は く ざん ラジオ。 ラジオ

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』が初のVR展開 Kis

ポータブル カセット - の箱位の大きさ。 その結果、・と共に、付で予備免許を交付された。 MBSでは、「ラジオ(放送事業)とテレビ(放送事業)を兼営するからこそできたことがあるので、(今後も両事業の間で)シナジー(効果)を生み出すことが大事」との姿勢から、新・毎日放送への事業承継後もラジオとテレビの兼営体制を維持してきた。 NHKの例でいえば第1放送が左側の音声、第2放送は右側の音声をそれぞれ放送し、2つのラジオを並べて置いたり、2台分のチューナーを搭載したを使ってステレオ音声を受信するものだった。 そこで東京放送局は、東京市電気局電気研究所が放送実施のために購入した社製の無線電信電話機を借り放送用に改造して使用することにしたが、のの検査で「放送設備が未完成のため3月1日の放送開始は時期尚早」と判断された。

>

ラジオ

ステレオ収録された番組を放送する場合、NHKでは各(、、、、、、、、)にパッケージテープを送り、各地方局ではテープを流している基幹局の電波を再生する「放送波中継」方式がとられていた。 ラジオでは、・・などが演奏するを、天気予報やのBGMに採用している。 特に報道激戦区の東京地区では東京支社のスタッフがに混じりながら自由に取材活動を行っていた。 本放送の開始は、、の屋上に建てられたからを開始。 リスナープレゼントを前述した全局規模の企画に集約させるなど、番組単位での特別企画を縮小していた。 には東京で2番目となるエフエムジャパン(現:)が開局、大都市圏では複数の民放FM局が開設されるようになり、対象の多様化が進んだ。

>

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』が初のVR展開 Kis

- NHK東京、『立体音楽堂』の時間にラジオ第1・第2・を使って三元立体放送実施(第2回NHKイタリア歌劇公演より作曲・歌劇『』ハイライト)。 日曜午前は教会に出向けないリスナーのために、KDKAなど多くの局が教会から生中継し、人気番組となっていた。 (1993年初演)• jpプレミアムを通じてインターネットで同時に聴取できるようになった。 FM東海が動き出したのが末、NHK-FMが動き出したのが。 その一方で、には、全ての曜日で放送されてきた『』(略称『ヤンタン』)の放送曜日を土・日曜日に縮小した(平日では2018年度から金曜日のみ復活)。 生放送番組のレギュラー出演者の一部(毎日放送報道局気象予報部所属のなど)やゲストについては、後述するTokyo Biz Studioからの中継や、滞在先から・電話を通じた出演へ徐々に切り替えるなど、感染拡大の一因とされるの回避に努めている。 FMステレオ放送 [ ] 日本ではから当時のによってこの方式による試験放送が開始される。

>

MBSラジオ | AM1179 FM90.6

関西地区のradikoプレミアム会員は対象外となっている。 この思想は現在もの第15条に残っている。 には東京通信工業が日本初のトランジスタラジオを発売。 その一方で、聴取率で首位を奪回してからは、生ワイド番組との同時放送形式でテレビCMを流すなどの積極姿勢に転換。 その送信機は同社の技術者が設計し、開局初日の番組はの開票情報で、候補の当選を伝えた。 また、CMセールスのシェアについては、1999年から在阪5局のトップを維持している。 昔は高価だった増幅素子を節約するために考案された。

>

アイヌ語ラジオ講座 | STVラジオ

こんにち只今より放送を開始致します だった。 また、この周波数に変更となった際に(当時はダイヤル式が主流だった)での調整方法を説明したパンフレットが製作された。 大阪放送局はその年のから仮放送を出力500Wで開始した。 - 振幅変調を用いて、で放送されている。 衛星デジタル音声放送• 改編語最初(同年6月)の聴取率調査では、ABCを抜いて、初めて在阪局の単独首位に立った。 によれば、周波数の変更直前に「バスタニック」(当時が発売していた風呂用洗剤)のCMが放送されていたことが確認される。 - FM民放4局間( - - - )にFM放送用PCMステレオ回線が開通、運用開始。

>

MBSラジオ

1960年8月 - FM東海が、米クロスビー研究所が開発したFM-FM方式によるステレオ実験放送を開始(1961年にAM-FM方式が標準ステレオ方式になるまで実施)。 金曜深夜(土曜未明)0:25 - 4:55•。 のをはじめに全国に民放FM放送局が相次いで開局する。 また、正午からの実証実験が始まったことを機に、公式サイトを同サービスに対応した内容へリニューアル。 送信施設はがアナログ放送時代に使っていた送信所に設置。 「全国鉱石化」(日本全国のどこでも鉱石受信機によるラジオ聴取を可能とするインフラの整備)を目標 に日本各地にを開設したほか、当時日本領だった()や()にも置局した。

>

『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』が初のVR展開 Kis

同年11月からは、「」上に公式チャンネルを開設。 2010年3月14日深夜(3月15日未明)より、地上波のラジオ放送と同内容をインターネットを利用してサイマル配信するIPサイマルラジオ「」の実証実験が開始された(同年12月1日より本格的に開始)。 1945年 - 1959年 [ ] 1955年頃のラジオ受信機、5球スーパー式。 日本初のラジオ放送 [ ] アーアー、聞こえますか。 」という質問と、聴取方法別(「AMラジオ」「ワイドFM」「radiko」「その他」)の回答専用電話番号を設けたうえで、四者択一式の自主調査を通じて聴取状況の把握に努めている。 9MHz - 12MHzが主であるが、メーカーによっては向け短波ラジオとして、それよりも上の22MHz、あるいは30MHzまでの後述「4バンド以上」に準じたものもある)が、現在OEMの形態で市販されている。

>