相続 欠格 事由。 相続欠格により代襲相続は起こる?

相続欠格とは?相続権が無くなる相続欠格制度の要件を解説

詐欺や強迫によって、被相続人に遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、変更させた者• (著者:弁護士 ) 法定相続人の資格を失う場合(相続欠格) 相続人となることができるのは,子・直系尊属または兄弟姉妹,それに配偶者です。 そして、欠格者に子がある場合にはその子が代襲相続人となります。 その主張が家庭裁判所から認められれば、相続欠格事由のある人は相続権を失います。 相続廃除ができるケース 相続廃除ができるのは、推定相続人が、 被相続人に対して虐待や重大な侮辱を加えた場合や、その他著しい非行があった場合になります。 その事由は民法に明記されています。

>

相続権がなくなる!相続欠格とは何か?欠格事由など徹底解説。

また、相続欠格の効果は相続発生前に欠格事由に該当した場合にはそのときに、相続発生後に欠格事由に該当した場合には相続発生時にさかのぼって効力が発生します。 欠格事由が存在する証明書が必要 相続欠格者であっても、その事項は戸籍には記載されることがありません。 そこで、特定の相続人が相続欠格に該当するものの、 本人が相続欠格者であることを認めていない場合は、相続権がないことを確認する訴えを起こすのが好ましいです。 ・被相続人の生前・もしくは遺言書で相続廃除を許してもらう ・家庭裁判所に相続廃除の取消しを請求する 相続排除の場合は、被相続人に許してもらうか、家庭裁判所で手続きを行うことにより廃止を撤回することができます。 28)。 また、相続欠格の効果は、相続発生前に欠格事由に該当した場合にはそのときに、相続発生後に欠格事由に該当した場合には相続発生時に遡って効力が発生します。 遺産相続のいざこざがこじれないよう「遺産相続」についての法律は細かく決まっていますが、実際のところは専門家でなければわかりにくいところもあります。

>

相続欠格

結論から申し上げますと、 相続欠格により代襲相続は発生します。 (相続人の欠格事由) 第八百九十一条 次に掲げる者は、相続人となることができない。 本ケースでは、長男Bに子Cがいます。 刑に処せられたことが条件ですから、正当防衛のケースや、執行猶予付き判決を得て猶予期間が満了したケースは該当しません。 1号:殺人/殺人未遂 1号は、相続に関して 殺人や殺人未遂をした場合です。

>

民法 相続 第891条【相続人の欠格事由】

これを 相続廃除といいます。 推定相続人とは、ある人が現時点で亡くなったと仮定した場合に、相続人となるはずの人を言います。 著書に「お金の終活」(すばる舎)、「残念な実例が教えてくれる「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方」(日本実業出版社)がある。 被相続人の財産を相続人が不当に処分した場合• 1 家庭裁判所に廃除の取消請求の申立を行う。 必ず相続人全員で行うようにしましょう。 Contents• 3-1. この点に関連して、下記のような最高裁判決があります。 例えば、遺産欲しさに息子が父親を殺害した場合、息子が相続出来るというのは明らかにおかしいですよね。

>

相続権がなくなる!相続欠格とは何か?欠格事由など徹底解説。

この届出は審判の確定から 10日以内にする必要があります。 この場合は被相続人の死亡後に遺言執行者が家庭裁判所に申し出ます。 早いうちに遺言書を書いて欲しい」と頼まれました。 民法891条は戦前の民法969条であり、とくに第2号は民法起草時から論点になった。 故意に被相続人や自分より相続順位が先又は同順位にある相続人を死亡させ、又は死亡させようとして刑に処せられたもの 故意に被相続人や自分より相続順位が先、又は同順位にある相続人を死亡させた場合や殺人未遂の場合で刑事裁判となって有罪判決を受けて刑罰を適用されたら相続欠格者となります。

>

相続の欠格事由は、代襲相続の原因になるのか。

相続廃除された推定相続人や、相続欠格となった相続人は、被相続人を相続することができません。 従って、母の相続に関しても相続人となることはできない。 なお、相続廃除が認められない場合、少なくとも遺留分侵害額の限度では親の遺産が虐待していた相続人の手に渡ってしまいます。 ただし、相続欠格事由に該当するのは、犯罪と言えるような行為をした場合になりますので、あまり頻繁にあることではありません。 相続欠格に該当した人を被相続人自らが許せば相続権を回復させることができるという説もありますが、明確な判例はありません。 なお、家庭裁判所に相続廃除を申し立てても、認められるケースは少ないのが実情です。

>

相続人の欠格事由と遺言無効確認訴訟

2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、 又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。 例えば父親を殺害して相続欠格者となり、その財産がすべて母親に受け継がれたとします。 これに加えて、偽造者の主観的な意図についても問題もあります。 第1順位:被相続人の 子• 私が責任を持ってサポートします! 池邉和美(旧姓:山田)。 民法891条にある「相続欠格の事由」にあたる条文とは、以下のとおりです。

>