敵 基地 攻撃 能力。 安保関連法成立5年 首相「敵基地攻撃」言及なし 年末にも結論

中国、尖閣諸島を事実上支配…「敵基地攻撃能力」の保有、日本の安全保障に不可欠

「敵基地攻撃能力」保有論については、岩上安身による、水島朝穂・教授のインタビューもぜひあわせてご覧いただきたい。 そもそも、今回の議論は陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の撤回を受けて始まったものだ。 それは「攻撃を受けたときに初めて防衛力を公使する最小限の防衛。 「敵基地攻撃能力」の保有は強固な抑止力になる 前記の通り、「専守防衛」は、憲法9条に基づき、他国から攻撃されない限り攻撃しない防衛戦略である。 敵基地攻撃とは何か。 一方、政府は国産の「12式地対艦誘導弾」の射程を延ばし、敵の射程外から攻撃できる長射程巡航ミサイルとして開発する方針を決めた。

>

杉原浩司 : 「敵基地攻撃能力」保有に反対するネット署名の期限を延長し ます!

安倍晋三前首相は、日本の抑止能力向上のため、「敵基地攻撃能力」の保有について「迎撃能力を上回る能力の確保が必要」と談話で述べ、積極的な姿勢を見せていた。 実際の敵基地攻撃は、航空機による敵基地攻撃の場合、戦闘機の管制機能をもつ空中早期警戒管制機(AWACS)に指揮された戦闘機が空中給油を受けながら長距離を飛行し、敵基地に接近すると電子戦機が妨害電波を出して敵の地上レーダーを撹乱 かくらん する。 こうしたミサイルは、既存のミサイル防衛体制では迎撃できない可能性があるとみられています。 なぜなら、「専守防衛」は、「侵略戦争」を放棄した憲法9条1項2項に基づく理念であり防衛戦略だからである。 重大なのは、集団的自衛権の行使を認めた安保法制=戦争法の下で、自衛隊がそうした能力を持てば、日本が攻撃を受けていないのに、同盟国である米国を守るためとして、他国を攻撃することが可能になることです。 現状は「日本の領海に中国船が侵入している」ではなく、「中国の制海域に日本の領土がある状態」に近いだろう。

>

日本の敵基地攻撃能力、専守防衛を掲げる日本の防衛政策は?

戦闘爆撃機やトマホークなどの艦対地ミサイル、遠隔地から攻撃するスタンドオフの空対地長距離ミサイルをはじめ、戦闘機を領空領海外に越えさせる空中給油機などの十分な整備が必要になる。 なぜなら、日本全土に対する同時数百発の核ミサイルによる先制核攻撃を受けた場合は、1憶2000万日本国民の大多数が犠牲になり、日本国自体の人的物的消滅も否定できないからである。 敵基地攻撃能力の保有などに関しても、その理由を話し、理解を得るのが本来の手法であり、「専守防衛はやります、でも攻撃兵器も持ちますでは、どこかで破綻するはず」と懸念していました。 そして、「 攻撃的兵器の保有は自衛のための最小限度を超える」と説明し、「大陸間弾道ミサイル、長距離戦略爆撃機、攻撃型空母はいかなる場合も保有は許されない」との政策判断を示してきた。 弁護士実務経験30年。

>

「敵基地攻撃能力」めぐり議論 イージス・アショア配備断念で

したがって、「専守防衛」を貫くためには、他国からの攻撃をあらかじめ抑止することこそが最も重要である。 ルーマニアに配備されている米軍のイージス・アショア(写真:アメリカ陸軍工兵司令部公式サイトより) イージス・アショア導入決定の根底には、「拒否的抑止」の理論が据えられていた。 8日に行われた自民党総裁選候補者による共同記者会見でも、首相は「専守防衛の範囲の中で与党で議論している。 現況だけを見ると、日本側が圧倒的に不利であると言わざるを得ない。 安倍晋三前首相は、日本の抑止能力向上のため、「敵基地攻撃能力」の保有について「迎撃能力を上回る能力の確保が必要」と談話で述べ、積極的な姿勢を見せていた。 敵のミサイル基地などを直接たたく敵基地攻撃能力の保有は明記せず、「抑止力の強化」との表現で引き続き検討する方針を示すが、検討の期限は設けない。 その他、特殊部隊が敵基地に侵入し破壊する方法もある。

>

「敵基地攻撃能力」保有、政府方針に明記しない方向 新ミサイル防衛|TBS NEWS

「敵基地攻撃能力」の保有は強固な抑止力になる 前記の通り、「専守防衛」は、憲法9条に基づき、他国から攻撃されない限り攻撃しない防衛戦略である。 しかしイージス・アショアは、迎撃時に、迎撃ミサイルブースターが住宅地を含む周辺に落下することが問題となり廃案となった。 そのためには、相手国のレーダー網を破壊する電子戦機、敵防空網制圧(SEAD)と敵防空網破壊(DEAD)任務機などが必要になる。 9条1項はいわゆる侵略戦争を放棄したものである。 防衛省は、集団的自衛権の行使として敵基地を攻撃する可否を明らかにしていません 「東京」9月18日付)。

>

辞任表明後も「敵基地攻撃能力」保有に固執する安倍総理!自民党は昨日9月1日の総務会で党員投票なしの簡易総裁選を決定!「石破封じ」の上、菅氏へ総理総裁のポストを譲り「アベ政治」継承を強行!

十分な打撃力の確保 敵基地を破壊するためには、十分な打撃力がなくてはならない。 (2019年5月16日 衆議院本会議) 安倍総理大臣は、6月の会見で、3年前に自民党から保有を検討するよう求める提言が出されたことを踏まえて、「われわれも、自民党の提言を受け止めなければならない」と述べました。 政府が敵基地攻撃能力の保有に関する「意思」を明示しないまま、「能力」だけが拡大する構図が続く。 トータルな防衛装備システムが整備できていなくてはならない。 しかし、核ミサイル技術が飛躍的に進歩した現代では、核保有国から先制核攻撃をされてから反撃するのでは最早手遅れである。 つまり、相手国の領域にまで攻め込んで、レーダーや対空ミサイル施設などの防空網を破壊し、ミサイル発射機の付いた移動用車両や地下のミサイル基地をしらみつぶしにたたくという意味です。

>