、三、三、三 山梨県 四、四、四、四、四、四、四、四、四、四、四 長野県 四、四、四、五、五、五、五、五、五、五、五 岐阜県 五、五、六、六、六、五、五、三、三、六、六 静岡県 十、十、十一、十一、十一、十一、十一、十一、十四、十一、十一 愛知県 二十四、二十六、二十七、三十、三十、三十一、三十、三十、二十九、二十九、二十九 三重県 三、四、四、四、四、四、四、四、四、四、四 滋賀県 二、零、零、零、二、二、二、二、二、二、二 京都府 二、四、五、五、五、五、五、六、六、七、七 大阪府 三十二、三十一、三十、三十一、三十、三十二、三十五、三十三、三十二、三十三、三十三 兵庫県 十一、十六、十九、二十一、二十一、二十二、二十三、二十三、二十三、二十三、二十三 奈良県 四、四、四、五、五、五、五、五、五、五、五 和歌山県 零、零、零、一、一、一、一、一、一、一、一 鳥取県 二、二、二、二、二、二、二、二、二、二、四 島根県 六、六、六、六、六、六、六、六、七、七、七 岡山県 十三、十三、十三、十三、十三、十三、十三、十二、十二、十二、十二 広島県 十、九、九、九、九、九、十、十、十二、十二、十二 山口県 六、六、六、六、六、五、五、五、五、五、五 徳島県 五、五、五、五、五、六、六、六、六、六、五 香川県 四、四、四、四、四、四、四、四、四、四、四 愛媛県 二、二、六、六、六、六、六、六、七、七、七 高知県 六、六、六、六、六、六、五、五、五、五、五 福岡県 二十四、二十二、二十五、二十七、二十七、二十七、二十五、二十五、二十六、二十六、二十八 佐賀県 二、二、四、四、四、四、五、五、五、五、五 長崎県 五、六、七、七、七、七、七、七、七、七、七 熊本県 五、八、十、十二、十二、十二、十二、十二、十一、十一、十一 大分県 四、四、四、四、四、四、四、四、四、四、四 宮崎県 三、三、四、七、五、五、五、五、五、五、五 鹿児島県 九、九、九、九、九、九、九、九、九、九、九 沖縄県 四、四、四、四、四、四、四、四、四、四、四 また、御指摘のように、理学療法士等学校養成施設の増加によって理学療法士等の養成の質が低下しているかどうかについては、政府として承知していないが、関係団体からは、理学療法士等学生の教育の内容の見直しについての要望を受けており、二の三)についてでお答えしたとおり、今後、理学療法士等学校養成施設の養成カリキュラム全体の見直しを行う中で検討してまいりたい。 10月22日に行われた衆院選で平沼正二郎を約3,500票差で破り、5選。 、離党したの後任のに就任し、阿部自身がに離党するまで、9年間にわたり同職を務めた。 五及び六について 御指摘の「法の下の平等に反している状況」及び「避難もしくは移住する選択肢と権利」の意味するところが必ずしも明らかではないが、一についてで述べたとおり、線量告示は、原子力事業者等が原子力施設の運転等に際して満たすべき基準を定めたものであり、御指摘のような「公衆の被ばく限度」を定めたものではない。

>

プロフィール|衆議院議員 あべともこ/立憲民主党(神奈川12区/藤沢市・寒川町)のホームページ

衆議院議員阿部知子君提出理学療法士・作業療法士の臨床実習に関する質問に対する答弁書 一の一)について 理学療法士及び作業療法士法(昭和四十年法律第百三十七号)第十一条第一号及び第二号の学校及び理学療法士養成施設並びに同法第十二条第一号及び第二号の学校及び作業療法士養成施設(以下「理学療法士等学校養成施設」と総称する。 愚か者めが錯覚するでない。 立憲民主党への参加 [ ] 2017年9月28日の民進党で、希望の党への事実上の合流方針が了承されたことを受け、当初は党の方針に従いへの公認申請を行ったが 、党首のが「系議員の排除」を宣言したことに反発し 、を代表とするの結党メンバーとなった。 選択的夫婦別姓制度 [ ] 制度の導入に賛成。 残った食品を冷蔵庫にしまう、使い切ったティッシュを補充する…。

>