ダイワ 月 下 美人。 【ロッド】ライトワインドにダイワ 月下美人79UL‐Tの使い心地がとてもいい

DAIWA : 月下美人 夜霧Z

ラインローラーの回転数は物凄い数になりますから2BB仕様は ありがたいです。 薄すぎてラインストッパーも省かれちゃいました。 ジグ単特化のおすすめモデル「59UL-S」• 4号まで、全て愛用してます。 やはり ルアーウエイトMAXが5gだけあって 1gでも重みが伝わってきます。 そして今回の本題である ライトワインドはどうなのか。 視認性 良くあるクリアカラーのエステルラインなので、視認性に関しては並レベル。

>

月下美人AIRのリール説明

2のPEラインで30センチ近くの尺メバルを引っ張り出せたので強度はいいのかと思います。 しなやかに曲がるV-JOINTによって、大型メバルとも安心してやり取りが可能。 ガイドリング• アルファスAIR TWとベストマッチ。 黒い部分はZAIONボディの艶消しブラック。 透明なエステルラインも常夜灯下のナイトアジングなら意外とよく見えるので、良かったら試してみて欲しい。 基本モデルが新機種 THEORY(セオリー)なので、 月下美人14とは全く違うリールとなっています。 42S シンキング フローティングに比べて遠投性能が高く、効率よく広範囲を探ることが可能。

>

DAIWA : 月下美人 TYPE

ライトワインドに使うロッドで使い易いのは『 チューブラーティップのアジングロッド』が条件になって来ます。 ) 決してマグシールドの機能が無くなったのではなく、構造をシンプルにする 上で変更され、キャップの代わりにメタル調シールを貼ってます。 いや、ぼくは見た目にもこだわりたい。 その為には今までよりルアーウエイトMAXがもっと小さいロッド。 今まで以上にティップが曲がる、要はシャクリ幅が広くなると言う事はそれだけワインドさせる距離の繊細なコントロールが幅広く出来ると言う事。 また、リール装着時のバランスが良いため、竿を横にした際の持ち重り感が一切なく、操作性の良さも感じられる1本です。

>

ダイワのエステルライン 月下美人TYPE

曲がり込んで粘り、メバルの動きを封じ込める。 78ML-S・R フロートリグやシンキングペンシル、ミノーの遠投に適したロングモデル。 用途に応じて専用設計することで汎用リールシートでは体験できない操作性を実現。 前項でご紹介したダイワ製品にあてはめると以下のような感じになります。 アイテム 特徴 月下美人 AJING 611L-S ジグ単から遠投リグまでカバーできるオールラウンダーな1本。 毎回釣行のたびにライントラブルしてました。

>

DAIWA : 月下美人 エイトスナップ

より柔軟性の高いソリッドティップはジグ単寄りの短尺ロッド、ハリの強いチューブラーティップは遠投リグに寄せた長尺ロッドに搭載されています。 スプールを極限 まで削って軽量した為で、軽量化の常習手段の穴あけ加工も不可能と説明が あります。 と言う事はワインド以前にダートさせ切れてない。 アジングにおいてテクノロジーは感度に反映され、釣果を分けるポイントとなります。 しかし実際に使用してみると、もちろん1g以下の軽量ジグヘッドも穂先が微妙に入り込んでくれるので使いやすいが、 1g以上のジグヘッドでも全く問題なく使える。

>

ダイワ 月下美人MXアジングロッドを実釣インプレッション!

なのでこのロッドは非常に使い易いです。 クロスラップ• これなら魚からのアタリが直接伝わって、フッキング動作に入りやすいイメージです。 感度 月下美人MXアジングモデルはソリッドティップを搭載しており、 しなやかに曲がり込むメガトップを採用している。 軽量化のため?デザイン??分かりません。 フローティングタイプながら、最も重いLLでは19gと非常に重いウエイトまで揃っているのが目を引きます。

>