小池 都 知事 ロック ダウン。 「コロナ調査報告書」から小池都知事が逃亡 「ロックダウン」発言の責任追及を恐れて(デイリー新潮)

都民を守るため:小池都知事に「ロックダウン」発言の真意を聞きました|藤井あきら|デジタル都議の日常|note

【記者】小池知事の延期に対するスタンスを改めて教えてください。 次に、東京都調整本部の設置でございます。 そして、その後始末をまったくしていない。 そして、3月6日(金曜日)付で国が示しました算式を用いた計算によりますと、東京においては、ピーク時の外来患者数が1日約4万人、入院患者数が約2万人を超えると推計されています。 【知事】イベントでございますが、まさしくその目安として申し上げたところでございます。 そしてまた引き続き、これらの先ほどの3つの密なども守っていただきながら、健康、ストレスをためずにいただくことが免疫を高める、これはむしろ先生の領域なのですけれども、そういったことではないかなと思っております。 彼らはこの数週間、いくつかの試合を延期したり無観客試合にしたりしながら検討してきました。

>

なぜ都知事はできない「ロックダウン」を口にしたか 人々の危機感煽るその手法は、まるでカルトの「教祖」(1/3)

東京都の知事は感染抑止対策の強化を急ぐ必要があると判断。 例えば、今の状況も、例えば2月の頭頃から、2月の中頃を振り返ってみて、今の状況を見てみると、一つ、我々として、新しい要素として出てきたのは、一つは海外での流行です。 オフピーク通勤やテレワーク、これは私たちも非常に重要なことだと考えていますし、大学の話がございました。 【記者】先ほど東京都としての意見をしっかり述べていきたいとおっしゃっていたんですけれども、どういうふうな意見を述べていくということなんでしょうか。 だいたい、知事が買い物の仕方をとやかく言うのもおかしい。 新しいロックダウンは、学校や大学の閉鎖をイタリア全土に広げました。 都は元々重症化の基準が緩かったんだよね。

>

小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和2年3月23日)|東京都

突然ですね、感染の患者さんが外来に来られますと、他の患者さんにうつしてしまう可能性もありますので、ぜひ、電話をかけていただいて、時間、それから場所などをしっかり指示を受けて、受診していただきたいと思います。 この辺についても知事のご見解伺いたいと思います。 このように若い方々から高齢者や基礎疾患がある方へと感染が広がって、重症者が増加するという傾向は何としてでも避けなければならない状況となります。 小池知事は停止したかったのに、停止したくないや二階幹事長を。 日本では都市封鎖なんてできないのだ。 今は人の間に距離を取ることが、近さを示す、と。 〇私は、副知事就任直後、自ら全区市町村のICT関係職員と会い、意見交換を行った。

>

ロックダウン発言、小池知事反論

現在、専門家の皆様からは、国内における新型コロナウイルスの感染状況は現時点では爆発的な感染拡大に進んでおらず、引き続き、持ちこたえているものの、東京など都市部を中心に感染源が分からない感染者が増えており、感染状況が拡大傾向にあるとのご見解をいただいております。 net 責任が百合子にあるなんて政府関係者も思ってないだろう、百合子が会見してなければ一週間から1日くらい早く緊急事態宣言できてたってだけだろう。 スポーツにおいて、感染を広げないようにお互い必要な距離を取ることは無理だからです。 少しだるい、それから発熱があるというような患者さんで、若い人の場合にはこれで感染しているという方もいらっしゃいますので、無理をせず休んでください。 東京もロックダウンの心づもりをしておいた方が賢明かもしれません。 換気の悪い密室空間、多くの人が密集するところ、そして会話があるところでありますが、これまで感染が起こった場所というものを見てきますと、こういったところで起こっているということが、これは明確に見えてきています。 これは先ほどお話もあったように、海外から帰国された方から陽性の方が出てきているということが一つ大きな変化として出てきておりますし、リンクの追えない陽性の方が出てきているということも大きな変化であります。

>

都民を守るため:小池都知事に「ロックダウン」発言の真意を聞きました|藤井あきら|デジタル都議の日常|note

それから、今後のシナリオについては、4週間かけて精査していく、査定していくというようなことで聞いております。 だから、新型コロナの情報もメディアから正確に伝わらない。 トランプ氏は3月21日の記者会見で、全米でロックダウンを行う必要性について「その必要はないと思う」と話した。 これで民主党は消滅したのはよかったけど。 これが小池氏だ。 しかし新型コロナウイルスの感染者数がどんどん増える中、より人の接触を制限する動きに出ました。 東京に大学や学校が集中しているからですが、この元気で無垢な若者たちがリスク因子になってしまうというのです。

>

小池百合子都知事が撒き散らした「ロックダウン(都市封鎖)」。訂正しなかった結果、未だに蔓延る「ロックダウン」

今回の報告書はデータやファクトで彼女の政策を検証していますから、本人は相当嫌なのだと思いますよ」 本来の「女神」は民衆を「自由」へ導くはずなのに。 地域限定の「レッド(封鎖)ゾーン」はもうありません。 (略) 引用元 岸教授のように、冷静に小池氏の行動を見ていた人は、冷静に小池氏の変節を受け止めている。 小池氏の記者会見で発せられた「ロックダウン」 小池氏は3月23日の記者会見で「ロックダウン」の可能性に言及していた。 しかも、小池氏に近い代議士によれば、意図的に混乱を起こすためだったというのである。 おそらく高血圧に関連しているので、これがいつもの咳と異なるかどうかを判断するのは難しいです。 WHOのサイトには、マスク使用は実際に病気にかかっている人のみが対象(幸運にも私は病人ではなく、ここ数カ月、風邪を引いたこともありません)、あるいは病人の看護をする人のためのものと説明されています。

>

なぜ都知事はできない「ロックダウン」を口にしたか 人々の危機感煽るその手法は、まるでカルトの「教祖」(1/3)

ホッとしました。 国民一丸となって挑んでいる新型コロナウイルス対策。 ですから、IOC、そして、組織委員会、東京都、しっかり連携をとりながら今後どうしていくのか、これについては、様々課題は多いのですけれども、検討していくということだと思います。 私事で恐縮ですが、4月から都内キャンバスで講義をする予定の私なのです。 今はマスクを着けていないと怒りの表情で見られます。 そういった意味で、実際は組織委員会がこれを準備しておられるわけでありますけれども、そういう環境を整えるということはまず必要なのではないかなと思っております。 「週刊新潮」2020年10月22日号 掲載 新潮社. それから、引き続きご不便おかけいたしますけれども、何度も申し上げますが、感染者の爆発的な増加、いわゆるオーバーシュートを回避して、命を守るためのご協力、何とぞよろしくお願いを申し上げたいと思います。

>