佐久間 良子 娘。 佐久間良子

女優・佐久間良子、大俳優との“不倫”告白!止まらぬ“灼熱の恋”

平岳大さんと平幹二朗さん。 身長183cmで体格もよいことから、渡辺謙のように、国際的スターの可能性も秘めています。 「不倫」ということで注目を浴びていました。 芸能人同士の結婚でも結婚会見を開くのは稀な今の芸能界ですが、離婚会見を二人揃って開くのは本当に異例中の異例ではないででしょか。 母親の元で育った。 無法街の野郎ども(1959年、東映)• 東京・練馬の実家に戻ったのは後1、2年してからだった。 香港ロケ。

>

佐久間良子が語る息子や元夫・平幹二朗は?徹子の部屋

スポンサーリンク 8月2日 火)徹子の部屋 ABC系 12:00~ 本日ゲストは佐久間良子さんです。 戦後は製薬会社の役員に就任 母親…製作所の令嬢 上記のとおり、 経済的に裕福な家庭で育った模様です。 職業:女優(映画・テレビドラマ・舞台女優)• そして、いざ、共演すると、 でも見事にやってのけてくれた。 第9話「結婚報告」(2012年9月6日、フジテレビ) - 桜井祐二 役• 1984年離婚記者会見。 1968年のテレビドラマ「皇女和の宮」で 共演したことがキッカケと言われており、かなり親密に交際を続けていた模様です。 本名:佐久間良子• 佐久間良子は俳優としては尊敬していたと言います。 また、以前のニュースでは、佐久間良子さんがORPHeに後から所属した事が報道されていました。

>

佐久間良子現在や若い時画像,実家が豪邸!鶴田浩二との衝撃の関係とは?

メタ情報• (2009年3月30日 - 2010年3月、TBS) - スペシャル取材キャスター• ついに、俳優のテレビ作品の頂点である大河ドラマ出演を果たします。 デビュー公演を無事やり遂げたのを見て、「もう何も言うまい」と思ったと佐久間は述懐している。 (1959年、東映)• 平岳大は、今年のNHK大河ドラマ「真田丸」で、悲劇の武将武田勝頼を気高く演じ、中堅俳優として、その存在感を深めています。 役どころは主演の山田涼介さんの祖父役。 そして、佐久間良子さんの現在を調べてみたところ、現在も女優として活動しています。 他、多数 CM [ ]• デン助の陽気な拳斗王(1958年、東映)• 女優の佐久間良子(72)が日本経済新聞で連載中の『私の履歴書』の中で、往年の映画スター、故鶴田浩二さん(享年62)との不倫を赤裸々に告白している。

>

佐久間良子が語る息子や元夫・平幹二朗は?徹子の部屋

興行的には不発。 時代は映画からテレビへと移り変わっていた時代。 裏切者は地獄だぜ(1962年、東映)• 中身も文章も迫力がなく、面白くなかった。 大河19作目にして初めて女性の視点で戦国時代を描いた。 七人目のいとこ(1984年1月16日、フジテレビ)• しかし、佐久間良子さんは『日本経済新聞』のコラム『私の履歴書』で、「夫婦の会話は途絶え、すれ違いの生活が続いていた」と、夫婦の間に溝があったことを明かしていました。 佐久間良子と平幹二朗との結婚 佐久間良子さんは、 1970年に俳優の平幹二朗さんと結婚されました。

>

佐久間良子の元旦那は平幹二朗?離婚原因は?子供は?現在の活動は?

桜台は高級住宅地として知られる場所であり、なんとそこに500坪ほどの邸宅を構えていた模様であり、かなりの富豪であったと言えるでしょう。 有名人同士の離婚会見ですが、本当の離婚理由は、 佐久間良子さんの不倫と言われています。 そのため、小さい頃は自宅からは、外出する ことが少なく、まさに【箱入り娘】だった そうです。 佐久間良子は『ORPHe』という事務所に所属 佐久間良子さんは現在、『ORPHe』という事務所に所属しています。 (1986年12月29日、TBS)• 二人の関係は以前から冷め切っており円満だったのは最初の4年ほどで、その後10年ほどの仮面夫婦時代があったそうです。

>

佐久間良子が元旦那・平幹二朗に伝えた最後の言葉とは? 息子・平岳大について語ったこととは

(1972年、)• 生年月日:1974年7月27日(44歳)• 大岡越前(2013年3月 - 4月・6月・2014年1月、NHK BSプレミアム) - 役• (小栗康平監督 2015年11月公開、Kadokawa)• まあそれだけの理由だけではないかも 知れませんが、佐久間良子さんは自身の 浮気を本で告白したわけです。 (2005年、TBS) - 松野貴志 役• 生年月日は1974年7月27日。 (2006年、)• しかし、子供たちが生まれてから10年後の1984年に、2人は離婚しています。 最後に出演した作品は2018年4月の舞台「ストゥーパ~新卒塔婆小町」 佐久間良子さんが最後に出演した作品は2017年10月1日から2018年4月21日まで富山市芸術文化ホール、東京文化会館で上演された「ストゥーパ~新卒塔婆小町」でした。 さらに、歌手としても活動しており、多くのヒット曲を生み出し、独特の歌い方で注目を集めました。

>