新型 護衛艦。 イージス護衛艦「あたご」の新たなる能力と韓国の新型潜水艦KSSlll「島山安昌浩」

新型護衛艦「FFM」導入も新たな課題 イージス艦新造でのジレンマ(1/2ページ)

この他、が開発した国産である「水上艦艇用機関銃架(遠隔操作型)」の装備型を2基搭載する。 三菱重工業 2018年11月1日. いずれにしても、次々と新たな護衛艦や潜水艦を建造している日本に対し、中国が相当な警戒感を持っていることは間違いなさそうだ。 2020年11月10日 海上幕僚監部• 設計 [ ] 船体 [ ] 防衛装備庁の公募では、「多様な任務への対応能力の向上と船体のコンパクト化の両立」が求められていた。 契約日:2018年9月28日• 5倍増えた計算だ。 しかも、最近は艦船の大型化が進んだ。

>

新型護衛艦「FFM」導入も新たな課題 イージス艦新造でのジレンマ(1/2ページ)

平成30年度中央調達で情報処理装置OYQ-1 2SEが三菱電機と契約されている。 山崎, 眞「「むらさめ」代艦DDXに求めるもの 特集 大型汎用DD20隻体制完成! 深刻な人員不足に対応するため、乗員数を半減させコンパクトな設計とした海上自衛隊の新型護衛艦(全長133メートル、排水量3900トン)の命名・進水式が19日、三井E&S造船の玉野艦船工場(岡山県玉野市)で行われ、「くまの」と命名された。 海上自衛隊はその機会をとらえて、F35Bの発着艦を可能にするため、「いずも」の2回目の残りの大改修を行う予定だ。 UUVは度から開発されていた「自律型水中航走式機雷探知機」であり 、として装備化された。 2017年2月には防衛装備庁が公募を発表し、、、の3社が企画提案を行った。

>

日本の新型護衛艦、中国の055型駆逐艦と「天と地ほどの実力差」=中国メディア (2020年12月12日)

来歴 [ ] 構想着手と確定研究 [ ] 新たな護衛艦の構想は、度にがへ委託・作成した「次期護衛艦(DD)に関する調査研究」まで遡る。 統率の困難性や各艦の艤装の細かい差異のために全力発揮可能な状態を維持できるかが疑問視される一方、グレーゾーンでの情報収集・警戒監視を効率的に実施するために隻数を確保するという観点からは有効であろうと評価されている。 主機関試験時の事故で工事が遅れ進水がFFM-2の後になった。 C4ISR [ ] 本型に搭載される艦船運航システム・艦船維持管理システム・艦内外通信システム・指揮統制システム・各種武器システム等は(OA)化が進められ、標準化されたネットワーク・システムに組み込まれるかたちで構成される。 三菱重工業の案では16セルのが盛り込まれていたが 、搭載するミサイルの所要を更に検討する必要から、平成30年度艦2隻には搭載されず、後日装備となった。

>

3900トン型護衛艦

最終的な建造数は増備分の7隻に加え、、、の代艦として計22隻が建造されるとの憶測があったが、1タイプを長期にわたって能力向上型を考案しないというのは考えにくい、との指摘もなされた。 出典 [ ]• 30DX 」『世界の艦船』第879号、海人社、2018年5月、 69-75頁、。 しかし、艦内の区画や搭乗員の待機区画の整備については、アメリカ軍の協力による検証実験や試験を実施し、実運用する際の人やモノの動き、動線を詳細に検討したうえで、改修内容を確定することが妥当であることがわかったという。 対機雷戦 [ ] 本型において、従来護衛艦と一線を画するのが、能力の導入である。 実は陸海空自で充足率トップ 海上自衛隊の隊員は減っているのか。

>

海上自衛隊の最新鋭3900トン型護衛艦「くまの」が進水――艦名は「熊野川」に由来(高橋浩祐)

文字サイズ 進水した海上自衛隊の新型護衛艦「くまの」=11月19日午後、岡山県玉野市(彦野公太朗撮影) 「ガン!」 11月19日、岡山県玉野市にある三井E&S造船玉野艦船工場で行われた海上自衛隊の新型護衛艦「くまの」の命名・進水式で、防衛省の島田和久事務次官が船を陸上につなぎとめておく「支綱(しこう)」を斧(おの)で切断する音が響き渡ると、くまのは「行進曲軍艦(軍艦マーチ)」の演奏と大きな拍手に送られ、瀬戸内海にゆっくりと進水していった。 2018年12月に閣議決定した31中期防や平成31年度以降のでは、FFMの配備先を通常護衛艦で編制された4個群とは別の、FFMと掃海艦艇で編制した2個群に配備するとある。 海人社, 編纂. 「いよいよ建造へ! 2017年2月には防衛装備庁が公募を発表し、、、の3社が企画提案を行った。 また、戦闘力は「天と地ほどの差」があり、「くまの」は雑用をする護衛艦に過ぎないのに対し、「055型駆逐艦」は中国海軍にとって主力の駆逐艦であり、比較できるのはせいぜい建造費くらいだとしている。 中国国内では「くまの」を高く評価する声が少なくないようだが、記事は「くまの」は中国の054A型「江凱型フリゲート」にも及ばないと主張。 ( 2016年12月) 3900トン型護衛艦 進水式当日の「くまの」(2020年11月19日撮影) 艦級概観 艦種 建造期間 2018年度 計画 - 前級 新型 次級 最新 性能諸元 基準:3,900 満載:5,500トン 全長 133. 防衛省• なお、回転数が大きく異なる二種類のエンジンを使用することになるため、CODAG用の減速機の製造は難しいとされている。 防衛省は海自の護衛艦を現有の50隻弱から54隻に増やす計画で、中期防衛力整備計画(19~23年度)期間中にFFMを10隻建造する。

>

日本の新型護衛艦、中国の055型駆逐艦と「天と地ほどの実力差」=中国メディア (2020年12月12日)

諸外国で同程度サイズの艦艇に付与される「FF()」に加え、の「Mine」や多機能性を意味する「Multi-purpose」から「M」を明記して、新たな艦種記号を付与することになった。 この理由の一つとして、研究時の現有装備のみを基に試算を要求されたことが挙げられ、以後、次期護衛艦に関する研究開発が多数実施されることになった。 装備 [ ] 上記の通り、"DX"として確定研究が進められている段階で、建造開始当初は最低限の装備のみを搭載し、その後の艦で順次にユニット化した装備を拡充していくという「ベースライン」に基づく案も検討されるようになった。 これは1番艦の機関の運転試験の際にガスタービンが脱落した部品を吸い込んで機関を損傷したことで工事の進捗に遅れが出たことによるものである。 先日も、新型護衛艦「くまの」が進水したばかりだが、中国では「くまの」について「中国の055型駆逐艦の設計を模倣したのではないか」との声があるという。

>