再編 第 三 一 駆逐 隊。 再編「第三一駆逐隊」、抜錨せよ! 編成例 | ぜかましねっと艦これ!

ローカルメジャーヘの道R(仮): 再編「第三一駆逐隊」、抜錨せよ! してみた [1

実際の第五水雷戦隊は1934年(昭和9年)11月15日付で編制され、沿岸部で活動した。 1942年(昭和17年)6月12日、空襲で駆逐艦が損傷。 翌年1月19日に増援部隊指揮官第十戦隊司令官が負傷したため 、第三水雷戦隊司令官が外南洋部隊増援部隊指揮官となった。 :、、• 第十八駆逐隊:霞、霰、陽炎、不知火 1942年7月14日 ミッドウェー海戦後の編制(第二艦隊所属)• 少将:1940年(昭和15年)11月1日 ~ 1942年(昭和17年)6月20日• Ref. 351-355日本海軍の現有勢力と編制内容の検討• 第二十七駆逐隊:有明、夕暮、白露、時雨 1941年12月10日 太平洋戦争開戦時の編制 (第一艦隊所属)• 1944年8月15日 マリアナ沖海戦後の編制(第二艦隊所属)• アキュさんの記事で大鯨を使うルートが出てまして、参考にさせて頂いたら、あっさり通りました。 また第四艦隊隷下の第二海上護衛隊に所属していた軽巡が同部隊から除かれ 、第三水雷戦隊に編入された。

>

水雷戦隊

321-322「青葉」、「川内」に曳航されてトラック入港• 長良(の南西諸島方面作戦輸送後の8月7日 、潜水艦の雷撃で沈没)• この頃は新兵器である潜水艇(潜水艦)をどう運用するか試行錯誤していた時代であり 、潜水艇も「潜航できる水雷艇」という認識で水雷戦隊として編成した。 同時期、阿武隈の代艦として軽巡が内地からフィリピンへ派遣されるが 、マニラ到着直後に空襲をうけて大破着底する。 (昭和14年)11月15日にの隷下において再編され 、新任司令官には少将が任命された。 少将:1916年(大正5年)9月1日~• 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 中部太平洋方面海軍作戦<1> 昭和17年5月まで』第38巻、、1970年10月。 第四戦隊と第三戦隊は第一夜戦群(第一夜戦隊、第二夜戦隊)、第二夜戦群(第三夜戦隊、第四夜戦隊)に含まれず、火力支援と夜戦全体の指揮をおこなった。

>

再編「第三一駆逐隊」、抜錨せよ! 編成例 | ぜかましねっと艦これ!

, p. 少将:1931年(昭和6年)12月1日~• (昭和18年)4月1日、北方方面を担当する第五艦隊(司令長官中将)に制式に編入された。 掘り E31:• 第七駆逐隊:曙、潮• 主力の戦艦部隊()を護衛するための水雷戦隊であり、の所属であるよりやや旧式の駆逐艦で構成された。 318• 第十七駆逐隊:谷風、浦風、浜風、磯風• 11月20日:解隊、第二水雷戦隊へ編入。 内田丈一郎『』鶴書房〈新日本国民選書〉、1943年10月。 第二十四駆逐隊:海風、山風、江風、涼風 1941年12月10日 太平洋戦争開戦時の編制 (第二艦隊所属)• 最終時の第十戦隊は、軽巡洋艦、第17駆逐隊(浦風、磯風、浜風、雪風)、第41駆逐隊(霜月、冬月、涼月)であった。 fa-y-combinator-square:before,. :、(翌年1月15日付で削除) 、、 1942年4月10日 セイロン沖海戦後の編制 (第四艦隊所属)• 峯雲の除籍とともに白雲と薄雲を編入し 、との混成部隊となった。

>

太平洋戦争中の駆逐隊編制表(略図)

少将:1925年(大正14年)12月1日~• (8月18日、潜水艦の雷撃で沈没)• 4月1日、昭和十八年度帝国海軍戦時編制により第一艦隊から第一水雷戦隊と第三水雷戦隊が除かれ、第三水雷戦隊は南東(ソロモン海域)方面を担当するに編入された。 第六駆逐隊:雷、電、響、暁• 【マンスリー任務リンク()】 【クォータリー任務リンク()】 【戦果任務】. その後、第一小隊(『野分』『嵐』)は第四戦隊と共にジャワ沖方面で掃討作戦にあたり、英駆逐艦『ストロングホールド』、米砲艦『アシュビル』、その他掃海艇やタンカーを撃沈する。 92-104頁 田村俊夫『 帝国海軍真実の艦艇史2[第2章] 日本海軍最初の軽巡「天龍」「龍田」の知られざる兵装変遷』 雑誌 丸各巻• 少将:1939年(昭和14年)11月25日 ~ 1940年(昭和15年)10月15日• 4月28日、三水戦旗艦の夕張が潜水艦の雷撃で沈没し 、三水戦司令部は駆逐艦に救助されてに移動した。 :、、、• 戦隊 艦隊は編制に応じ戦隊に区分する。 各艦は順次南方戦線に抽出されていく。 319-350頁 戦史研究家落合康夫『日本海軍軽巡洋艦戦歴一覧』• アメリカ海軍主力艦隊を仮想敵とした漸減邀撃作戦では、日本海軍の水雷戦隊は戦艦部隊に匹敵する重要戦力と位置づけられていた。 吉嶋重太郎少将:1915年(大正4年)12月13日~• (昭和19年)11月中旬ので旗艦が沈没して二水戦司令部は全滅し 、第一水雷戦隊司令部を二水戦に転用した (第一水雷戦隊司令官少将が二水戦司令官に補職)。

>

【艦これ】任務「再編「第三一駆逐隊」、抜錨せよ!」攻略

まず司令駆逐艦であった『沼風』が南方に向かい失われ、つづいて『波風』が北千島で航行不能となった。 や時代の隊や駆逐隊はを改造したを、期の水雷戦隊はを旗艦とする事が多かった。 4月10日、日本海軍は第三艦隊とを再編する形でを新編した。 第二駆逐隊:村雨、夕立、春雨、五月雨• 第八艦隊には軽巡洋艦が所属していたが舵取機に深刻な故障を抱えており 、同日付で新編された第十一水雷戦隊(訓練部隊)旗艦へ転出している。 第一水雷戦隊 [ ] 略称は 一水戦。 (8月30日より第十一水雷戦隊旗艦となるが、小沢機動部隊に編入されてレイテ沖海戦に参加する。

>

太平洋戦争中の駆逐隊編制表(略図)

沿革 [ ]• 原隊はで、18年冬イベ「」第五海域のドロップ艦として実装。 9月15日、『山雲』が編入される。 機動部隊の護衛の他、、、など、広範囲の水雷戦や輸送作戦に投入された。 いつも通りの最短編成です。 C12070176000。 第五十三駆逐隊:桜、楢、椿、柳、橘、欅• 他のものはクォータリなどで入手が可能です。 7月の以後は 、第五艦隊の僚艦と共にやの防備を担当した。

>

太平洋戦争中の駆逐隊編制表(略図)

ミッドウェー海戦敗北による艦隊再編により第一航空艦隊が解隊され、7月14日付でが新編されると、同艦隊に編入された (旗艦は引き続き長良。 島風は同型艦がないため、駆逐隊を組まず単独で所属していた。 編成制限としては 沖波ちゃんは改二が必要っぽい。 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』第26巻、朝雲新聞社、1969年5月。 。

>

太平洋戦争中の駆逐隊編制表(略図)

:、 、、 1943年4月1日 ガダルカナル島撤退後の編制(第二艦隊所属)• 第二十二駆逐隊:皐月、水無月• /3萬噸の巨體に36糎又は40糎の威力を載せ警戒怠りなく航行中の敵主力艦隊の眞只中に向つて、銘刀の鞘を拂つて敵大軍に飛び込んで行つたあのの如く、奮迅的猛襲を敢行する水雷戰隊は實に勇壮極まりなきものであり、これぞ勇敢機敏を以て自負する我等の傳統的精神と最もよく合致したものであらう。 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 潜水艦史』第98巻、朝雲新聞社、1979年6月。 戦局の逼迫にともない、十一水戦はサイパン島逆上陸作戦(実施直前に中止) 、小笠原諸島方面輸送作戦(伊号作戦輸送) と沖縄方面輸送作戦(呂号作戦輸送)を実施する。 横須賀鎮守府を拠点に船団護衛任務に従事したあと、1943年9月15日付で第十戦隊隷下の第四駆逐隊に編入された。 , pp. 1945年(昭和20年)4月1日、第二艦隊に編入される。 つづいて本隊の戦艦部隊は敵主力艦を、巡洋艦部隊は敵護衛艦艇を攻撃する。

>