君子 危うき に 近寄ら ず 意味。 「聖人君子」の意味は皮肉?女性に使う?由来・類語・対義語も例文つきで解説

君子危うきに近寄らずの意味・例文・類語・反対のことわざを徹底解説

「聖人君子」の語源は中国の儒教 「聖人(せいじん)」は中国の儒教に語源をもちます。 いくら有名な人でも暴言や暴力がある人に近づいてはいけないよ。 聖人は物に凝滞せず 「聖人は物に凝滞せず」の読み方は「せいじんはものにぎょうたいせず」です。 「逃げるが勝ち」をそのままタイトルにした自己啓発本や、「逃げる勇気」「逃げ出す勇気」「逃げる力」といった類似の表現のタイトルの本もたくさん刊行されています。 2-2.「君子危うきに近寄らず」は注意喚起ができる 「君子危うきに近寄らず」はをする言葉としても使えます。

>

故事成語「君子危うきに近寄らず」の意味と使い方:例文付き

2-4.「君子危うきに近寄らず」は教訓にして も平気? 「君子危うきに近寄らず」は教訓の言葉にするには最適でしょう 被害を被ってしまいそうな話や、うますぎる話や勧誘などにひっかかり金銭をだまし取られてしまう事件も現代では多発していますよね。 それが「瓜田に履(くつ)を納(い)れず」ということわざです。 例えば、戦場カメラマンなどがその典型と言えるでしょう。 「君子危うきに近寄らず」の意味 「君子危うきに近寄らず」には、どんな意味があるのでしょうか。 安全な道ばかりではなく、時には思い切って反対の行動もとってみてください。 教養高い人格者は言動を慎むもので、自ら危ないところに近づいて災いを招くような馬鹿なことはしないのです。

>

君子危うきに近寄らず

『孫子』とは、古代中国の兵法書で、具体的な戦術とともに、合理的な勝ち方や戦略論が書かれています。 「君子危うきに近寄らず」の類語 「君子危うきに近寄らず」には以下のような類語があります。 「君子危うきに近寄らず」の使い方 「君子危うきに近寄らず」は、どのような使い方をすればいいのでしょうか。 例文のように、危険なことを回避した後なのか、する前なのかで使い方が変わります。 「私はうますぎる話には乗らないことにしている。

>

「聖人君子」の意味は皮肉?女性に使う?由来・類語・対義語も例文つきで解説

「凝滞」の意味は「滞って進まないこと」です。 単語の意味を知るだけでも「君子危うきに近寄らず」の英語表現が理解できるのではないでしょうか?また、「Keep-out-of-harm's-a-way. 自分にそんなつもりはなくても、人からあらぬ疑いをかけられるような行為は避けておくべきだという意味です。 逃げることが身を守ることになるという意味も含まれ、「逃げるが勝ち」と同じ意味の教訓的なことわざです。 【出典】 - 【注意】 - 【類義】 危ない事は怪我のうち/臭しと知りて嗅ぐは馬鹿者/賢人は危きを見ず/聖人は危きに寄らず/命を知る者は巌牆の下に立たず 【対義】 危ない所に登らねば熟柿は食えぬ/危ない橋も一度は渡れ/枝先に行かねば熟柿は食えぬ/ 【英語】 Discretion is the better part of valor. 実際、事件や事故に巻き込まれる人の多くは、 自ら危険なところに行っているケースが多いものです。 • これは元々雷を避けるためのおまじないだったのですが、転じて忌まわしいことを回避したいときに唱えるようになりました。 しかし、そこには大きな危険が伴います。

>

「君子危うきに近寄らず」の意味と使い方を解説!すぐ使える例文付き

どちらも危険なことには近づかない方が良いという意味です。 なので共通する教訓としてセットになることが多くなっています。 このことわざは危ないとわかっていることでも一度はチャレンジしてみなさいという意味を持っています。 このように「君子危うきに近寄らず」は注意喚起をする時にも使える便利な言葉です。 「君子危うきに近寄らず」の例文 「君子危うきに近寄らず」の例文を紹介します。

>

「君子危うきに近寄らず」とは?意味や使い方をご紹介

「負けるが勝ち」の意味は「勝ちを譲れば結局は自分が勝つ」 「負けるが勝ち」とは、あえて争うことをやめて相手に勝ちを譲ると、自分にとって有利な結果となって、結局は勝ちにつながることから生まれたことわざです。 直訳すると猫は九つも命を持っているという意味なのです。 ですから、賢い人は、危ないところに行くと、どうなるかを事前に察知して下手な行動をしないよつ伝えたい時によく使います。 つまり、スモモの木の下で曲がった冠の位置を直していると、スモモを盗んでいるように見える。 「君子危うきに近寄らず」は、近づくことを戒めているに対して、「李下に冠を正さず」は、紛らわしい行動を戒めています。 並の人ならまんまと引っかかってしまいそうな巧妙な落とし穴や、老獪な人物の企みを見抜く洞察力と、上手に回避する智慧を持ち合わせた人を評して使います。 つまり「命や身体に関わることはもちろん、身の破滅や何らかの損失・損害に繋がりそうなことなど、 リスクのある行為はあらかじめ避けるのが賢い人間のすることだ」ということです。

>