ムッカ エキスプレス。 5分でカプチーノができるイタリアの「ムッカ・エキスプレス」が素晴らしい! 同時にフォームミルクも作れて便利すぎる~

カプチーノメーカー「ムッカ・エクスプレス」2カップ用のレビュー

また、イタリアではマキネッタで淹れたコーヒーは モカ(moka)と呼ばれます。 無理に抽出量を調整しようとしてコーヒー豆の量を減らしたり水の量を減らしたりすると、うまく抽出できなくなるほか、マキネッタ本体が破損してしまうおそれもあります。 しかし他社商品より割高という点も否めません。 以下で、実際の使い方・淹れ方を確認しましょう。 お湯の分量はお好みですが、「コーヒー:お湯=1:3」がだいたいの目安です。

>

5分でカプチーノができるイタリアの「ムッカ・エキスプレス」が素晴らしい! 同時にフォームミルクも作れて便利すぎる~

近年では様々な機種が発売されています。 以前にBIALETTI ビアレッティ のちょっと変ったマキネッタ「ムッカ・エキスプレス」についてちょっと書いたけどこれって使うのにコツがいるんですよね そんなわけで情報収集しながら試行錯誤した結果、 正しい使い方わかってきたたのでまとめます。 「圧力バルブ」を清潔に保つことにより、おいしいカプチーノを長くお楽しみいただくことができます。 このバルブにはブリッカと同様に錘が仕込まれている。 過度の圧力で本体が破損しないように作られた安全弁で、普段は触る必要はありません コーヒー粉を入れるバスケット。 2~3分程度でシューッという音と共にエスプレッソが抽出され、上部に入れたミルクにも圧がかかり、フォームミルクが完成! と感動すら覚えてしまいます。 外ではバール(喫茶店)でエスプレッソ、自宅ではマキネッタでコーヒーを飲むというのが一般的だそうです。

>

カプチーノメーカー「ムッカ・エクスプレス」1、2カップ用

包装の外にお付けする形となります。 見た目がおしゃれ• ) 特に、「圧力バルブ」は牛乳の油脂成分が中で固まってしまうと、抽出時にうまく作動しなくなることがあります。 冷たい牛乳でもいいけど、泡立ちと仕上がりの温度を考えると、一手間温めておいた方が良さそう。 本機種は本来、カプチーノ(またはカフェラテ)を作るもので、エスプレッソだけを作るものではないのですが、牛乳を入れないで使えば、通常のエスプレッソメーカーより薄くはなってしまうものの、コーヒーだけでもお作りいただけます。 そして、ポットの上部分にミルクをいれて中火にかけます。 その下に小さくある牛のマークが、ムッカエクスプレスのロゴ。 この手軽さとしっかりした泡ができると評判でした。

>

モカエキスプレス

深煎りで、細挽きのコーヒー豆がおすすめです。 使用してみての感想ですが、この商品の売りであるカプチーノは想像以上にフワフワ泡になり、エスプレッソは圧力弁の効果かクレマがしっかりできる本格派でびっくりしました。 こんにちは!ぽぬ吉です! コンビニでついついカフェラテを注文してしまう今日この頃です。 2013年• エスプレッソ豆を固めて個別包装された「カフェポッド」の導入も考えましたが、あまり普及していないのか、売っている店が少ないようです。 ふたを開け、泡があふれ出す前に火を止めてください。 コーヒー豆の挽き方や量によってクレマの出来具合にはバラつきがあり、自宅で気軽に雰囲気を楽しむならそれほど厳密でなくてもよいと思います。 こんな優れものを産み出したイタリア人に感謝ですね。

>

直火式エスプレッソメーカー「モカ・エクスプレス」全6サイズ

内側にラインが入っている場合はそこまで入れればいいですが、ない場合は 安全弁(丸いでっぱりの部分)の少し下までを目安に水を入れてください。 この「ムッカエクスプレス」の画期的な点は、通常は「エスプレッソ」と「スチームミルク」を別々に作るところを、両方一度にできるところ。 クルリと回転させます >>「モカ・エクスプレス」 ブラウザがインラインフレームに対応していません。 。 半世紀以上にわたるロングセラーで、その伝統的なフォルムと口ひげ紳士のロゴマークは、イタリアのみならず、いまや世界中の国々でその地位が確立されています。 深煎りで、細挽きのコーヒー豆がおすすめです。

>

カプチーノメーカー「ムッカ・エクスプレス」1、2カップ用

2014年• テーブルでコーヒーが溢れる惨劇を起こしてしまいました。 マキネッタはエスプレッソではない 直火式と電気式の一番の違いは、かけられる圧力の大きさです。 1年から1年半程度でゴムパッキンが弱って泡の立ち方が弱くなってくるそうなので、1年おきに買い換えれば泡も弱りません。 20世紀前半にイタリアのビアレッティ社によって発明され、同社は現在でも代表的なモデルを販売し続けています。 各社のモカ・ポットはビアレッティ社製のものとは異なる外観をしているが、これらはモカエキスプレスと同サイズのガスケットを使用しているためビアレッティ社製の補修部品が他社製のモカ・ポットに使用できることもある。

>