Kato 117 系。 KATO 117系 旧製品 改修1

光る「新快速」幕を味わえ!40年の時を超えて刷新 KATO 117系をゲット!

比較表ではKATO側を黄色マークしましたが、どちらを好むかは人によるので、どちらが良いかズバッと断定はできません。 むしろ側面方向幕の位置、こんなに高い位置だっけ?という感じですが、ひららさん的にはいかがでしょう? カテゴリー• 私のはあたりだったのかどうかはわからないですが、皆さんが言うような感じではなかったです。 模型の宿命と思うのですが、スケール通りだと顔が破綻するのを避けるためなのかなと。 運転台まわりは、二本線で表現されたワイパー、ライトグリーンが映えるコックピットが好印象。 (続くかどうかは未知数…!) ここまでをザッとおさらいすると… ヘッドマークの見栄え優先ならTOMIX 後付けパーツが面倒ならKATO トイレ窓にこだわるならTOMIX サイド見下ろしアングルならKATO 各部細かい部分を意識しだすと本当に一長一短ですね…。

>

KATO 117系<新快速> 6両セット 品番:10

走り自体はギクシャクしないので、修理に出しても突っぱねられるんじゃないかと不安が尽きないので、このままホールドするかどうしようか少し悩んでいたりします。 パッケージオープン。 全てのパーツを取り付ければ床下のディティールはTOMIXが優位。 先ほどの先頭車サイドの写真を少しクローズアップ。 久しぶりに家探ししてMAとあわせてしっかり18両出てきました なお、この製品、ものすごく中途半端で、お持ちの方、ご確認を。

>

光る「新快速」幕を味わえ!40年の時を超えて刷新 KATO 117系をゲット!

外観ビュー あの下ぶくれな面構えを見事に再現! 素晴らしい。 1 屋根はJR時代なのにインレタはすでに生産終了 2 増結セットのユニットも車番が同じ すべて40 駄文、失礼しました。 このときのMなしのユニットは単品売り、室内灯は11-201でした。 先ほどのベースとなるプラ板に、瞬間接着剤でスカートを接着します。 あと手を加えるとしたら、前照灯・尾灯のLED化くらいでしょうか。

>

KATO 117系<新快速> 6両セット 品番:10

妻面 妻面は計4パターンでザッとこんな感じ。 両社でこんなに違うものかと驚いたポイントの1つです。 最後はこの妻面に幌 幌枠 を取り付けます。 通電せずにディスプレイしたい人なら間違いなくTOMIXでしょう。 Nゲージのものの、TOMIXに対する迷いも残っていました。 (赤矢印)信号炎管、スノープロウ等、KATOは最初から付いてます。

>

117系 福知山快速色 入線&整備です。KATO 10

福知山、サンライナー、東海色etc. あくまでも好意的に解釈すれば…。 旧作リスペクトなのかハズレを引いてしまったのか…。 非点灯時でもよく見える「新快速」も含めて、ヘッドマークまわりはTOMIXがとても好印象です。 でも、面倒だったり億劫だったり、もし売却するとき査定下がるかもなーという意識もあったりで、気が付けば放置されてる方も少なくないことでしょう(私も含めて)。 「新快速」の文字は、折れ曲がった透明パーツの向こう側にあるので、角度によってはご覧の通り屈折した感じで見えてしまいます。 さらに1つ驚いた点。 左が元の台車で、右が交換後の台車です。

>

光る「新快速」幕を味わえ!40年の時を超えて刷新 KATO 117系をゲット!

ただ、この辺り、スノープロウを付けたあと肉眼で遠目に見るとゴチャゴチャして、そんなに目立たないので「ご愛敬」ってことで私はこのままいきます。 ステッカー。 151• 管理人さま、こんにちは。 サイド(先頭車を中心に) 続いて側面のディティール、先頭車を中心に比較してみます。 762• 最初は1枚目の写真のように市販の金属製のワッシャを噛ませようとしたのですが、厚みがありすぎて台車の首振りがきつくなってしまったので、2枚目の写真のように薄いプラ板に穴を開けたをワッシャを作りました。 走行可能な最小半径に関してはTOMIXのほうが公称値よりも融通が利く感はあります。 408• KATOはしっかり塗られています。

>