重複 読み。 「重複」=じゅうふくは間違い?意外と読めない漢字4選

「重複」と「既存」の読みについて

という事です。 松原岩五郎という方が書いた【最暗黒之東京】という作品が、1893年に出版されています。 まとめると次のようになります。 「重複+名詞」を使った例文 「重複」のあとに名詞を続けて、そのものが重なっていることを表す使い方もあります。 70代の上司と、50歳の夫です。

>

「重複」の読み方、「ちょうふく」と「じゅうふく」のうち、正しいのはどっち?

124件のビュー• 日常の言葉では、 重圧、重臣など、「じゅう」と読む言葉の方が比較的多いため、その読みに引っ張られているのかもしれません。 「重複したデータを削除する」など、普段仕事でよく使う単語ですよね。 果たして「重複」は、「ちょうふく」と「じゅうふく」のどちらを使うべきなのでしょうか。 「重複」は何と読む? テレビや雑誌等のクイズコーナーで散々扱われたので、 多くの人が「ちょうふく」と読むことができるのではないでしょうか。 意味 言いつけ・きまり・法律などにそむかず、それをよく守ること。 これを機に覚えてみてはいかがでしょうか。 つまり、「重複」も漢字をバラバラにして読むと、「重」を「ちょう」と読むより、「じゅう」と読む方が身近で読みやすいですよね。

>

重複を「じゅうふく」と読んだら間違い?みんなが怪しい読み方10選|OTONA SALONE[オトナサローネ]

。 言葉というのは時代と共に変わっていくものとはいえ、 数十年の短期間にコロコロ変わられちゃったら、 覚える方も大変ですよね(^^; 今回は以上です。 それを聞いていたもう1人のメンバーが「それ違くね?」とツッコみを入れたことから議論が始まりました。 意味 書物のはじめに掲げる、その書物の編集方針や利用の仕方などに関する箇条書き。 重複の読み方とは? 重複という漢字は「ちょうふく」と読むのが正しい読み方です。

>

「重複」の読み方は「ちょうふく」と「じゅうふく」のどちらが正しいか

31件のビュー• 漢和辞典の大辞典にしても、 「重複」は「チョウ・フク」と送り仮名されており、「ジュウ・フク」とはなっていません。 かんき• "慣用読み"とはまた少し違った位置づけになるのではないかと思っているのですが、このあたりの正しい情報をご存知ないでしょうか? よろしくお願いします。 慣用読みというのは本来の読み方ではありません。 そもそも「重」という字は「じゅう」と読みことが圧倒的に多いのです。 「体重」や「重量挙げ」など「ジュウ」と読みますよね。

>

「重複」って正しく読める?間違いがちなビジネス漢字5つ|MINE(マイン)

「じゅうふく」が認知された理由 慣用読みとは、誤った読み方が広く使われるようになったために、徐々に認められていったものです。 41件のビュー• よろしければ、皆さんが「重複」をどう読んでいるのか、できればご自身の年代と、その読みをどこで覚えたのか、もし覚えていたら学校の先生などは何と仰っていたのかなど、教えていただければ幸いです。 学校でならった読み方がちょうふくだったから。 重複表現を必ずしも否定しないNHK テレビやラジオの放送中に、アナウンサーが重複表現をしているケースがあります。 慣用読みの事例としては、早急(そうきゅう)・捏造(ねつぞう)・独壇場(どくだんじょう)などがあり、それぞれの正しい読み方はさっきゅう・でつぞう・どくせんじょうです。

>

重複の読み方と意味とは

辞書にも「本来はさっきゅう」などと注釈付きで載るようになってきましたし、辞書によっては正しい読みとしているものもありますが、本来の正しい読み方は「さっきゅう」だと覚えておいて損はありません。 ちなみに、10年前くらいだと、「じゅうふく」と 読むほうが圧倒的に多かったようです。 意味は特に難しくないので、これにて説明は終わります。 70件のビュー• 「重」を「じゅう」と読む熟語 「体重」「重量」「重力」「重圧」「重役」「重心」「重厚」「厳重」「重病」「重罪」「重婚」 一方、「重」を「ちょう」と読みことは、多くはありません。 「ジュウ」とも「チョウ」とも読むものには「重臣・重任・重用」などがありますが、これらは、現代語としては、「ジュウ」の方が優勢で、「ジュウ」と「チョウ」とで、意味の区別があるとはいえません。 「重複」の読み方は?ちょうふく?じゅうふく? 「重複」の本来の正式な読み方は <ちょうふく>となります。 例文 この会が発足(ほっそく)して今年で20年になります。

>

「重複」の読み方の正解とは?正しい意味と合わせてチェックしよう

しかし、その場合の表記は「代替え」となり、送り仮名が必要です。 3 汎用• ちょうふく• 「じゅうふく」と読むことも多いですが、これは慣用読みとして定着しているためで、本来は「ちょうふく」が正しいようですね。 慣用読みとして認められていく誤読も 前回も書きましたが、言葉は生き物、変化していくものですし、読み間違いがあまりに多くなり、それが慣用読みとなって、最終的には辞書も認める、そんな流れにもなります。 「同様のコンテンツ」 「重複したコンテンツ」 どれも結果的には同じ意味を表す言葉になります。 この2つの言葉の読み方について、 「重複」は[ちょうふく]、[じゅうふく]どちらでもOK 「既存」は[きそん]が正しく、[きぞん]は間違い とよく聞きます。 41件のビュー• 「じゅうふく」は慣用読みとして通用してはいますが、元々誤読だったものが浸透していったもので、正しい読み方ではありません。 こちらも慣用読み「てんぷ」の方が多くなってきました。

>

重複を「じゅうふく」と読んだら間違い?みんなが怪しい読み方10選|OTONA SALONE[オトナサローネ]

この意味の場合にも、古くは「チョウホウ」と言った。 「duplicate」は「複製」というニュアンスです。 「二重」、「重婚」、「重版」など数は少ないものの、「ジュウ」と読む例があります。 Contents• 「ジュウ」は「重い」を表します。 仰せの意味は上司などの目上の人から指示されたことがらに対することや命令に対して表しています。 「それは重複だ」というように「余分だ、不要なものだ」というニュアンスならば、形容詞「redundant」を使うのがよいでしょう。

>