ボルボ xc60。 【感想】ボルボ新型XC60 試乗徹底レビューまとめ【評価口コミ評判】【長所短所おすすめ】

ボルボ XC60|価格・新型情報・グレード諸元

このシステムに否定的な技術者は、ベルトだとやや反応がよくない、と言いますが、ふだん使いなら十分でしょう。 特徴的なフロントグリルと横T字型のヘッドライトが印象的。 Dレンジから左側に倒すとレバーを前後に動かしてシフトアップ/ダウンのマニュアル操作が可能だ。 実際に運転すると、まず、パワフルという印象を受けます。 良い意味で変な華美さや派手さがないため、 ボルボ新型XC60は「落ち着いた大人のお金持ち」におすすめといった雰囲気が漂います。 さらに、ボルボカーズジャパンの広報担当者によると、急発進や急加速をできるだけ避けて高速道路を走った、いわゆるエコランをやってみた結果、高速道路を中心とした実燃費はリッターあたり17キロから18キロだったそうで、「ディーゼルモデルに迫ります!」とのことです。

>

【ボルボ XC60 B5 新型試乗】マイルドハイブリッドのXC60は「優しげな意識高め」入門車だった...南陽一浩

実際に触ってみるとタブレットのような操作性で様々な設定が可能となっており、いかにもイマドキのクルマという感覚だ。 そういうと遅いクルマのように思われてしまうかもしれないが、ご心配なく。 さらにエンジン始動時だけでなく、低速回転域までモーターがエンジンをサポートすることで、燃費はもちろん全体にエンジンがブラッシュアップされたような滑らかさを感じる。 新型XC60には色んなグレードが用意されてるものの、一番人気の売れ筋グレードの「T5」についての試乗に限定したいと思います。 7kgm/1500~4800rpm。 変速機…8速AT• こんな状況下。

>

エコなSUV、ボルボ「XC60 B5」の走りは意外にも!?

グレードに装備や仕様の違いで「モメンタム」「R-DESIGN」「インスクリプション」の3つが用意されるところも、ガソリンモデルのラインナップと同じだ。 3世代目へと進化したDRIVE-Eパワートレインは、エンジン単体のスペックはT5に近い250ps・350Nmだが、MHEV化にあたって全面的に見直されている。 先代XC60から比べると、運転席周りのスイッチ類は53個から8個まで機能を絞って減らされてる。 ただエアサス仕様の乗り心地は「 意外と路面の目地を拾い、振動が伝わってくる」と評価するのはカートップの試乗記事。 モーターは48ボルボのバッテリーで駆動されます。 これには、高速走行時にあまりアクセルペダルを踏み込まない、低負荷時は4気筒のうち2気筒を休止させるシステムの恩恵にも浴しているのでしょう。 日本法人も、ディーゼルエンジン搭載の新型車というものはこれからありません、と明言してきています。

>

【感想】ボルボ新型XC60 試乗徹底レビューまとめ【評価口コミ評判】【長所短所おすすめ】

自分はタイプ的にアウディいくかなぁ。 新型XC60では90シリーズ同様に12. そして燃費はJC08モードで、ターボ付きガソリンの12. タイヤの銘柄はミシュランで、経験的にミシュランは指定空気圧であれば(任意で下げなくても)快適な乗り味を示してくれることが多いが、試乗車はボルボとして、やや硬質なタッチを感じる場面もあった。 。 車重は1800~2105kgとややヘビー。 アイドリングストップからの発進時の振動も、ディーゼルや通常のガソリンエンジンと比べたら格段に振動が抑えられている。

>

ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 幸せな気持ちにさせる

万が一、道路からの逸脱を回避できなかった場合は重大な負傷から乗員を保護するため、ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護機能)が作動。 現実問題までしっかりわかってらっしゃる…。 「Power」モードでは、ターボチャージャーとスーパーチャージャーのふたつの過給器を搭載したガソリンエンジンとパワフルな電気モーターが同時に稼働。 ボルボ新型XC60の試乗の評判ってどうなん? ということで本題。 今回投入されたモデルはそのひとつで、新たに48Vハイブリッドパワートレーン「B5」を搭載する。 VOLVO(ボルボ)ってあんまり知らないけど、他の輸入車よりもスマートな感じがして悪くないわ。

>

エコなSUV、ボルボ「XC60 B5」の走りは意外にも!?

排ガス中の窒素化合物やPM(粒子状物質)というディーゼルエンジンの排気のなかに含まれている成分が問題なわけです。 それでも最小回転半径は5. 2020年5月に、環境対応の新パワートレイン搭載の「XC60 B5」が日本に登場しました。 ただし、後述するライドフィールも含めてX3はやはりBMW的なスポーティさがあるのに対して、XC60はボルボらしい、良い意味でのユルさがあるのが魅力。 ・Inscriptionはとにかく標準でついている機能が多く快適(HUD、アラウンドビューモニタ、シートベンチレーション・マッサージ機能、レッグエクステンション、アンビエントライト、リアシートヒータ・・・) ・ほとんど大きなトラブル・故障がない 【少し不満なこと】 ・コーナーの連続する場面でのハンドリングにもう少しだけスポーティさが欲しい(BMWツーリングとの比較としてですが) ・ナビの詳細地図がもう少し縮尺大きいものがほしい。 前席にはマッサージ機能も備わる。 もちろん、あなたの大切な家族やゲストを守る、最新の安全・運転支援機能は標準装備されています。 ちなみにB5と同様のエンジンシステムを採用するメーカーとして、ホンダ、SUBARU、スズキ、さらにメルセデス・ベンツがあります。

>

ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 幸せな気持ちにさせる

現在は活動の場を日本に移し、一般誌から自動車専門誌、ウェブサイトなどで活躍している。 アイシン製の8速ATも組み合わさることで、新型XC60におけるスピードの加減速はクイック。 なかでもボルボは、以前から新しいクルマにディーゼルエンジンは搭載しない姿勢を明確にしていました。 。 詳しくは店頭又はWebをご確認下さい。 あらゆる道を、それも結構な勢いで。 ルームミラーは鏡のまわりに縁のないフレームレス。

>